2027年とは? わかりやすく解説

2027年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/01 14:07 UTC 版)

2027年(2027 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年


  1. ^ "Approved! Council gives project green light to proceed". ITER & Beyond. 2016年10月15日閲覧。
  2. ^ 国際園芸博覧会 - 横浜市
  3. ^ “町田・相模原両市長、小田急多摩線延伸で覚書締結”. レスポンス. (2014年5月27日). http://response.jp/article/2014/05/27/224080.html 2016年3月1日閲覧。 
  4. ^ 三菱地所、「丸の内」死守 東京駅前に高さ日本一ビル発表”. 日本経済新聞 (2015年8月31日). 2017年4月3日閲覧。
  5. ^ 東京駅前に新街区「トウキョウトーチ」。高さ390m「Torch Tower」”. Impress Watch (2020年9月17日). 2020年10月27日閲覧。
  6. ^ “「(仮称)うめきた2期地区開発事業」始動” (PDF) (プレスリリース), 三菱地所・大阪ガス都市開発・オリックス不動産・関電不動産開発・積水ハウス・竹中工務店・阪急電鉄・三菱地所レジデンス・うめきた開発特定目的会社, (2020年3月25日), https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec200325_umekita2.pdf 2020年11月2日閲覧。 
  7. ^ ジェイムズ・P・ホーガン 『星を継ぐもの』東京創元社、1980年、41-48,144頁。ISBN 978-4-488-66301-8 
  8. ^ ジェームズ・ガン『宇宙生命接近計画』ダイヤモンド社、1980年、45・69 - 78頁。全国書誌番号:80018818
  9. ^ 古屋蔵人、小田島等、黒川知希共著、2007年、ブルースインターアクションズ刊。
  10. ^ 水見稜 『不在の惑星』新潮社、1985年、26-29,77-80頁。ISBN 978-4-10-142301-2 


「2027年」の続きの解説一覧

2027年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 19:30 UTC 版)

2020年代の日本」の記事における「2027年」の解説

私学共済厚生年金統合されるリニア中央新幹線東京品川駅) - 名古屋間で開業予定東京から名古屋まで最速40分で結ばれる。ただし、2021年時点で静岡県内での着工目処立っておらず、遅れる可能性がある横浜市国際園芸博覧会花博A1認定開催予定2013年より始まった渋谷駅周辺の再開発事業完了予定三菱地所による、高さ日本一更新する390メートル地上63階)の超高層ビルトーチタワー (Torch Tower)」が2027年度中に東京駅日本橋口前(常盤橋街区)に完成予定JR大阪駅北側の再開発エリアうめきた2期地区」が2027年度中に全体開業予定2024年夏頃一部先行まちびら予定)。

※この「2027年」の解説は、「2020年代の日本」の解説の一部です。
「2027年」を含む「2020年代の日本」の記事については、「2020年代の日本」の概要を参照ください。


2027年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 17:36 UTC 版)

狂四郎2030」の記事における「2027年」の解説

狂四郎ユリカ仮想現実知り合う

※この「2027年」の解説は、「狂四郎2030」の解説の一部です。
「2027年」を含む「狂四郎2030」の記事については、「狂四郎2030」の概要を参照ください。


2027年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 18:02 UTC 版)

2020年代」の記事における「2027年」の解説

詳細は「2027年」を参照 ITER国際熱核融合実験炉)が重水素-トリチウム運転を開始予定横浜市国際園芸博覧会花博A1認定開催予定

※この「2027年」の解説は、「2020年代」の解説の一部です。
「2027年」を含む「2020年代」の記事については、「2020年代」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2027年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2027年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2027年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2027年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2027年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2020年代の日本 (改訂履歴)、狂四郎2030 (改訂履歴)、2020年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS