ミレニアム開発目標とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 国際関係用語 > ミレニアム開発目標の意味・解説 

MDGs

読み方エム・ディー・ジーズ
英文正式名Millennium Development Goals
日本名(略称):ミレニアム開発目標

貧困削減保険教育改善環境保護に関して2015年までに国際社会達成すべき目標として、2000年9月国連ミレニアム宣言をもとに策定された。極度貧困飢餓撲滅普遍的初等教育達成、HIV/エイズマラリア、その他の疾病蔓延防止など8つの目標を掲げている。

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

ミレニアム開発目標

【英】:MDGs, Millennium Development Goals

2000年9月189カ国の首脳出席した国連ミレニアム・サミットでの合意をもとに設定された国際社会共通の開発目標。これは、1990年代多く国際会議サミット提唱された開発目標統合し、一つの共通の枠組みとしてまとめたもので、2015年までに各国達成すべき8目標定めている。8つの目標とは、1)極度貧困飢餓撲滅、2)普遍的初等教育達成、3)ジェンダーの平等の推進女性地位向上、4)乳幼児死亡率削減、5)妊産婦の健康の改善、6)HIV/エイズマラリア、その他の疾病蔓延防止、7)環境持続可能性確保、8)開発のためのグローバル・パートナーシップの推進、である。過去開発援助経験から、成果重視する動き生まれ、ミレニアム開発目標では達成期限具体的な数値目標設定されている。2008年1月15日には数値目標内容改訂され、保健医分野直接関連している項目では、リプロダクティブ・ヘルスへの普遍的アクセス達成と、2010年までに必要に応じたHIV/エイズ治療への普遍的アクセス達成などが新たに加えられた。
ミレニアム開発目標は、援助国が開発途上国側面支えること(パートナーシップとともに開発途上国が自ら責任を持って開発取り組むこと(オーナーシップ)を重視している。また、ミレニアム開発目標は分野ごとの開発目標示しているが、貧困ジェンダーなどの分野横断的視点に基づいた取り組みも必要である。
池上清子

参考URL国連開発計画東京事務所ホームページ http://www.undp.or.jp/

ミレニアム開発目標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/10 12:16 UTC 版)

ミレニアム開発目標(ミレニアムかいはつもくひょう、英語: Millennium Development Goals: MDGs〈エムディージーズ〉)とは、2000年9月ニューヨークで開催された国連ミレニアム・サミットにて採択された国連ミレニアム宣言と、1990年代に開催された主要な国際会議やサミットで採択された国際開発目標を統合し、一つの共通の枠組みとしてまとめられたものである。単にミレニアム目標とも呼ばれる。






「ミレニアム開発目標」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミレニアム開発目標」の関連用語

ミレニアム開発目標のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミレニアム開発目標のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミレニアム開発目標 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS