公立学校選択制とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 公立学校選択制の意味・解説 

公立学校選択制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/13 09:41 UTC 版)

公立学校選択制(こうりつがっこうせんたくせい, School choice)とは、義務教育段階の小中学校等について、児童・生徒が進学する公立小学校中学校を、保護者が複数校の中から選択できるようにした制度である。




  1. ^ “Clinton touts success of public charter schools”. CNN. (2000年5月4日). オリジナル2008年8月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080821180747/http://archives.cnn.com/2000/ALLPOLITICS/stories/05/04/education.debate/ 2008年8月27日閲覧。 
  2. ^ Elliot, Scott (2005年12月2日). “Catholic schools: Victims of choice”. Dayton Daily News. 2008年8月27日閲覧。
  3. ^ The Way of The Future: Education Savings Accounts for Every American Family”. Friedman Foundation for Educational Choice. 2015年2月1日閲覧。
  4. ^ The ABC's of School Choice, 2014 Ed., Friedman Foundation for Educational Choice, 107.
  5. ^ School Choice Programs”. Friedman Foundation for Educational Choice. 2015年2月1日閲覧。
  6. ^ 林壮一 『アメリカ下層教育現場』 光文社光文社新書〉(原著2008年1月17日)。ISBN 978-4-334-03433-7
  7. ^ よくわかる用語解説”. 文部科学省. 2011年12月29日閲覧。
  8. ^ 品川区では小学校は17%、中学校は23%の児童生徒が従来の学校以外を選択していて、選択率は年々増加している(数字は2003年度)。
  9. ^ a b 藤田英典 『義務教育を問いなおす』 筑摩書房ちくま新書〉(原著2005年7月6日)。ISBN 978-4-480-06243-7
  10. ^ 学校選択制”. Web東奥/ニュース百科. 東奥日報 (2007年5月26日). 2008年7月8日閲覧。
  11. ^ a b 深谷昌志 (2004年). “学校選択制の光と影”. モノグラフ・中学生の世界 VOL.79. ベネッセコーポレーション. pp. 3. 2008年7月8日閲覧。
  12. ^ 山本紀子 「記者ノート:学校選択制の弊害毎日新聞、2007年8月27日。
  13. ^ 学校選択制、相次ぎ見直し「地域との関係薄れた」


「公立学校選択制」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「公立学校選択制」の関連用語

公立学校選択制のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



公立学校選択制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公立学校選択制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS