行列とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 高等数学 > 行列 > 行列の意味・解説 

ぎょう‐れつ〔ギヤウ‐〕【行列】

[名](スル)

多くの人や物などが列をつくって並ぶこと。また、その列。「店頭に行列ができる」「行列して開場を待つ」

供奉(ぐぶ)の列をなして行くこと。また、その列。

数字文字方形並べたもの。例えば、2行3列の行列とは、三つ横に並ぶ数の組を縦に二つ並べたものをいい、その数字文字要素とよぶ。マトリックス


ぎょう‐れつ ギャウ‥ 【行列】

〔名〕

① 人や物などが列をつくること。列をなして進行すること。また、その列。

学問のすゝめ187276)〈福沢諭吉〉三「これを譬へば盲人の行列に手引なきが如し」〔礼記‐楽記〕

儀仗(ぎじょう)を整え供奉(ぐぶ)の列をなして行くこと。また、その列。鹵簿(ろぼ)。

続日本紀天平勝宝元年(749)四月甲午群臣百寮士庶分頭、行殿後」〔隋書文帝紀〕

数字文字正方形または長方形配列したもの数・文字成分または要素といい、横の並びを行、縦の並びを列という。マトリックス


行列




ぎょうれつ 【行列】

宗教行事の中の行列は示威要素をもつ。日本祭礼法会御練りはそれをよく物語っている。行列は他にも成人式結婚式葬式など通過儀礼にもみられるが、これも広報兼ね一種示威であって前者積極示威とみれば後者消極示威といってよいであろうキリスト教徒による十字架の道行きなども、行列がもつ示威要素示している。→ 御練り

シャミナード:行列(断片)

英語表記/番号出版情報
シャミナード:行列(断片Cortège (FragmentOp.143

行列

作者キンスェウー

収載図書12ルビービルマ女性作家
出版社段々社
刊行年月1989.11
シリーズ名現代アジアの女作家秀作シリーズ

収載図書12ルビービルマ女性作家新装
出版社段々社
刊行年月1996.2
シリーズ名現代アジアの女作家秀作シリーズ


行列

作者吉村昭

収載図書月夜の魚
出版社中央公論社
刊行年月1990.9
シリーズ名中公文庫

収載図書吉村昭自選作品集14炎のなかの休暇月下美人
出版社新潮社
刊行年月1991.11


行列

作者夏目漱石

収載図書新・ちくま文学 5 こどもの風景
出版社筑摩書房
刊行年月1995.1

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2003.4
シリーズ名岩波文庫

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2007.1
シリーズ名ワイド版岩波文庫


行列

作者皿海達哉

収載図書EE′症候群
出版社小峰書店
刊行年月1998.7


行列

作者吉田洋

収載図書フーコーショートショート傑作選 1
出版社フーコー
刊行年月1998.12


行列

作者アーサー・スコット・ベイリー

収載図書かわうそ太郎
出版社審美
刊行年月2001.7


行列

作者倉阪鬼一郎

収載図書夢見の家
出版社集英社
刊行年月2002.8


行列

作者浅暮三文

収載図書実験小説
出版社光文社
刊行年月2005.7
シリーズ名光文社文庫


行列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 05:23 UTC 版)

数学線型代数学周辺分野における行列(ぎょうれつ、: matrix)は、数や記号や式などを縦と横に矩形状に配列したものである。


注釈

  1. ^ 下線や二重下線などを付けることもあるが、これはタイプライター原稿で用いられた太字書体を指示する書式の名残[2]
  2. ^ OEDによれば、数学用語としての "matrix" の最初の用例は J. J. Sylvester in London, Edinb. & Dublin Philos. Mag. 37 (1850), p. 369: "We ‥commence‥ with an oblong arrangement of terms consisting, suppose, of m lines and n columns. This will not in itself represent a determinant, but is, as it were, a Matrix out of which we may form various systems of determinants by fixing upon a number p, and selecting at will p lines and p columns, the squares corresponding to which may be termed determinants of the pth order.
  3. ^ これは与えられた行列の全ての成分が加法逆元を持つ限りにおいて、加法のみから定められることに注意。特にスカラー乗法が(任意のスカラーと任意の行列に対する演算として)定義されている必要はない。従って、同じサイズの任意の行列に対する減法を定めるならば、例えば係数域が加法についてアーベル群であれば十分であるが、通例として行列の係数域は何らかの可換環と仮定するから、それには環の加法群構造を用いればよい
  4. ^ 正方行列でない行列に対して行列式を考える理論も存在する。これは C. E. Cullis により導入された。[27]
  5. ^ 普通はさらに一般線型群の閉集合となることも要求する。
  6. ^ "Not much of matrix theory carries over to infinite-dimensional spaces, and what does is not so useful, but it sometimes helps." [42]
  7. ^ "Empty Matrix: A matrix is empty if either its row or column dimension is zero",[43] "A matrix having at least one dimension equal to zero is called an empty matrix", [44]

出典

  1. ^ a b c d e 斎藤2017、21頁。
  2. ^ https://raksul.com/dictionary/underline/
  3. ^ Shen, Crossley & Lun 1999 cited by Bretscher 2005, p. 1
  4. ^ Needham, Joseph; Wang Ling (1959). Science and Civilisation in China. III. Cambridge: Cambridge University Press. p. 117. ISBN 9780521058018. https://books.google.com/books?id=jfQ9E0u4pLAC&pg=PA117 
  5. ^ Cayley 1889, pp. 475–496, vol. II.
  6. ^ Dieudonné 1978, p. 96, Vol. 1, Ch. III.
  7. ^ Merriam–Webster dictionary, Merriam–Webster, http://www.merriam-webster.com/dictionary/matrix 2009年4月20日閲覧。 
  8. ^ The Collected Mathematical Papers of James Joseph Sylvester: 1837–1853, Paper 37, p. 247
  9. ^ Knobloch 1994.
  10. ^ Hawkins 1975.
  11. ^ Kronecker 1897.
  12. ^ Weierstrass 1915, pp. 271–286.
  13. ^ Bôcher 2004.
  14. ^ Mehra & Rechenberg 1987.
  15. ^ a b c d 斎藤2017、23頁。
  16. ^ a b 斎藤2017、24頁。
  17. ^ a b 斎藤2017、25頁。
  18. ^ a b 斎藤2017、31頁。
  19. ^ 斎藤2017、89頁。
  20. ^ Brown 1991, Definition II.3.3.
  21. ^ Greub 1975, Section III.1.
  22. ^ Brown 1991, Theorem II.3.22.
  23. ^ a b 斎藤2017、34頁。
  24. ^ 斎藤2017、26頁。
  25. ^ http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~tnomura/EdAct/2010TKR.pdf
  26. ^ Stephen P. Boyd. “Crimes against Matrices (pdf)”. 2013年3月2日閲覧。
  27. ^ 中神祥臣・柳井晴夫 著、『矩形行列の行列式』、丸善、2012年。ISBN 978-4-621-06508-2.
  28. ^ Greub 1975, Section III.2.
  29. ^ Coburn 1955, Ch. V.
  30. ^ Lang 2002, Chapter XIII.
  31. ^ Lang 2002, XVII.1, p. 643.
  32. ^ Lang 2002, Proposition XIII.4.16.
  33. ^ Reichl 2004, Section L.2.
  34. ^ Greub 1975, Section III.3.
  35. ^ Greub 1975, Section III.3.13.
  36. ^ Baker 2003, Def. 1.30.
  37. ^ Baker 2003, Theorem 1.2.
  38. ^ Artin 1991, Chapter 4.5.
  39. ^ Artin 1991, Theorem 4.5.13.
  40. ^ Rowen 2008, Example 19.2, p. 198.
  41. ^ Itõ 1987, "Matrix".
  42. ^ Halmos 1982, p. 23, Chapter 5.
  43. ^ Glossary, O-Matrix v6 User Guide.
  44. ^ MATLAB Data Structures



行列

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 23:43 UTC 版)

名詞

 ぎょうれつ

  1. サ変)あるものの順番を待つために多くの人が順序よく並び、列を作ること。また、その列。
  2. 行進のための隊列
  3. 数学)数や記号方形並べたもの。

発音(?)

ぎょ↗ーれつ

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
行列-する

関連語

  • 行列字



行列と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「行列」の関連用語

行列のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



行列のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2022 数理検定協会 All Rights Reserved.
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2022 統計学用語辞典 All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの行列 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの行列 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS