成りとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 成り > 成りの意味・解説 

なり【成り】

読み方:なり

将棋で、駒が成ること。→成る9

(「おなり」の形で貴人外出訪問などを敬っていう語。おでまし。→御成り


成り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

成駒

(成り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 23:07 UTC 版)

成駒(なりごま)とは、チャトランガ系統のボードゲームにおいて、盤上に存在する特定のが、別の動きが出来るように変化したものである。英語では成ることをpromotion(プロモーション、昇進)と呼び、例えばと金なら昇格した歩 (promoted pawn) という表現である。


  1. ^ 【連載】評価関数を作ってみよう!その2 やねうら王公式サイト 2020年11月19日(2021年5月22日閲覧)
  2. ^ 成駒が敵に取られて持ち駒となることにより生駒に戻ることは、本将棋のほか、古将棋では持ち駒制度のある禽将棋、また持ち駒制度があり、かつ敵陣で成れるというルールがある各種現代将棋(どうぶつしょうぎ5五将棋槍将棋京将棋等)で起こりうる。
  3. ^ 駒をひっくり返す余裕もない? 残り時間切迫の終盤戦における飛車不成(ならず) Yahoo!ニュース松本博文)、2020年4月27日(2021年3月6日閲覧)。
  4. ^ 将棋ソフトは不成が読めないという嘘 - やねうら王公式サイト。勝率が若干下がるためデフォルトは読まないようにしていると表記している。
  5. ^ 努力の矛先「将棋電王戦FINAL」第2局 - Seleneを完全に読み切った永瀬六段の才知(5ページ目) マイナビニュース、2015年3月25日(2020年2月27日閲覧)。
  6. ^ 非常に挑発的な一手 将棋ペンクラブログ (2012年10月17日)将棋マガジン1988年8月号 河口俊彦『対局日誌』の引用を含む
  7. ^ 将棋道場のマナー問題 長道ログ(2019年3月3日)


「成駒」の続きの解説一覧

成り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 15:21 UTC 版)

広将棋」の記事における「成り」の解説

敵陣入ったとき、その駒が成る。 将・中軍旗・鼓取ったとき、取った駒が成る。 力士龍驤・招揺・霹靂取ったとき、一路までしか進めない駒(親兵舎人・舎餘・軍吏・軍匠・中軍・鼓・護兵・仏狼機弓・弩・砲・歩兵・牌・旗)ならば成る。 仏狼機馬兵取ったとき、その馬兵が成る。 記室軍師成ったとき、同時に前衝と後衝も成る。 高道死んでいると、旗と鼓は成れない。霹靂・招揺は高道が死ぬと旗・鼓に戻る。 聖燈から八方向5路の所に五里霧があれば、それは高道に戻る。

※この「成り」の解説は、「広将棋」の解説の一部です。
「成り」を含む「広将棋」の記事については、「広将棋」の概要を参照ください。


成り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:11 UTC 版)

将棋用語一覧」の記事における「成り」の解説

相手陣地敵陣)、相手から見て三段目駒を進めると、裏返し本来の駒よりも性能のよい駒になることができる。これを駒が「成る」と呼び、この成るという状態を成りと呼んでいる。また敵陣に打つと同時に成れないが、敵陣打った駒や不成敵陣入った駒は、どこに動いても(敵陣内での移動敵陣から出た場合ともに)成ることができる。成り上がりなどの言葉の語源駒のうち、王と金は成ることができない

※この「成り」の解説は、「将棋用語一覧」の解説の一部です。
「成り」を含む「将棋用語一覧」の記事については、「将棋用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「成り」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「成り」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



成りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

成りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



成りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの成駒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの広将棋 (改訂履歴)、将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS