ミレニアム生態系評価とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 評価 > ミレニアム生態系評価の意味・解説 

ミレニアム生態系評価

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/06 03:23 UTC 版)

ミレニアム生態系評価(ミレニアムせいたいけいひょうか、英語:Millennium Ecosystem Assessment, MA)とは国際連合の提唱によって2001年2005年に行われた地球規模の生態系に関する環境アセスメント




[ヘルプ]
  1. ^ ミレニアム生態系評価では生態系サービスを次の4種類に分類する。
    * 供給サービス - 食糧・水・木材などの提供
    * 調整サービス - 気候維持・洪水予防・廃棄物分解など
    * 文化的サービス - レクレーション・精神的な恩恵
    * 基盤サービス - 栄養塩循環・光合成など
  2. ^ a b EICネット "ミレニアム・エコシステム・アセスメント"
  3. ^ Millennium Ecosystem Assessment 「原著序文」『国連ミレニアム エコシステム評価』vii
  4. ^ a b c d e f Millennium Ecosystem Assessment 「緒言」『国連ミレニアム エコシステム評価』xiii-xviii
  5. ^ a b c d e 国連大学高等研究所『ミレニアム生態系評価概要』
  6. ^ 『ミレニアム生態系評価概要』では関連する国際条約として、生物多様性条約(CBD)・砂漠化対処条約(CSD)・ラムサール条約移動性野生動物種の保全に関する条約(CMS)が例示されている。
  7. ^ a b Millennium Ecosystem Assessment 「意志決定者のための要約」『国連ミレニアム エコシステム評価』1-44ページ。
  8. ^ Millennium Ecosystem Assessment 「生態系を持続的に管理するためにはどのような選択肢があるか?」『国連ミレニアム エコシステム評価』156-173ページ。
  9. ^ Millennium Ecosystem Assessment 「付録B 対策の有用性」『国連ミレニアム エコシステム評価』208-218ページ。
  10. ^ Millennium Ecosystem Assessment 「目次」『国連ミレニアム エコシステム評価』xxi-xxii
  11. ^ 詳細な個別の対策は参考資料『国連ミレニアム エコシステム評価』35-36ページ「特定部門に対する有望かつ効果的な対策の例」および208-218ページ「付録B 対策の有用性」を参照されたい。


「ミレニアム生態系評価」の続きの解説一覧



ミレニアム生態系評価と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミレニアム生態系評価」の関連用語

ミレニアム生態系評価のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミレニアム生態系評価のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミレニアム生態系評価 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS