性的指向とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > エイズ用語 > 性的指向の意味・解説 

せいてき‐しこう〔‐シカウ〕【性的指向】

その人恋愛感情性的関心が、どの性別対象にしているかということ異性愛同性愛両性愛などがある。性指向


性的指向

Sexual orientation

【概要】 性行為対象として、男性に向くか女性に向くかという分類。「性的指向は同性」という言い方正しい。同性愛異性愛両性愛という"愛"という概念は入らなくてもよい。性的指向は「先天的なもの」と「環境による」という両方の説があるが、両方ミックスされているのではないか少なくとも意図的に選んだ「志向」や「嗜好」ではない。

《参照》 同性愛セックスジェンダー


性的指向

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 00:46 UTC 版)

性的指向(せいてきしこう、: sexual orientation)は、同じまたは異なる性別ジェンダー間において恋愛(ロマンチック・ラブ)性愛、または性的魅力を感じるパターンであり、異性愛(ヘテロセクシュアリティ)、同性愛(ホモセクシュアリティ)、両性愛(バイセクシュアリティ)などがある[1][2]無性愛を含む場合もある[3][4]。これ以外にも、性的アイデンティティを表すカテゴリーとして、全性愛(パンセクシュアリティ)、多性愛(ポリセクシュアリティ)などがある[1][5]




  1. ^ a b c Sexual orientation, homosexuality and bisexuality”. American Psychological Association. 2013年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月10日閲覧。
  2. ^ Sexual Orientation”. American Psychiatric Association. 2011年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月1日閲覧。
  3. ^ Melby, Todd (November 2005). “Asexuality gets more attention, but is it a sexual orientation?”. Contemporary Sexuality 39 (11): 1, 4–5. 
  4. ^ Marshall Cavendish Corporation, ed (2009). “Asexuality”. Sex and Society. 2. Marshall Cavendish. pp. 82–83. ISBN 978-0-7614-7905-5. https://books.google.com/books?id=aVDZchwkIMEC&pg=PA82 2013年2月2日閲覧。 
  5. ^ Firestein, Beth A. (2007). Becoming Visible: Counseling Bisexuals Across the Lifespan. Columbia University Press. p. 9. ISBN 0231137249. https://books.google.com/books?id=1pCKkZmBU1EC&pg=PA9 2012年10月3日閲覧。 
  6. ^ 性的指向及び性自認を理由とする偏見や差別をなくしましょう”. 法務省. 2021年1月14日閲覧。
  7. ^ ダイバーシティ・インクルージョン社会の実現に向けて”. 一般社団法人日本経済団体連合会. 2021年1月14日閲覧。
  8. ^ 「LGBT」「SOGI(性的指向・性自認)」ってなに?”. 日本労働組合総連合会. 2021年1月14日閲覧。
  9. ^ 気が付いてる?「LGBT」「SOGI」ってなに?”. 日本労働組合総連合会. 2021年1月14日閲覧。
  10. ^ sexual orientation "also refers to a person's sense of identity based on those attractions, related behaviors, and membership in a community of others who share those attractions".
  11. ^ Case No. S147999 in the Supreme Court of the State of California, In re Marriage Cases Judicial Council Coordination Proceeding No. 4365(...) - APA California Amicus Brief — As Filed (PDF)”. p. 30. 2013年3月13日閲覧。
  12. ^ Schmidt J (2010). Migrating Genders: Westernisation, Migration, and Samoan Fa'afafine, p. 45 Ashgate Publishing, Ltd., 978-1-4094-0273-2
  13. ^ 性の多様性(図解)”. LGBT法連合会. 2021年1月14日閲覧。
  14. ^ LGBTって何?”. LGBT理解増進会. 2021年1月14日閲覧。
  15. ^ a b 【声明】性的指向と恋愛指向の混同は人権侵害である”. 日本SRGM連盟. 2021年1月7日閲覧。
  16. ^ a b c 「性的指向と恋愛指向の混同は人権侵害」性的少数者団体が声明”. 選報日本. 2021年1月7日閲覧。
  17. ^ a b “Avoiding Heterosexual Bias in Language”. American Psychological Association. http://www.apa.org/pi/lgbt/resources/language.aspx. "The term sexual orientation is preferred to sexual preference for psychological writing and refers to sexual and affectional relationships of lesbian, gay, bisexual, and heterosexual people. The word preference suggests a degree of voluntary choice that is not necessarily reported by lesbians and gay men and that has not been demonstrated in psychological research." 
  18. ^ Friedman, Lawrence Meir (1990). The republic of choice: law, authority, and culture. Harvard University Press. p. 92. ISBN 978-0-674-76260-2. https://books.google.com/books?id=Z6iYwTFY5mIC&lpg=PA92 2012年1月8日閲覧。 
  19. ^ Heuer, Gottfried (2011). Sexual revolutions: psychoanalysis, history and the father. Taylor & Francis. p. 49. ISBN 978-0-415-57043-5. https://books.google.com/books?id=d3s_vH5YV-gC&lpg=PA49 2011年1月8日閲覧。 
  20. ^ Frankowski BL; American Academy of Pediatrics Committee on Adolescence (June 2004). “Sexual orientation and adolescents”. Pediatrics 113 (6): 1827–32. doi:10.1542/peds.113.6.1827. PMID 15173519. http://pediatrics.aappublications.org/content/113/6/1827.long. 
  21. ^ Gloria Kersey-Matusiak (2012). Delivering Culturally Competent Nursing Care. Springer Publishing Company. p. 169. ISBN 0826193811. https://books.google.com/books?id=X8O_wGedAYoC&pg=PA169 2016年2月10日閲覧. "Most health and mental health organizations do not view sexual orientation as a 'choice.'" 
  22. ^ Lamanna, Mary Ann; Riedmann, Agnes; Stewart, Susan D (2014). Marriages, Families, and Relationships: Making Choices in a Diverse Society. Cengage Learning. p. 82. ISBN 1305176898. https://books.google.com/books?id=fofaAgAAQBAJ&pg=PA82 2016年2月11日閲覧. "The reason some individuals develop a gay sexual identity has not been definitively established  – nor do we yet understand the development of heterosexuality. The American Psychological Association (APA) takes the position that a variety of factors impact a person's sexuality. The most recent literature from the APA says that sexual orientation is not a choice that can be changed at will, and that sexual orientation is most likely the result of a complex interaction of environmental, cognitive and biological factors...is shaped at an early age...[and evidence suggests] biological, including genetic or inborn hormonal factors, play a significant role in a person's sexuality (American Psychological Association 2010)." 
  23. ^ 精神障害の診断と統計マニュアル』第4版DSM-IV-TR「11章 性障害および性同一性障害(Sexual and Gender Identity Disorders)」
  24. ^ (International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems),ICD-10 第5章:精神と行動の障害(F60-F69) 成人のパーソナリティおよび行動の障害:F64 性同一性障害
  25. ^ ICD-10 第5章:精神と行動の障害F66,Psychological and behavioural disorders associated with sexual development and orientation. Note:Sexual orientation by itself is not to be regarded as a disorder.
  26. ^ 『プライベート・ゲイ・ライフ―ポスト恋愛論』(学陽書房,伏見憲明)。
  27. ^ Mété D, Dafreville C, Paitel V, Wind P. (2016-2-25). “[Aripiprazole, gambling disorder and compulsive sexuality].”. Encephale. S0013-7006 (16): 00004-X. doi:10.1016/j.encep.2016.01.003. PMID 26923999. 
  28. ^ Grall-Bronnec M, Sauvaget A, Perrouin F, Leboucher J, Etcheverrigaray F, Challet-Bouju G, Gaboriau L, Derkinderen P, Jolliet P, Victorri-Vigneau C. (2016-2). “Pathological Gambling Associated With Aripiprazole or Dopamine Replacement Therapy: Do Patients Share the Same Features?”. J Clin Psychopharmacol. 36 (1): 63-70. doi:10.1097/JCP.0000000000000444. PMC: 4700874. PMID 26658263. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4700874/. 
  29. ^ BORN FREE AND EQUAL - Sexual orientation and gender identity in international human rights law (国際連合人権高等弁務官事務所、2012年)
  30. ^ 中村民雄「欧州憲法条約 ―解説及び翻訳―」衆憲資第 56号,衆議院憲法調査会事務局,平成16年9月.p.88.
  31. ^ 「欧州憲法条約」朝日新聞出版発行「知恵蔵」
  32. ^ JOC - オリンピズム | オリンピック憲章”. www.joc.or.jp. 2020年10月30日閲覧。
  33. ^ 村木真紀「虹色ダイバーシティ(1) 職場で働く性的少数者たち |性的マイノリティの目線から見える社会」大阪同和・人権問題企業連絡会
  34. ^ a b NHKオンライン-虹色 「国連総会で人権と性的指向・性自認に関する声明が提出」




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性的指向」の関連用語

性的指向のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性的指向のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2021, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性的指向 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS