中学校とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > 学校 > 中学校の意味・解説 

ちゅう‐がっこう〔‐ガクカウ〕【中学校】


中学校


中学校

読み方:チュウガッコウ(chuugakkou)

所在 千葉県(山万ユーカリが丘線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/22 11:19 UTC 版)

中学校(ちゅうがっこう、英語: Junior High School[1])は、日本における中等普通教育を施す学校である。修業年限は3年間で、小学校の6年間とあわせ9年間の義務教育を構成する。就学については原則として満12歳となった最初の4月1日を基準とする年齢主義がとられている[1]


注釈

  1. ^ 概ね、1934年4月から1935年3月生まれの人が該当する。
  2. ^ 学校教育法施行令 第25条 市町村の教育委員会又は市町村が単独で若しくは他の市町村と共同して設立する公立大学法人の理事長は、当該市町村又は公立大学法人の設置する小学校、中学校又は義務教育学校(第五号の場合にあつては、特別支援学校の小学部及び中学部を含む。)について次に掲げる事由があるときは、その旨を都道府県の教育委員会に届け出なければならない。
    (略)
    五 二部授業を行おうとするとき。
  3. ^ 一方で、昨今は不登校の中学生が振り込め詐欺の受け子に走るケースが現れているものの対策が追いついていない。

出典

  1. ^ a b Lower Secondary Education in Japan (PDF) 国立教育政策研究所(2018年月14日閲覧)
  2. ^ UNESCO (2008年). “Japan ISCED mapping”. 2015年10月31日閲覧。
  3. ^ a b 中学校の学校数、在籍者数、教職員数(昭和23年~)”. 文部科学省. 2022年11月6日閲覧。
  4. ^ a b 今春開設の夜間中学、不登校の中学生を受け入れ 香川で全国初の試み:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年8月10日). 2023年10月2日閲覧。
  5. ^ 義務教育修了者が中学校夜間学級への再入学を希望した場合の対応に関する考え方について(通知):文部科学省”. www.mext.go.jp. 2023年10月2日閲覧。
  6. ^ 夜間中学の設置促進・充実について”. 文部科学省. 2021年9月16日閲覧。
  7. ^ 夜間その他特別な時間において授業を行っている学級数・生徒数及び教員数(公立)”. 統計センター. 2022年11月6日閲覧。
  8. ^ 夜間中学の設置・充実に向けて
  9. ^ 福岡市に市立夜間中学が誕生へ 空白地帯に「学びの場」歓迎の声”. 毎日新聞 (2021年9月16日). 2022年9月1日閲覧。
  10. ^ 中学校夜間学級等に関する実態調査の結果(概要)
  11. ^ 【共に学ぶ】夜間中学で〝学び直す〟 途絶えぬニーズと課題
  12. ^ 札幌市立星友館中学校-トップページ”. www16.sapporo-c.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  13. ^ 仙台の公立夜間中学、宮城全域から生徒募集 南小泉中に23年度開設”. 河北新報オンライン (2022年3月28日). 2023年10月2日閲覧。
  14. ^ 常総市立水海道中学校. “夜間学級 Evening class”. 常総市立水海道中学校. 2023年10月2日閲覧。
  15. ^ 陽春分校 ホーム - 川口市立芝西中学校陽春分校”. shibanishi-yousyun-j-kawaguchi-saitama.edumap.jp. 2023年10月2日閲覧。
  16. ^ ikusei. “夜間中学校の開校”. みんなのまち真砂. 2023年10月2日閲覧。
  17. ^ 夜間学級ほけんだより”. ichikawa-school.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  18. ^ 松戸市立第一中学校. “みらい分校”. 松戸市立第一中学校. 2023年10月2日閲覧。
  19. ^ 文花中学校夜間学級”. www.sumida.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  20. ^ 糀谷中学校夜間学級|大田区教育委員会”. www.ota-school.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  21. ^ 世田谷区立三宿中学校夜間学級”. school.setagaya.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  22. ^ 夜間学級|荒川区立学校(園)ホームページ”. 荒川区立学校(園)ホームページ. 2023年10月2日閲覧。
  23. ^ 足立区立第四中学校 夜間学級”. www.adachi.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  24. ^ 夜間学級 - 葛飾区立双葉中学校”. school.katsushika.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  25. ^ 江戸川区立小松川第二中学校(夜間)”. edogawa.schoolweb.ne.jp. 2023年10月2日閲覧。
  26. ^ 夜間学級”. hachioji-school.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  27. ^ 蒔田中学校. “夜間学級について”. 蒔田中学校. 2023年10月2日閲覧。
  28. ^ 川崎市立西中原中学校. “夜間学級”. 川崎市立西中原中学校. 2023年10月2日閲覧。
  29. ^ 相模原市立大野南中学校分校 夜間学級”. ohnominami-yakan-j.sagamihara.andteacher.jp. 2023年10月2日閲覧。
  30. ^ 静岡県立ふじのくに中学校”. 静岡県立ふじのくに中学校. 2023年10月2日閲覧。
  31. ^ 京都市教育委員会事務局:京都市立洛友中学校(夜間部)令和5年度入学生の募集について”. 京都市情報館. 2023年10月2日閲覧。
  32. ^ 大阪市立天王寺中学校夜間学級”. swa.city-osaka.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  33. ^ 大阪市立天満中学校夜間学級”. swa.city-osaka.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  34. ^ 学校日記”. swa.city-osaka.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  35. ^ 大阪市立東生野中学校夜間学級”. swa.city-osaka.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  36. ^ 殿馬場中学校夜間ホームページ”. www.sakai.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  37. ^ 夜間学級 - 岸和田市立岸城中学校”. kishiki-j.kishiwada.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  38. ^ 第四中学校. “夜間学級”. 第四中学校. 2023年10月2日閲覧。
  39. ^ 守口市立さつき学園 夜間学級 - 守口市 2023年1月17日閲覧
  40. ^ 八尾中学校(夜間学級) | 学校からのお知らせ”. 八尾市. 2023年10月2日閲覧。
  41. ^ 東大阪市立布施中学校夜間学級-トップページ”. school.higashiosaka-osk.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  42. ^ 東大阪市立意岐部中学校夜間学級-トップページ”. school.higashiosaka-osk.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  43. ^ 神戸市立丸山中学校西野分校-トップページ”. www.kobe-c.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  44. ^ 神戸市立兵庫中学校北分校-トップページ”. www.kobe-c.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  45. ^ 琴城分校の教育 - 尼崎市立成良中学校琴城分校”. www.ama-net.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  46. ^ 令和5年4月 夜間中学「姫路市立あかつき中学校」が開校します! - たつの市 2023年1月17日閲覧
  47. ^ 奈良市立春日中学校 夜間学級 - 2023年1月17日閲覧
  48. ^ 天理市立北中学校 (2023年9月8日). “夜間学級”. 天理市立北中学校. 2023年10月2日閲覧。
  49. ^ 畝傍中学校 夜間学級 - 橿原市 2023年1月17日閲覧
  50. ^ 広島市立観音中学校”. cms.edu.city.hiroshima.jp. 2023年10月2日閲覧。
  51. ^ 小学校・中学校・特別支援学校について - 広島市公式ホームページ|国際平和文化都市”. www.city.hiroshima.lg.jp. 2023年10月2日閲覧。
  52. ^ ホーム - とくしまけんりつしらさぎちゅうがっこう”. shirasagi-jhs.tokushima-ec.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  53. ^ 三豊市立高瀬中学校”. mitoyo.schoolweb.ne.jp. 2023年10月2日閲覧。
  54. ^ 高知県立高知国際中学校夜間学級Top”. www.kochinet.ed.jp. 2023年10月2日閲覧。
  55. ^ 学校の目標・沿革 - 福岡きぼう中学校 2023年1月17日閲覧
  56. ^ 福島市が夜間中学校設置準備室を来年度開設へ”. 河北新報オンライン (2022年12月10日). 2023年10月2日閲覧。
  57. ^ 議案第 104 号 福島市立学校条例の一部を改正する条例制定の件 令和5年9月市議会定例会議提出議案”. 福島市. 2023年10月7日閲覧。
  58. ^ NHK. “2年後に開校予定の県内初の夜間中学 学校名を公募へ|NHK 群馬県のニュース”. NHK NEWS WEB. 2023年10月2日閲覧。
  59. ^ 県立夜間中学校名決定について - 群馬県ホームページ(義務教育課)”. www.pref.gunma.jp. 2023年10月2日閲覧。
  60. ^ 中学校夜間学級|泉佐野市”. www.city.izumisano.lg.jp. 2023年10月2日閲覧。
  61. ^ 県立夜間中学設置準備に関すること/とりネット/鳥取県公式サイト”. www.pref.tottori.lg.jp. 2023年10月2日閲覧。
  62. ^ 校名・校章/とりネット/鳥取県公式サイト”. www.pref.tottori.lg.jp. 2023年10月2日閲覧。
  63. ^ 北九州市立夜間中学校設置基本計画の検討について”. 北九州市. 2023年10月2日閲覧。
  64. ^ 佐賀県立夜間中学設置の基本的な考え方 2022年11月 2023年2月4日閲覧
  65. ^ 熊本県が夜間中学設置へ 不登校や外国人対象 24年4月の開校目指す”. 西日本新聞me. 2023年10月2日閲覧。
  66. ^ 大牟田市立中学校設置条例の一部を改正する条例の制定について”. 2023年12月27日閲覧。
  67. ^ 宮崎市が初の夜間中学設置へ 再来年度の開校目指す - NHK 2023年1月17日閲覧
  68. ^ 宮崎市立夜間中学の学校名の決定について
  69. ^ 珊瑚舎スコーレの夜間中学校、来年4月に開校へ 沖縄県が設置計画を認可 私立の夜間中設置は全国初 - 琉球新報 2023年10月6日
  70. ^ 石川県立夜間中学の校名決定について 石川県 2023年9月8日閲覧
  71. ^ a b c d 新しいタイプの定時制・通信制高校「フレキシブルハイスクール」 及び県立夜間中学の概要について” (2023年10月23日). 2023年12月15日閲覧。
  72. ^ 県内初の夜間中学校 湖南市に25年設置へ:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年12月28日). 2023年10月2日閲覧。
  73. ^ 夜間中学 和歌山市 2024年2月20日 2024年3月17日閲覧
  74. ^ 岡山市立夜間中学設置 基本方針 - 岡山市 2023年6月17日閲覧
  75. ^ a b c d 高浜行人「全国唯一の中学通信課程 守りたい」『朝日新聞』夕刊2021年11月5日付1面(4版)
  76. ^ 学校基本調査 / 令和元年度(速報) 初等中等教育機関、専修学校・各種学校 卒業後の状況調査 -平成31年3月卒業- 中学校,義務教育学校,高等学校 総括”. 統計局. 2019年8月25日閲覧。
  77. ^ 学校基本調査 平成29年度(速報) 初等中等教育機関、専修学校・各種学校 卒業後の状況調査 -平成29年3月卒業- 中学校,義務教育学校,高等学校 総括
  78. ^ ISCED mapping - Italy”. UNESCO. 2015年11月13日閲覧。
  79. ^ Italy - European inventory on NQF 2014 (Report). CEDEFOP. 2014.
  80. ^ ISCED mapping - France”. UNESCO. 2015年11月13日閲覧。
  81. ^ ISCED 1997 mapping - Poland”. UNESCO. 2015年11月13日閲覧。
  82. ^ ISCED 1997 mapping - Norway”. UNESCO. 2015年11月13日閲覧。
  83. ^ ISCED 2011 mapping - Turkey”. UNESCO. 2015年11月13日閲覧。
  84. ^ ISCED 2011 mapping - Portugal”. UNESCO. 2015年11月13日閲覧。
  85. ^ Portugal - European inventory on NQF 2014 (Report). CEDEFOP. 2014.



中学校 (Ungdomsskole, グレード8-10)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 00:55 UTC 版)

ノルウェーの教育」の記事における「中学校 (Ungdomsskole, グレード8-10)」の解説

13-16歳を対象とする3年間の前期中等教育であり義務教育前期中等教育属す学生のうち10%私立学校へ通う。 成績評価開始 選択授業グレード8〜。ドイツ語フランス語スペイン語など。

※この「中学校 (Ungdomsskole, グレード8-10)」の解説は、「ノルウェーの教育」の解説の一部です。
「中学校 (Ungdomsskole, グレード8-10)」を含む「ノルウェーの教育」の記事については、「ノルウェーの教育」の概要を参照ください。


中学校(統合予定も含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 22:38 UTC 版)

笠岡市」の記事における「中学校(統合予定も含む)」の解説

笠岡市立大島中学校 笠岡市笠岡東中学校 笠岡市立笠岡西中学校 笠岡市立金浦中学校 笠岡市新吉中学校 笠岡市立神島外中学校 笠岡市立白石中学校 笠岡市立北木中学校2020年4月より休校笠岡市立真鍋中学校 笠岡市矢掛町中学校組合立小北中学校 蒼明学院中等部笠岡市矢掛町中学校組合立小北中学校小田郡矢掛町生徒通学する

※この「中学校(統合予定も含む)」の解説は、「笠岡市」の解説の一部です。
「中学校(統合予定も含む)」を含む「笠岡市」の記事については、「笠岡市」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「中学校」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

中学校

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:55 UTC 版)

名詞

  ちゅうがっこう 略称:中学

  1. 現在の日本学校教育法においては前期中等教育課程をおこなう学校修業年限3年。満12歳~満15歳生徒就学し、義務教育となっている。
  2. かつての日本における、男子高等普通教育をおこなうための5年制の学校。w:旧制中学校

発音(?)

ちゅ↗ーが↘っこー

関連語

翻訳


「中学校」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



中学校と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中学校」の関連用語

中学校のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中学校のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
総務省総務省
Copyright(c)2024 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2024,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのノルウェーの教育 (改訂履歴)、笠岡市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの中学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS