21世紀とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 21世紀の意味・解説 

21世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/25 09:25 UTC 版)

21世紀(にじゅういっせいき)とは、西暦2001年から西暦2100年までの100年間を指す世紀3千年紀における最初の世紀である。




  1. ^ アメリカの社会保険(Social Security)は、このまま行くとベビーブーマー世代が続々リタイアする2010年頃から収支が悪化し、2020年には赤字になることが予想されている。
  2. ^ 国連による「世界人口展望」 (World Population Prospects) の2012年版では、2025年の世界人口は約81億人(中位値)と予測されている。
  3. ^ 国連による「世界人口展望」 (World Population Prospects) の2012年版では、世界人口が100億人に達するのは2062年頃と予測されているが、その後は増加のペースが鈍化して2100年の世界人口は約109億人と予測されている(いずれも中位値)。
  4. ^ 実際のカブスは、奇しくも映画内の日付と同じ日にリーグ戦の敗退が決まり、映画の再現とはならなかった。
  5. ^ ユニバーサル・ピクチャーズ・ホーム・エンターテインメントは2015年10月、実際に『ジョーズ19』のトレーラー映像を制作しYouTube上で公開した。
  1. ^ 2013年の自然科学部門のノーベル賞 物理学賞(MSN産経ニュース/産経新聞 2013年10月21日付)[リンク切れ]
  2. ^ フランス、今夏の熱波による死者約1500人  写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
  3. ^ 人口推計(平成21年10月1日現在)1.人口の動向”. 総務省. 2011年4月3日閲覧。 表1 総人口及び日本人人口の推移(平成14年〜21年)を参照。
  4. ^ 世界の新型コロナ感染者、300万人超に 8割近くは欧米で確認 AFPBB News (2020年4月28日) 、2020年4月30日閲覧。
  5. ^ 太陽活動に異常―黒点や磁極反転に異例の現象(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2013年11月12日)
  6. ^ 日本米国中国 団塊の世代(あたまにスッと入るあらすじ あらすじ検索サイト)
  7. ^ 財団法人高度情報科学技術研究機構の試算による(海面の上昇予測 (01-08-02-03))。
  8. ^ 今世紀末の平均気温、3度上昇…気象庁予測読売新聞 2013年3月16日[リンク切れ]
  9. ^ 世界総人口、70億人突破へ 国連白書(日本経済新聞 2011年10月26日)
  10. ^ 2050年の世界人口は94億人と予想=アジア、アフリカの人口増続く―米国勢調査局
  11. ^ インド、2028年に中国抜き人口世界一に=統計庁
  12. ^ 2. 人口圧力──2030年に16億のピークをいかに越えるか
  13. ^ 国連世界人口展望 (World Population Prospects) 2012年版、中位推計
  14. ^ a b 図録▽世界と主要国の将来人口推計(社会実情データ図録)
  15. ^ 国連世界人口展望 (World Population Prospects) 2010年版、中位推計/世界の人口、世紀末までに100億人突破へ 国連予想CNN 2011.05.04
  16. ^ 国連が世界人口予測を発表、2100年の予測値は「109億人」(スラッシュドット・ジャパン(サイエンス) 2013年6月17日)
  17. ^ 「ムーアの法則は終わった」、NVIDIAのCEOが言及 EEtimes Japan(2017年6月5日)2017年6月5日閲覧
  18. ^ 月を足がかりに火星へ有人探査 大統領令に署名、中国意識「リーダーであり続ける」(産経ニュース 2017年12月12日)
  19. ^ NASA、初の女性飛行士の月面着陸目指す 24年までに(CNN.co.jp 2019年5月14日)
  20. ^ 2024年までに人類を再び月面に送る「アルテミス計画」をNASAが発表、史上初となる女性の月面到達も目指す(GIGAZINE 2019年5月15日)
  21. ^ NASA、有人月面着陸計画「アルテミス」のスケジュール発表(AFPBB News 2019年5月24日)
  22. ^ 中国、月面基地を「10年以内に」建設へ(AFPBB News 2019年4月25日)
  23. ^ a b 「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で描かれた2015年10月21日が到来 映画と現実の違いは?”. HUFFPOST (2015年10月20日). 2018年9月6日閲覧。
  24. ^ カブスが108年ぶりの世界シリーズ優勝 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の予言とニアミスだとファン歓喜”. ねとらぼ (2016年11月3日). 2018年9月6日閲覧。
  25. ^ スチュアート・カウリー チャールズ・ヘリッジ 『スターライナーズ 23世紀に活躍する宇宙船』 旺文社、1981年、10・28頁。NCID BN06788919
  26. ^ 喜多川信『空飛ぶ卵の右舷砲』小学館、2018年、10・11・52頁。ISBN 978-4-09-451743-9
  27. ^ 鷹見一幸『宇宙軍士官学校―前哨― 3』早川書房、2013年、277・283 - 285頁。ISBN 978-4-15-031108-7
  28. ^ 鷹見一幸『宇宙軍士官学校―前哨― 5』早川書房、2014年、7 - 111頁。ISBN 978-4-15-031161-2
  29. ^ ロバート・F・ヤング『ジョナサンと宇宙クジラ』早川書房、2006年、90 - 92・96頁。ISBN 978-4-15-011584-5
  30. ^ 小松左京『虚無回廊I』角川春樹事務所、2000年、14・34・75 - 105頁。ISBN 978-4-89456-690-3
  31. ^ Rotating cylinders and the possibility of global causality violation - NASA Astrophysics Data System(英語)。2018年3月16日閲覧。
  32. ^ a b 谷甲州『航空宇宙軍史 終わりなき索敵〔下〕』早川書房、1996年、348頁。ISBN 978-4-15-030570-3
  33. ^ 谷甲州『航空宇宙軍史 エリヌス―戒厳令―』早川書房、1988年、447頁。ISBN 978-4-15-030281-8
  34. ^ 林譲治『ウロボロスの波動』早川書房、2005年、7・8・16頁。ISBN 978-4-15-030815-5
  35. ^ 柳内たくみ『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 1. 接触編〈上〉』アルファポリス、2013年、5 - 10頁。ISBN 978-4-434-17474-2
  36. ^ 山田正紀『神狩り2 リッパー』徳間書店、2010年、12 - 16・55 - 69頁。ISBN 978-4-19-893177-3
  37. ^ 眉村卓他『SF未来戦記 全艦発進せよ!』徳間書店、1986年、381 - 383頁。ISBN 978-4-19-578034-3
  38. ^ 石黒耀『死都日本』講談社、2008年、15・76・126 - 200頁。ISBN 978-4-06-276195-6
  39. ^ @HobbySite (2019年5月8日). ""30 MINUTES MISSIONS"コーナーでは、巨大なアルトの立像が皆様をお出迎え! 初公開となる新商品展示のほか、様々な作例の展示を用意してお待ちしております。" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  40. ^ 『THE 宇宙大戦争』パッケージ ディースリー・パブリッシャー、2005年、裏面。
  41. ^ SIMPLE2000シリーズ Vol.78 THE 宇宙大戦争 - ディースリー・パブリッシャー公式サイト。2018年3月16日閲覧。
  42. ^ 『SCITEX』カタログ トミー、1986年、13・14頁。
  43. ^ 世界観 - 『ソラヒメ ACE VIRGIN -銀翼の戦闘姫-』公式サイト。2018年3月20日閲覧。
  44. ^ 『ソラヒメ~ACE VIRGIN~ -銀翼の戦闘姫-』 オープニングムービー - YouTube(ソラヒメ公式チャンネル)。2016年12月13年、2018年3月20日閲覧。
  45. ^ 『地球解放軍ジアース』取扱説明書 ティーアンドイーソフト、1992年、2頁。
  46. ^ 『SUPER E.D.F.』取扱説明書 ジャレコ、1991年、2・3頁。
  47. ^ 朱川湊人『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』光文社、2013年、255 - 258頁。ISBN 978-4-334-76663-4
  48. ^ 大槻ケンヂ『ステーシーズ 少女再殺全談』角川書店、2008年、27頁。ISBN 978-4-04-184717-6
  49. ^ PCエンジン版『ヘビー・ユニット』取扱説明書 タイトー、1989年、3・4・9頁。
  50. ^ 岩本隆雄『星虫』朝日ソノラマ、2000年、16 - 19・383頁。ISBN 978-4-257-76907-1
  51. ^ 鷹見一幸『再就職先は宇宙海賊』早川書房、2018年、7 - 12頁。ISBN 978-4-15-031324-1
  52. ^ 谷甲州『パンドラ 1』早川書房、2007年、32・57 - 80・108・235 - 299・314 - 321頁。ISBN 978-4-15-030907-7
  53. ^ 谷甲州『パンドラ 2』早川書房、2007年、22・27 - 31・47 - 49・58 - 62・335 - 337頁。ISBN 978-4-15-030908-4
  54. ^ 谷甲州『パンドラ 3』早川書房、2007年、25 - 36・40 - 44頁。ISBN 978-4-15-030909-1
  55. ^ グレッグ・イーガン『ディアスポラ』早川書房、2005年、216 - 220・485・486頁。ISBN 978-4-15-011531-9
  56. ^ ラリイ・ニーヴン『ノウンスペース・シリーズ 太陽系辺境空域』早川書房、1979年、140頁。ISBN 978-4-15-010348-4
  57. ^ ラリイ・ニーヴン『ノウンスペース・シリーズ 地球からの贈り物』早川書房、1979年、9・10頁。ISBN 978-4-15-010359-0
  58. ^ ラリイ・ニーヴン『ノウンスペース・シリーズ 中性子星』早川書房、1980年、269・270頁。ISBN 978-4-15-010400-9
  59. ^ メガドライブ版『サイオブレード』取扱説明書 シグマ商事、1990年、5頁。
  60. ^ 堀晃『バビロニア・ウェーブ』東京創元社、2007年、31 - 33・41 - 46・88頁。ISBN 978-4-488-72201-2
  61. ^ Interstellar Vehicle Propelled By Terrestrial Laser Beam - NASA Astrophysics Data System(英語)。2016年10月27日閲覧。
  62. ^ 『メガブラスト』チラシ タイトー、1989年、裏面。
  63. ^ 世界SF全集 31 世界のSF(短篇集)古典篇』 早川書房、1971年、341 - 372頁。全国書誌番号:75009564
  64. ^ アーサー・C・クラークフレデリック・ポール『最終定理』早川書房、2013年、117 - 119・311 - 314・427 - 473・487 - 491頁。ISBN 978-4-15-011894-5
  65. ^ 川又千秋『創星記〔上〕』早川書房、1989年、27・30・48・49・62 - 66頁。ISBN 978-4-15-030290-0
  66. ^ 川又千秋『創星記〔下〕』早川書房、1989年、170・171頁。ISBN 978-4-15-030291-7
  67. ^ 大江健三郎『治療塔』講談社、2008年、8・24 - 30・50 - 57・219 - 231頁。ISBN 978-4-06-275981-6
  68. ^ 小松左京『継ぐのは誰か?』角川春樹事務所、1998年、46・47・59・68 - 75・89 - 101・212 - 226・249・255 - 263・267 - 271・282 - 310・333 - 335頁。ISBN 978-4-89456-381-0
  69. ^ 星野之宣『2001夜物語【1】』双葉社、1995年、64・74 - 85・98・161 - 195・205・257頁。ISBN 978-4-575-72030-3
  70. ^ 星野之宣『2001夜物語【2】』双葉社、1995年、4 - 32・59・60・136・137頁。ISBN 978-4-575-72031-0
  71. ^ 星野之宣『2001夜物語【3】』双葉社、1995年、221頁。ISBN 978-4-575-72032-7




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「21世紀」の関連用語

21世紀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



21世紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの21世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS