女性とは? わかりやすく解説

じょ‐せい〔ヂヨ‐〕【女性】

読み方:じょせい

おんな。婦人女子一般には、成人した女をいう。「—の社会進出めざましい」「—編集者」⇔男性

インド‐ヨーロッパ語系の文法で、名詞・代名詞形容詞などの性の区別の一。男性中性対する。

[用法] 女性・婦人——「女性(婦人)の地位の向上」「女性(婦人解放運動」など相通じ用いられる場合もある。◇「女性」は江戸時代までは「にょしょう」と読んだ。「じょせいとなったのは明治以降で、欧州語系の文法用語の、男性中性女性としてまず使われるようになったといわれる。◇「婦人」古くからの語で、成人した女性、また人妻の意であった多く文章語として用いられたが、明治以降は男と同等社会的存在としての女を意味する語として使われるようになった。◇「女性」「婦人」複合語多く慣用よるものであり、互いに言い換えることのむずかしいものが多い。「女性的」「女性ホルモン」「婦人科(病)」「婦人警官」など。◇現在では「婦人」という語も女性差別を表す語であるとして、「女性」に言い換える傾向がある。東京都生活文化局の「婦人青少年婦人計画課」は「女性青少年部女性計画課」と名称変更行った。◇これらは、「女性(じょせい)」という語が最もあたらしく、かつ文法語・学用語として使われて、中立的であるからいえよう

「女性」に似た言葉

にょ‐しょう〔‐シヤウ〕【女性】

読み方:にょしょう

女の人じょせい


女性

人口学では普通、子供323-3)を含む全年齢それぞれの性別人口を指す場合、男 1と女 2という表現代りに、男性 1と女性 2という用語が用いられる同じように、少年 3少女 4代えて男の子供 3女の子供 4という用語が用いられる


女性

【英】Gyneco- [Gyn-,Gyne-,Gyno-]
読み方じょせい

女性を表す接頭語

女性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/06 06:28 UTC 版)

女性(じょせい、: γυναίκα: woman)は、男性と対比されるヒト人間)の性別であり、女の人。一般的に「女性」という語は成人の女を指す[1]未成年の女子に対しては「少女」となり、小児の場合は「女の子」や「女児」となる。


注釈

  1. ^ 思春期前の間に「思春期前乳房隆起」が発症する場合がある(ほとんどが2歳以下で発症)[7]
  2. ^ 東京都の都民人口は1395万人(令和2年統計)、その予算は一般会計に特別会計と公営企業会計を合わせた都全体の予算規模は(単純合計で)14兆9594億円となりスウェーデンなどの国家予算を超える予算規模である[32]

出典

  1. ^ 女性(じょせい) とは? 意味・読み方・使い方”. goo辞書. 2023年10月10日閲覧。
  2. ^ woman; Etymology, origin and meaning of woman by etymonline”. Online Etymology Dictionary. 2023年3月8日閲覧。
  3. ^ Stanton, Elizabeth Cady (2002). “The Book of Genesis, Chapter II”. The Woman's Bible: A Classic Feminist Perspective. Mineola, New York: Dover Publications. pp. 21–22. ISBN 978-0486424910. https://archive.org/details/womansbibleclass0000stan. "Next comes the naming of the mother of the race. "She shall be called Woman," in the ancient form of the word Womb-man. She was man and more than man because of her maternity."  (Originally published in two volumes, 1895 and 1898, by The European Publishing Company.)
  4. ^ Where the word ‘woman’ comes from and how it has evolved with the times”. South China Morning Post (2020年3月3日). 2023年3月8日閲覧。
  5. ^ Oxford Dictionary Updates Definition of “Woman” to Be More LGBTQ+ Inclusive”. Them (2020年11月12日). 2023年3月8日閲覧。
  6. ^ Cambridge Dictionary Made Its “Man” and “Woman” Definitions More Trans-Inclusive”. Them (2022年12月14日). 2023年3月8日閲覧。
  7. ^ 妹尾小児科・早発乳房
  8. ^ お母さんの基礎知識(思春期・男の子編)(もっと詳しく…)-神奈川県ホームページ
  9. ^ 「思春期早発症」とは(武田薬品工業)
  10. ^ バストと初経のヒミツの関係
  11. ^ 『初経』をキーにした現代ティーンの成長と体型変化について (PDF)
  12. ^ パンツサイズ(ショーツサイズ)のはかり方|小学生・中学生女の子下着の悩み解決|ガールズばでなび
  13. ^ 大山建司「<総説> 思春期の発現」『山梨大学看護学会誌』第3巻第1号、山梨大学看護学会、2004年、3-8頁、doi:10.34429/00003695ISSN 1347-7714 
  14. ^ https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life10/03.html 「平均寿命の国際比較」日本国厚生労働省 2021年1月17日閲覧
  15. ^ 血友病Q&A(原因や症状 - ヘモフィリアステーション”. 武田薬品工業株式会社. 2023年10月18日閲覧。
  16. ^ 色覚異常、男女で違う割合 目にある3種類の細胞がカギ”. 朝日新聞デジタル. 2019年5月26日閲覧。
  17. ^ 側弯症のQ&A|側弯症TOWN(患者向けサイト)”. 日本側弯症学会. 2023年12月9日閲覧。
  18. ^ 性別の取扱いの変更 裁判所
  19. ^ 性同一性障害”. 一般社団法人 日本形成外科学会. 2023年4月9日閲覧。
  20. ^ 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律第3条第2項に規定する医師の診断書について”. 厚生労働省. 2023年9月16日閲覧。
  21. ^ 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律”. e-Gov法令検索. 2023年9月16日閲覧。
  22. ^ 戸籍上の性別変更要件 最高裁で初弁論 前日に異例の「審問」も”. NHK. 2023年9月27日閲覧。
  23. ^ ”戸籍上性別変更手術必要なし” 鈴木さん喜びを語る 浜松市”. NHKニュース. 2023年10月13日閲覧。
  24. ^ はやく認めてほしい~手術せずに性別変更を求めた理由”. NHKニュース. 2023年10月25日閲覧。
  25. ^ 性別の取扱いの変更 裁判所
  26. ^ 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律”. e-Gov法令検索. 2023年9月16日閲覧。
  27. ^ 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律第3条第2項に規定する医師の診断書について”. 厚生労働省. 2023年9月16日閲覧。
  28. ^ 性別変更、3要件削除を検討 立民・長妻氏”. 時事通信. 2023年11月2日閲覧。
  29. ^ 性別変更、手術要件の有無論点 自民が法改正の検討着手”. 日本経済新聞. 2024年2月15日閲覧。
  30. ^ a b 「ジェンダーとは?」UN Women 日本事務所 2018年9月21日 2020年1月17日閲覧
  31. ^ http://archive.ipu.org/wmn-e/classif.htm 「Women in parliament」列国議会同盟 2019年2月 2021年1月17日閲覧
  32. ^ 東京都の財政 (PDF)
  33. ^ Forbes Japan公式サイト
  34. ^ 「文化人類学キーワード」p62-63 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  35. ^ 「文化人類学キーワード」p142-143 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  36. ^ デイヴィッド・スタサヴェージ 著、立木勝 訳『民主主義の人類史――何が独裁と民主を分けるのか?』みすず書房、2023年(原著2020年)、48頁。 
  37. ^ 江守五夫『母権と父権』弘文堂〈弘文堂選書〉、1973年、149-151頁。 
  38. ^ 金 2011, pp. 96, 170.
  39. ^ 金 2011, p. 25.
  40. ^ 曹惠虹 著、秋山勝 訳『女たちの王国――「結婚のない母系社会」中国秘境のモソ人と暮らす』草思社、2017年(原著2017年)、83頁。 
  41. ^ a b Subir Bhaumik (2013年10月16日). “Meghalaya: Where women call the shots”. Al Jazzera. https://www.aljazeera.com/news/2013/10/16/meghalaya-where-women-call-the-shots 2023年11月27日閲覧。 
  42. ^ Sadiq Bhanbhro (2017年1月13日). “Indonesia’s Minangkabau culture promotes empowered Muslim women”. The Conversation. 2023年11月28日閲覧。
  43. ^ Emmanuel, Olu (2022年1月30日). “Bijagos of Guinea-Bissau : Meet the African tribe where women rule and choose their own husbands”. National Daily Newspaper. https://nationaldailyng.com/bijagos-of-guinea-bissau-meet-the-african-tribe-where-women-rule-and-choose-their-own-husbands/ 2023年9月28日閲覧。 
  44. ^ 「国際教育協力を志す人のために 平和・共生の構築へ」p39 千葉杲弘監修 寺尾明人・永田佳之編 学文社 2004年10月10日第1版第1刷
  45. ^ Yolien De Hauw, André Grow, and Jan Van Bavel (2017-10). “The Reversed Gender Gap in Education and Assortative Mating in Europe”. European Journal of Population 33 (4): 445-474. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6241077/. 
  46. ^ a b クラウディア・ゴールディン 著、鹿田昌美 訳『なぜ男女の賃金に格差があるのか――女性の生き方の経済学』慶応義塾大学出版会、2023年(原著2021年)、103頁。 
  47. ^ キャティー・ケイ、クレア・シップマン 著、田坂苑子 訳『なぜ女は男のように自信をもてないのか』CCCメディアハウス、2015年(原著2014年)、134頁。 
  48. ^ a b Leave no child behind: global report on boys’ disengagement from education. UNESCO. (2022). https://unesdoc.unesco.org/ark:/48223/pf0000381105 
  49. ^ 「オセアニアを知る事典」平凡社 p206 1990年8月21日初版第1刷
  50. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/josi/index.html 「女子差別撤廃条約」日本国外務省 令和4年6月24日 2022年12月25日閲覧
  51. ^ Ⅲ 男女雇用機会均等法成立 30 年を迎えて (PDF) - 厚生労働省 p69 2020年1月17日閲覧
  52. ^ 「フェミニストたちの政治史 参政権、リブ、平等法」p204 大嶽秀夫 東京大学出版会 2017年2月28日初版
  53. ^ Fadu, Jose A., ed (2014). Encyclopedia of Theory & Practice in Psychotherapy & Counseling. LuLu Press. p. 337. ISBN 978-1312078369 
  54. ^ Stearn, William T. (May 1962). “The Origin of the Male and Female Symbols of Biology” (PDF). Taxon 11 (4): 109–113. doi:10.2307/1217734. ISSN 0040-0262. JSTOR 1217734. https://iapt-taxon.org/historic/Congress/IBC_1964/male_fem.pdf 2019年7月19日閲覧。. 
  55. ^ a b Schott, GD (December 2005). “Sex symbols ancient and modern: their origins and iconography on the pedigree” (PDF). The BMJ 331 (7531): 1509–10. doi:10.1136/bmj.331.7531.1509. ISSN 0959-8138. PMC 1322246. PMID 16373733. https://www.bmj.com/content/bmj/331/7531/1509.full.pdf 2019年7月19日閲覧。. 
  56. ^ Miss. Mrs.は古い!?ジェンダーへの気遣いと英語の敬称”. live-english.co.jp. 2023年10月11日閲覧。


「女性」の続きの解説一覧

女性(名前不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 23:18 UTC 版)

XXXHOLiC」の記事における「女性(名前不明)」の解説

近々結婚するため『料理習いたい』という依頼ミセにやって来た柔和な女性。豪邸住んでいる。料理の腕自体別に普通だったが、彼女が作ったじゃがいも煮転がし百目鬼食べた途端顔を顰め、「誰が作ったのか分からない味」と評価する。(侑子モコナ普通に食べている)

※この「女性(名前不明)」の解説は、「XXXHOLiC」の解説の一部です。
「女性(名前不明)」を含む「XXXHOLiC」の記事については、「XXXHOLiC」の概要を参照ください。


女性(ティアラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:44 UTC 版)

NO MORE 映画泥棒」の記事における「女性(ティアラ)」の解説

第2バージョンのみ登場映画盗撮を行うカメラ男唖然とした顔で見つめていた。また自らも違法ダウンロードしたためパトランプ男注意される

※この「女性(ティアラ)」の解説は、「NO MORE 映画泥棒」の解説の一部です。
「女性(ティアラ)」を含む「NO MORE 映画泥棒」の記事については、「NO MORE 映画泥棒」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「女性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

女性

出典:『Wiktionary』 (2021/06/21 12:44 UTC 版)

名詞

 

  1. じょせい
    1. 性別であること又はその人
    2. 言語学)ある言語において名詞形容詞における文法上ののひとつ。生物的な女性・雌性関連するものが多いが、必ずしもそうではない。
  2. にょしょう
    1. 古風女の人

発音(?)

じょ↗せー

用法

語義1-1は、年齢に関係なく性別を示す使い方もあるが、日常語では大人の女をさすため「女性の赤ちゃん」とは通常言わない

類義語

対義語

複合語

翻訳


「女性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



女性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「女性」に関係したコラム

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

  • 株式取引に関する証券会社のセミナーの一覧

    証券会社では、株式に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、株式取引をこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようで...

  • FX業者の開催するセミナーの一覧

    FX業者では、FXに関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、FXをこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女性」の関連用語


2
76% |||||

3
70% |||||

4
70% |||||

5
70% |||||

6
54% |||||

7
54% |||||


9
54% |||||

10
54% |||||

女性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2024 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのXXXHOLiC (改訂履歴)、NO MORE 映画泥棒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの女性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS