認定校制度とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 認定校制度の意味・解説 

認定校制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/24 03:31 UTC 版)

認定校制度(にんていこうせいど)は、教育機関の質を保証(認定、アクレディテーション)する制度である。通常は高等教育機関を対象とし、認定を受けた教育機関のみが学位を発行することができる。




[ヘルプ]
  1. ^ NHK クローズアップ現代「追跡 学位売買」
  2. ^ BBCニュース2008年11月21日
  3. ^ 海外団体から授与された「ニセ学位」実態調査 : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)2007年7月23日(2013年11月5日時点のアーカイブ
  4. ^ ニセ学位:国立大で新たに1人[リンク切れ] - 毎日jp(毎日新聞)、2008年1月21日
  5. ^ 学長も不正規学位 九州の私大「チェック漏れ」 - ウェイバックマシン(2008年2月20日アーカイブ分) - MSN産経ニュース、2008年1月16日
  6. ^ 大分大:非公認学位問題 元准教授、講師で雇用[リンク切れ] - 毎日jp(毎日新聞)、2008年1月29日
  7. ^ 九産大:非公認学位使用の教授、学部長職の辞任願受理 懲戒対象にせず[リンク切れ] - 毎日jp(毎日新聞)、2008年1月26日
  8. ^ Accreditation Organisation of the Netherlands and Flanders official website
  9. ^ Standing Conference of the Ministries of Education and Cultural Affairs of the Länder in the Federal Republic of Germany, Foundation and Composition
  10. ^ Standing Conference of the Ministries of Education and Cultural Affairs of the Länder in the Federal Republic of Germany, Qualitätssicherung im Hochschulbereich
  11. ^ Kultusministerkonferenz. Ländergemeinsame Strukturvorgaben gemäß § 9 Abs. 2 HRG für die Akkreditierung von Bachelor- und Masterstudiengängen. October 10, 2003, amended September 18, 2008
  12. ^ Council of Sciences and Humanities, Function[リンク切れ]
  13. ^ Resolution of the Standing Conference of the Ministries of Education and Cultural Affairs of the Federal Republic of Germany of December 16, 2004. Agreement on the Foundation "Foundation: Accreditation of Study Courses in Germany.[リンク切れ]"
  14. ^ Accreditation Council, Accreditation Agencies
  15. ^ 「学校教育法」第百九条 大学は、その教育研究水準の向上に資するため、文部科学大臣の定めるところにより、当該大学の教育及び研究、組織及び運営並びに施設及び設備(次項において「教育研究等」という。)の状況について自ら点検及び評価を行い、その結果を公表するものとする。
    2 大学は、前項の措置に加え、当該大学の教育研究等の総合的な状況について、政令で定める期間ごとに、文部科学大臣の認証を受けた者(以下「認証評価機関」という。)による評価(以下「認証評価」という。)を受けるものとする。ただし、認証評価機関が存在しない場合その他特別の事由がある場合であつて、文部科学大臣の定める措置を講じているときは、この限りでない。
    3 専門職大学院を置く大学にあつては、前項に規定するもののほか、当該専門職大学院の設置の目的に照らし、当該専門職大学院の教育課程、教員組織その他教育研究活動の状況について、政令で定める期間ごとに、認証評価を受けるものとする。ただし、当該専門職大学院の課程に係る分野について認証評価を行う認証評価機関が存在しない場合その他特別の事由がある場合であつて、文部科学大臣の定める措置を講じているときは、この限りでない。
    4 前二項の認証評価は、大学からの求めにより、大学評価基準(前二項の認証評価を行うために認証評価機関が定める基準をいう。次条において同じ。)に従つて行うものとする。
  16. ^ 「学校教育法」第百二十三条 第三十七条第十四項、第五十九条、第六十条第六項、第九十四条(設置基準に係る部分に限る。)、第九十五条、第九十八条、第百五条から第百七条まで、第百九条(第三項を除く。)及び第百十条から第百十三条までの規定は、高等専門学校に準用する。
  17. ^ 「学校教育法」第百十条 認証評価機関になろうとする者は、文部科学大臣の定めるところにより、申請により、文部科学大臣の認証を受けることができる。
    2 文部科学大臣は、前項の規定による認証の申請が次の各号のいずれにも適合すると認めるときは、その認証をするものとする。
    一 大学評価基準及び評価方法が認証評価を適確に行うに足りるものであること。
    二 認証評価の公正かつ適確な実施を確保するために必要な体制が整備されていること。
    三 第四項に規定する措置(同項に規定する通知を除く。)の前に認証評価の結果に係る大学からの意見の申立ての機会を付与していること。
    四 認証評価を適確かつ円滑に行うに必要な経理的基礎を有する法人(人格のない社団又は財団で代表者又は管理人の定めのあるものを含む。次号において同じ。)であること。
    五 次条第二項の規定により認証を取り消され、その取消しの日から二年を経過しない法人でないこと。
    六 その他認証評価の公正かつ適確な実施に支障を及ぼすおそれがないこと。
    3 前項に規定する基準を適用するに際して必要な細目は、文部科学大臣が、これを定める。
    4 認証評価機関は、認証評価を行つたときは、遅滞なく、その結果を大学に通知するとともに、文部科学大臣の定めるところにより、これを公表し、かつ、文部科学大臣に報告しなければならない。
    5 認証評価機関は、大学評価基準、評価方法その他文部科学大臣の定める事項を変更しようとするとき、又は認証評価の業務の全部若しくは一部を休止若しくは廃止しようとするときは、あらかじめ、文部科学大臣に届け出なければならない。
    6 文部科学大臣は、認証評価機関の認証をしたとき、又は前項の規定による届出があつたときは、その旨を官報で公示しなければならない。
    第百十一条 文部科学大臣は、認証評価の公正かつ適確な実施が確保されないおそれがあると認めるときは、認証評価機関に対し、必要な報告又は資料の提出を求めることができる。
    2 文部科学大臣は、認証評価機関が前項の求めに応じず、若しくは虚偽の報告若しくは資料の提出をしたとき、又は前条第二項及び第三項の規定に適合しなくなつたと認めるときその他認証評価の公正かつ適確な実施に著しく支障を及ぼす事由があると認めるときは、当該認証評価機関に対してこれを改善すべきことを求め、及びその求めによつてもなお改善されないときは、その認証を取り消すことができる。
    3 文部科学大臣は、前項の規定により認証評価機関の認証を取り消したときは、その旨を官報で公示しなければならない。
    第百十二条 文部科学大臣は、次に掲げる場合には、第九十四条の政令で定める審議会等に諮問しなければならない。
    一 認証評価機関の認証をするとき。
    二 第百十条第三項の細目を定めるとき。
    三 認証評価機関の認証を取り消すとき。


「認定校制度」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「認定校制度」の関連用語

認定校制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



認定校制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの認定校制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS