新潟薬科大学とは? わかりやすく解説

にいがた‐やっかだいがく〔にひがたヤククワダイガク〕【新潟薬科大学】

読み方:にいがたやっかだいがく

新潟市秋葉区にある私立大学昭和52年1977)に開設された。


新潟薬科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/19 06:56 UTC 版)

新潟薬科大学(にいがたやっかだいがく、英語: Nigata University of Pharmacy and Medical and Applied Life Sciences)は、新潟市秋葉区東島265番地1に本部を置く日本私立大学1977年創立、1977年大学設置。大学の略称はNUPMALS, NUPALS(ニューパルス, 2023年3月まで)、薬科(やっか)、薬大(やくだい)など。


  1. ^ 「新潟ゆかりの加工食品 続々」日経産業新聞』2019年7月19日(食品・日用品・サービス面)2019年7月22日閲覧。
  2. ^ “新潟バイオリサーチパーク推進機構会長池川信夫氏―バイオ研究(インタビュー越佐)”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済面 新潟. (2003年6月13日) 
  3. ^ “新潟バイオリサーチパーク―機能性食品作り支援(挑戦する企業)”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済面 新潟. (2013年2月26日) 
  4. ^ “新潟バイオリサーチパーク、社長に栗山清(栗山米菓相談役)氏。”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済面 新潟. (2003年4月3日) 
  5. ^ バイオリサーチセンター開館 産・学連携の場に活用」(PDF)『市報にいがた』第2021号、新潟市、2005年11月20日、3頁。 
  6. ^ 「新潟薬科大、上田に薬学部設置へ。県内初」産経新聞』長野版- 2016年6月25日(2020年2月15日閲覧)
  7. ^ 「新潟薬科大学、薬学部新設計画を1年延期 長野県上田市に2019年4月の開設目指す」日経ドラッグインフォメーション/日経DIオンライン(2016年12月27日)2020年2月15日閲覧
  8. ^ 「新潟薬科大学、断念へ 上田への薬学部設置」[リンク切れ]信毎web(2017年6月2日)
  9. ^ 臨床検査技師科・看護学科および校名変更に関するお知らせ
  10. ^ 新潟薬科大学の新学部(医療技術学部及び看護学部)の設置が文部科学大臣より認可されました。(令和5(2023)年度開設)
  11. ^ 【新潟薬科大/新潟大】創薬研究促進へ連携協定‐大学院で医薬横断教育も 薬事日報ウェブサイト(2020年1月24日)2020年2月15日閲覧
  12. ^ a b 「新潟薬科大、ウィーン大と連携」日本経済新聞』朝刊2019年8月21日(大学面)2019年8月22日閲覧。
  13. ^ 新潟薬科大学新学部設置等に関する調査・準備の着手について | 新潟薬科大学”. www.nupals.ac.jp. 2020年12月4日閲覧。
  14. ^ Nippo, The Niigata. “Cookieを有効にしてください|新潟日報モア”. 新潟日報モア. 2020年12月4日閲覧。
  15. ^ 新潟薬科大学が新津に移転」(PDF)『広報にいつ』第896号、新津市、2000年8月1日、2-3頁。 
  16. ^ a b 『広報にいつ』No.934 2002年5月1日 pp.22-23 新潟薬科大学新津キャンパス開学
  17. ^ “新潟薬科大 新津駅西口の土地売却 サテライトキャンパスなど整備撤退”. 新潟日報. (2021年3月24日). https://www.niigata-nippo.co.jp/articles/-/6025 


「新潟薬科大学」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新潟薬科大学」の関連用語

新潟薬科大学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新潟薬科大学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新潟薬科大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS