帰国とは? わかりやすく解説

き‐こく【帰国】

読み方:きこく

[名](スル)

外国から母国帰ること。帰朝。「外遊から―する」

故郷に帰ること。帰郷

二三日うちに―する筈になっていたので」〈漱石・こゝろ〉


帰国

作者田山花袋

収載図書定本 花袋全集 第7巻復刻版
出版社臨川書店
刊行年月1993.10


帰国

作者高階航

収載図書いつか北風向かって
出版社民衆
刊行年月1993.12


帰国

作者ギー・ド・モーパッサン

収載図書尾崎紅葉小栗風葉
出版社大空社
刊行年月2002.6
シリーズ名明治翻訳文学全集


帰国

作者高嶋哲夫

収載図書北日本文学賞入賞作品集 2
出版社北日本新聞社
刊行年月2002.8


帰国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/01 08:12 UTC 版)

帰国(きこく)




「帰国」の続きの解説一覧

歸國

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 04:58 UTC 版)

歸國』(きこく)は、倉本聰戯曲。倉本の演出で2009年6月17日富良野GROUPにより初演、2010年7月5日日本経済新聞出版社より刊行された。太平洋戦争中に南の海で戦死し60余年ぶりに歸國した英霊たちの視点を通じ、彼らの目に映った現代の日本の姿を描く[1]


注釈

  1. ^ ドラマ版では2010年8月15日の未明(オンエアより数時間後)という設定。東京駅に降り立った秋吉部隊長は「現在は昭和85年」と述べている。
  2. ^ 舞台『歸國』会場限定販売盤として発売 [6]

出典




帰国(28歳〜)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 07:45 UTC 版)

シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の記事における「帰国(28歳〜)」の解説

スペインから帰国したシモーヌは、頭痛および火傷に関する診断書提出して一年間病気休暇認められ、いく人かの医師訪れついには入院もしたが、治療の見通し立たなかった。入院中シモーヌ論文書きつづ投稿していた。1937年4〜5月にかけて初のイタリア旅行フィレンツェではファシスト党本部に赴き「社会主義者」と名乗り指導者のひとりと会ったりもしたが主に、宗教芸術を巡る旅を続け聖フランチェスコ礼拝堂があるアッシジ向かった聖フランチェスコ没後作られた豪奢なサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会(Papal Basilica of Saint Mary of the Angels in Assisi)に収められ小さな小屋のような礼拝堂ポルツィウンコラ(Porziuncola)の中にひとりで居たときシモーヌは「何か自分よりも強いものに強いられて、生まれてはじめてひざまずいた1937年10月サン・カンタン女子高中学校赴任した頭痛悪化がひどく、1938年1月に2か月強の勤務で再休職した。その後病休願い更新し続けねばならず、サン・カンタン実質的に最後の教師生活となった休職した後、シモーヌ脳腫瘍をふくめた病因解明求めて多くの専門医歴訪したが、徒労に終わった激し頭痛のなか、彼女はセルマ一緒に復活節前後祭式歌われるグレゴリオ聖歌聴くためソレム修道院儀式十日間参列したシモーヌは、同じように参加していたイギリス青年から英国詩人ジョージ・ハーバートGeorge Herbert)の詩「愛」を教えられ、その詩を口唱しているときキリスト降臨感じる。

※この「帰国(28歳〜)」の解説は、「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の解説の一部です。
「帰国(28歳〜)」を含む「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の記事については、「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「帰国」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

帰国

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 23:45 UTC 版)

名詞

(きこく)

  1. 外国から自分の国へ帰ること。
  2. 故郷帰ること。

翻訳

関連語

動詞

する (きこくする)

  1. 外国から自分の国へ帰る
  2. 故郷帰る

活用

サ行変格活用
帰国-する

翻訳


「帰国」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「帰国」の関連用語

帰国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



帰国のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの帰国 (改訂履歴)、歸國 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシモーヌ・ヴェイユ (哲学者) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの帰国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS