国連総会とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 国連総会の意味・解説 

こくれん‐そうかい〔‐ソウクワイ〕【国連総会】

読み方:こくれんそうかい

国際連合主要機関一つで、安全保障理事会と並ぶ最高機関。全加盟国によって構成され国連憲章範囲内にあるすべての問題事項について討議し勧告することができるが、安全保障理事会異なり決定事項拘束力はない。毎年1回9月定期総会を開くほか、特別総会や緊急特別総会開かれることもある。議案採決では、各国が1票の投票権をもつ。議長は、世界五つ地域による持ち回り選出される国際連合総会UNGAUnited Nations General Assembly)。


国連総会(こくれんそうかい)

国連主要機関として設置され討議勧告の場

国際平和と安全の維持目的とする国際連合国連)の目的を達成するため、国連中心に位置する主要機関国連の活動に関する事項の討議決議勧告などを行う。

国連加盟するすべての国の代表構成され予算審議し承認したり、国連憲章定めに従い国際的な問題討議したりしている。また、加盟国安全保障理事会に対して勧告をするのも国連総会の大きな役割だ。

加盟国は、現在 189数える。世界にあるほとんどの国が国連に加盟し総会顔を合わせているわけだ。国連総会では各国一票議決権を持っていて、通常の事案については、出席し投票する加盟国過半数賛成によって決定するこのほか3分の2以上の賛成必要とする要事案もある。

通常会期は毎年9月始まりニューヨークにある国連本部総会開かれている。総会では、加盟国の代表による一般演説が行われ、自国政策アピールするともなっている。また、安全保障理事会要請があるか、または国連加盟国過半数要請があったときには事務総長特別会期招集する

今年の場合、アメリカで発生した同時多発テロ事件影響のため、一般演説がいつもより延期されていた。

関連キーワード「安全保障理事会
関連キーワード「国連分担金

(2001.11.13更新


国際連合総会

(国連総会 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 10:16 UTC 版)

国際連合総会こくさいれんごうそうかい英語: United Nations General Assembly)は、国際連合主要機関の一つ。基本的に全ての国際連合加盟国が参加する。


  1. ^ a b c d e 松下佳世「ニュースがわからん!――鳩山首相国連演説するんだって?――米ロ韓大統領も初登場各国の発言に注目だね」『朝日新聞』44329号、14版、朝日新聞東京本社2009年9月19日、2面。
  2. ^ Rules of procedure”. United Nations. 2014年9月22日閲覧。 “Rules of procedure
    Rule 8
    (a) Special sessions of the General Assembly shall be convened within fifteen days of the receipt by the Secretary-General of a request for such a session from the Security Council or from a majority of the Members of the United Nations or of the concurrence of a majority of Members as provided in rule 9.”
  3. ^ Rules of procedure”. United Nations. 2014年9月22日閲覧。 “Rules of procedure
    Rule 8
    (b) Emergency special sessions pursuant to General Assembly resolution 377 A (V) shall be convened within twenty-four hours of the receipt by the Secretary-General of a request for such a session from the Security Council, on the vote of any nine members thereof, or of a request from a majority of the Members of the United Nations expressed by vote in the Interim Committee or otherwise, or of the concurrence of a majority of Members as provided in rule 9.”
  4. ^ 国際連合「総会手続規則」規則103、国連文書番号A/520/Rev.17、2007年。国連広報センター。


「国際連合総会」の続きの解説一覧

国連総会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 06:32 UTC 版)

核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見」の記事における「国連総会」の解説

国連総会もまた、その決議49/75Kに基づき1994年12月に以下の諮問行った日本語訳核兵器による威嚇やその使用は、なんらかの状況において国際法下に許されることがあるか。 原文:Is the threat or use of nuclear weapons in any circumstances permitted under international law? — 国連総会諮問

※この「国連総会」の解説は、「核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見」の解説の一部です。
「国連総会」を含む「核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見」の記事については、「核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見」の概要を参照ください。


国連総会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 03:37 UTC 版)

HRC/RES/48/13」の記事における「国連総会」の解説

決議自体には法的拘束力がないが、人権理事会は「国連総会にこの問題清潔で健康的かつ持続可能な環境に対する人権)を検討するよう呼びかけている」。

※この「国連総会」の解説は、「HRC/RES/48/13」の解説の一部です。
「国連総会」を含む「HRC/RES/48/13」の記事については、「HRC/RES/48/13」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国連総会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「国連総会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国連総会」の関連用語

国連総会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国連総会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2022 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際連合総会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見 (改訂履歴)、HRC/RES/48/13 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS