義務教育学校とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 義務教育学校の意味・解説 

義務教育学校

読み方:ぎむきょういくがっこう
別名:義務教育学校制度

現行の小学校中学校に相当する課程一貫して学ぶことができ、その課程柔軟に組むことができるようにする、学校制度構想
義務教育学校はいくつかの自治体において導入されている「小中一貫校」を学校制度として正式に取り入れ構想であるということができる。小学校中学校一体化させることで、たとえば中学校カリキュラム先行して小学校段階から登場させる(63制から54制への変更)というような柔軟性生まれる。また、進学に伴う「中1ギャップ」のような困難を抑えた、よりスムーズ学校生活を送れる環境実現期待できる。

義務教育学校の制度2000年代半ばには提起されている。2010年代にもしばしば検討課題として議題に上った。2014年6月には、文部科学省などが義務教育学校の創設検討していると、共同通信などが報じた。

関連サイト
文科省が「義務教育学校」創設へ 小中一貫校を制度化 - 47NEWS 2014年6月3日

義務教育学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/10 15:56 UTC 版)

義務教育学校(ぎむきょういくがっこう)とは、小学校課程から中学校課程まで義務教育を一貫して行う日本の学校(一条校)である。学校教育法の改正により2016年に新設された学校教育制度(第5章の2)。小中一貫校の一種である。




  1. ^ 学校教育法等の一部を改正する法律案の概要(文部科学省)
  2. ^ 第140条で東京都特別区を含む。
  3. ^ a b 『立法と調査』・2015. 8・No. 367「学校教育法改正に係る国会論議 - 小中一貫教育を行う義務教育学校の創設(文教科学委員会調査室)p.5
  4. ^ a b 平成24年7月13日中央教育審議会初等中等教育分科会・配付資料「義務教育学校制度(仮称)創設の是非について」
  5. ^ a b 「全国学力テストや特に学校選択制と結び付いたときにエリート校化する懸念はないのか。あるいは、義務教育学校がエリート校化して、選択制になって、そこにそういう人たちが集中していく、こうなると、義務教育、小学校、中学校の段階で学校間序列が付いたり格差ができたりする」との指摘もなされた。これに対し、下村文部科学大臣からは、「市町村立の義務教育学校は、小学校、中学校と同様に就学指定の対象とすることを予定しているため、入学者選抜は行われません。(以下略)」(『立法と調査』・2015. 8・No. 367「学校教育法改正に係る国会論議 - 小中一貫教育を行う義務教育学校の創設(文教科学委員会調査室))p.6
  6. ^ 「学習を前倒しで行っている学校に転入した場合にその教科が嫌いになる可能性」が指摘されている(『立法と調査』・2015. 8・No. 367「学校教育法改正に係る国会論議 - 小中一貫教育を行う義務教育学校の創設(文教科学委員会調査室))p.7
  7. ^ 学校段階間の連携・接続等に関する作業部会(第16回)「小中連携、一貫教育に関するこれまでの御意見について」(文部科学省)など
  8. ^ 『立法と調査』・2015. 8・No. 367「学校教育法改正に係る国会論議 - 小中一貫教育を行う義務教育学校の創設(文教科学委員会調査室)p.6


「義務教育学校」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「義務教育学校」の関連用語

義務教育学校のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



義務教育学校のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの義務教育学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS