日本大学とは?

日本大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/14 10:22 UTC 版)

日本大学(にほんだいがく、英語: Nihon University)は、東京都千代田区九段南四丁目8番24号に本部を置く日本私立大学である。1920年に設置された。大学の略称日大(にちだい)。




  1. ^ 【東洋経済ONLINE】収入が多い私立大学ランキングトップ200 2018年8月8日
  2. ^ 【日本大学ホームページ】日本大学の数字 2020年2月24日閲覧
  3. ^ 【日本大学ホームページ】日本大学の数字 2020年2月24日閲覧
  4. ^ 在籍学生数-学部・通信教育部”. 日本大学. 2019年7月15日閲覧。
  5. ^ 2019年用 大学の真の実力 情報公開BOOK. 螢雪時代. (2018年09月29日) 
  6. ^ 【AERAdot.】警察官の採用に強い大学ランキング あの大学の天下が続く理由2017年8月10日
  7. ^ 【東洋経済ONLINE】公務員就職が多い大学トップ200ランキング2017年12月8日
  8. ^ 【Studyplus】【一級建築士にオススメの人気大学7選】仕事・年収・資格ランキング公開!2018年2月6日
  9. ^ 全国社長出身大学分析(2019年) 2019年7月30日 帝国データバンク
  10. ^ 全国社長出身大学分析(2019年) 2019年7月30日 帝国データバンク
  11. ^ 学祖 山田 顕義 「日本法律学校の創立」, 日本大学の歴史
  12. ^ 学部連携研究推進シンポジウム - 年度別更新。
  13. ^ 学校法人日本大学の役員・評議員等一覧及び組織図の紹介。
  14. ^ 第2294号 1998年6月22日,OSCEは医学部教育を変えるか-東邦大・千葉大・日大での試み-
  15. ^ 『日本大学百年史』 第一巻、569-573頁
  16. ^ a b 理念(目的及び使命)”. 自主創造 - 日本大学 Nihon University - あなたとともに100万人の仲間とともに. 2019年3月18日閲覧。
  17. ^ 歴史と伝統, 日本大学法学部について
  18. ^ 日本大学創立130周年記念サイト”. 日本大学. 2019年7月15日閲覧。
  19. ^ 沿革|日本大学の歴史”. 日本大学. 2019年2月23日閲覧。
  20. ^ 國學院大學図書館の歩み (PDF) 明治15(1882)年11月4日の項より。
  21. ^ 日本大学法学部校友会ホームページ内の沿革・歴史に掲載。
  22. ^ HP通信教育部について,日本大学の歴史を参考。
  23. ^ 法学部の沿革と現状,2.日本大学発展の軌跡 (PDF) 9ページを閲覧。
  24. ^ 日本大学文理学部資料館ホームページ内文理学部資料館の沿革へリンク。
  25. ^ 日本大学ホームページ沿革明治36年8月参考。
  26. ^ 日本大学経済学部沿革経済学部の歩みを参照。
  27. ^ 日大商学部の歩み,1904年に日本大学商学部が設立してから、2004年で100周年
  28. ^ 『日本大学商学部百年史』 69頁
  29. ^ 『日本大学商学部百年史』 70-71頁
  30. ^ 第1章日本大学における学びより日本大学の歴史 (PDF) を閲覧のこと。
  31. ^ 『日本大学百年史』 第一巻、667-668頁
  32. ^ 『日本大学のあゆみ』 第一巻、89-90頁
  33. ^ 日本大学ホームページ沿革,未来へ繋ぐ90年の実績を参考。
  34. ^ 日本大学芸術学部HP内の日藝の沿革,大正10年3月を参考。
  35. ^ 日本大学歯学部図書館ホームページ歯学部の沿革の解説。
  36. ^ スクール・カラーを制定 | 日本大学の歴史 2019年4月9日閲覧
  37. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、188頁
  38. ^ Nihon University School of Dentistry Department of Anatomy.Establishmentも参考のこと。
  39. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、77頁
  40. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、82-85頁
  41. ^ a b c d e f g h i j k 沿革|概要|日本大学医学部
  42. ^ 理工学部、85年の大学史。 - 日本大学理工学部 科学技術史料センター (PDF) 特別展 日本大学理工学部史展 平成17年11月6日(日)~ 平成18年4月28日(金)
  43. ^ 『日本大学のあゆみ』 第一巻、92頁
  44. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、382-389頁
  45. ^ 会の沿革 < 桜建会について - 日本大学 桜門建築会(桜建会)
  46. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、389頁
  47. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、481頁
  48. ^ あまり関連性はないが、拓友会公式サイト 拓植学科のあゆみも参考程度に。
  49. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、500-501頁
  50. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、501-502頁
  51. ^ 『日本大学百年史』 第五巻、62頁
  52. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、488-489頁
  53. ^ 日大文理学部サイト内文理学部の歩み,昭和12年 (1937) を。
  54. ^ 『日本大学百年史』 第五巻、65頁
  55. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、489頁
  56. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、870-871頁
  57. ^ 三島市ホームページ市の紹介>地勢・歴史>三島アメニティ大百科>目次>大学の内容。
  58. ^ 『日本大学百年史』 第三巻、39頁
  59. ^ 『日本大学百年史』 第三巻、297頁
  60. ^ 『日本大学百年史』 第三巻、165-167頁
  61. ^ 『日本大学百年史』 第三巻、167-169頁
  62. ^ 『日本大学百年史』 第三巻、177頁
  63. ^ 日本大学文理学部|文理の歴史
  64. ^ 学則からもなくなったのは1956年(昭和31年)3月である(『日本大学百年史』 第三巻、86頁)。
  65. ^ 旧制専門学校 - SITESホームページ 旧制専門学校の一覧。
  66. ^ 工科系校友会略史 - 日本大学理工学部校友会ホームページ,日本大学工系学部および工科系校友会略史
  67. ^ 日本大学三島同窓会々報 (PDF) ,ご挨拶-50周年を迎えて-を参考。
  68. ^ 『日本大学百年史』 第五巻、125頁
  69. ^ 日本大学商学部百年史編纂委員会 『日本大学商学部百年史』 2004年、122-130頁
  70. ^ 日本大学原子力研究所HP研究所のあゆみを閲覧のこと。
  71. ^ 『日本大学百年史』 第三巻、741-747頁
  72. ^ 顕義園|あなたとともに100万人の仲間とともに
  73. ^ 『日本大学百年史』 第三巻、908-909頁
  74. ^ 天皇皇后両陛下、高輪プリンスホテル(東京都港区)日本大学創立100周年記念式典“天皇陛下のおことば”その他の主な式典へのお出まし,平成元年10月4日,宮内庁
  75. ^ Club Uniform 岩瀬日本大学高等学校 (PDF) 11ページも参考のこと。
  76. ^ 日本大学産官学連携知財センター(NUBIC)を参照。
  77. ^ 日本大学法学部図書館|利用案内
  78. ^ 日本大学薬学部校友会,日本大学・薬学部における6年制・薬学教育 (PDF) 2ページの解説。
  79. ^ 日本大学の理念・目的等 (PDF) ,エヌドットなどを制定したことにより、よりわかりやすく浸透しやすい理念が提示されることになった。
  80. ^ インフォメーションプラザの閉館について,2012年11月14日掲載。
  81. ^ 通信教育部メインキャンパスは9月8日(月)をもって市ヶ谷に移転。
  82. ^ 駿河台日本大学病院は平成26年10月1日から名称も改め日本大学病院として新築移転。
  83. ^ (平成25年度)事業計画 (PDF) ,学校法人日本大学の平成25年度事業計画について。
  84. ^ スクール・カラーを制定 | 日本大学の歴史 2019年4月9日閲覧
  85. ^ 日本大学広報部・日本大学大学史編纂室 『日本大学100年』 1989年、155頁
  86. ^ a b 文理学部ホーム画面 - 学部紹介>校歌 - 日本大学校歌/校歌余話より。
  87. ^ a b nu pressにて日本大学新聞社について、その他の事業展開より。
  88. ^ 日本大学医学部医学生涯教育センター、医学部長ごあいさつ。
  89. ^ ANimal MEdical Center(ANMEC)「日本大学動物病院
  90. ^ 通信教育部への3年次編入については、取得してある科目の中から52単位が一括認定され、保健体育(2単位)と外国語科目(※8単位まで)を取得している場合、個別に認定される。
  91. ^ 校友会には全国都道府県ごとに組織された都道府県支部、学部ごとに組織された学部別部会、職種ごとに組織された職域別部会、海外に海外特別支部、またその他に、正会員15名以上で組織されている桜門会が多数あり、それぞれが活発に活動している。
  92. ^ 校友が一堂に会して親睦を深め、校友同士または校友と学生が有益な情報交換を行うための新活動拠点として建設が進められていた「日本大学桜門会館」が2010年6月30日にオープン。
  93. ^ NU i CLUB日大iクラブ 絆はパワーだ!!.
  94. ^ 日本大学新聞は日本大学で唯一の大学新聞である。
  95. ^ SPORTS NIHON UNIVERSITY スポーツ日大公式サイトの競技部一覧 - 応援リーダー部参照。
  96. ^ Wikipedia内にある応援歌#応援歌も参照のこと。
  97. ^ 近大節の著作権について - 近畿大学応援部OG・OB会 HomePage
  98. ^ 無断での公的な使用を一切禁止について参照。
  99. ^ 東京桜門ライオンズクラブを閲覧のこと。
  100. ^ 日本法律学校の創設”. 日本大学. 2015年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  101. ^ オープンカレッジ修了式、日本大学へ表敬訪問”. 國學院大學 (2010年3月4日). 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  102. ^ 日大から表敬訪問、神職課程階位一括申請手続書類受付、こくぴょんぬいぐるみ予約受付開始、Kokugakuin Miss&Mr.CONTEST 2011”. 國學院大學 (2011年11月17日). 2015年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  103. ^ 参考:日本大学本部海外留学プログラム年間スケジュール (PDF)
  104. ^ 福島県と日本大学がUIターン就職促進協定、2016年01月27日付。
  105. ^ 区教育委員会と日本大学理工学部、芸術学部が事業連携に関する協定を締結。板橋区ホームページ、平成27年6月30日付。
  106. ^ 栃木県と日本大学がUIターン就職促進協定、2015年06月30日付。
  107. ^ “日大ボート部員、合宿所で自殺か 大学が調査開始”. 日本経済新聞. (2013年10月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2700T_X21C13A0CC1000/ 2019年4月11日閲覧。 
  108. ^ “日大獣医学科で「アカハラ自殺」続出”. FACTA. (2016年9月号). https://facta.co.jp/article/201609038.html 2018年5月25日閲覧。 
  109. ^ “連続「アカハラ自殺」日大学部長が黙殺・隠蔽”. FACTA. (2016年11月号). https://facta.co.jp/article/201611010.html 2018年5月25日閲覧。 
  110. ^ “【悪質タックル問題】日大アメフト部・内田前監督と井上コーチが緊急会見 / 視聴者からは「見苦しい」との声続出”. ロケットニュース24. https://rocketnews24.com/2018/05/23/1067684/ 2018年5月25日閲覧。 
  111. ^ “日大チア部でパワハラか 大学は監督を解任”. TOKYO MX NEWS. (2018年8月10日). https://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=46513100 2019年4月11日閲覧。 
  112. ^ 日本大学付属校の謎「日大○○」「○○日大」なぜまちまち2011年8月9日7時 日本経済新聞社 ことばオンライン掲載
  113. ^ Gakken,首都圏 中学受験ネットより
  114. ^ 四谷大塚,日本大学第一中学校の入試情報など、より。
  115. ^ 学校法人長野日本大学学園が設置する長野小学校の校名には、「日本大学」ではなく「日本大学学園」を使用





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本大学」の関連用語

日本大学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS