淡水とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > > 淡水の意味・解説 

たん‐すい【淡水】

読み方:たんすい

塩分をほとんど含まない。まみず。

「淡水」に似た言葉

たんすい【淡水】

読み方:たんすい

台湾北部淡水河河口地名貿易港として栄えた。タンショイ。


淡水

読み方:タンスイ(tansui)

塩分濃度きわめて低い


淡水

淡水

湖の一角、あるいは専用プール設けたボートレース場は淡水になる。淡水は海水よりも硬い


淡水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/24 03:01 UTC 版)

淡水(たんすい)あるいは真水(まみず)とは、第1義として、塩分濃度の低いの包括的呼称(地球を含む宇宙天体上に存在する)[1]。第2義としては、陸棲の生物生体維持のために利用可能な程度に塩分濃度が低い水のことである(地球にのみ存在する。cf. 水#生物と水)。


注釈

  1. ^ ヨーロッパで言う "drinking water fountain"、"drinking fountain"、いわゆる、飲用泉。

出典

  1. ^ 淡水(たんすい)の意味 - goo国語辞書”. goo国語辞書. 2019年11月13日閲覧。
  2. ^ freshwater” (英語). Dictionary.com. 2010年4月7日閲覧。
  3. ^ 田中 2009, p. 12.
  4. ^ a b 横瀬久芳、2015、『はじめて学ぶ海洋学』、朝倉書店 ISBN 978-4-254-16070-3 pp. 57-58
  5. ^ 田中 2009, pp. 12–13.
  6. ^ Groundwater Glossary” (英語). (official website). Groundwater Foundation (2006年3月27日). 2006年5月14日閲覧。


「淡水」の続きの解説一覧

淡水(たんすい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 01:41 UTC 版)

日出処の天子」の記事における「淡水(たんすい)」の解説

難波吉士氏の縁戚であり、日羅来日に伴い新羅より渡来する花郎一員思われ厩戸弥勒仙花の生まれ変わりとしてこの上なく崇め、その厩戸を「人の子でも神人でもない」と誹謗した日羅暗殺し一度帰国したものの厩戸忘れられず、吉備海部羽嶋頼って再来日を果たす。以降迹見赤檮名乗って彦人王子舎人となるが、実質厩戸舎人である。厩戸片腕として主に諜報活動非凡な能力発揮するが、冷静、沈着非情であり、厩戸のためには暗殺厭わず遂行する

※この「淡水(たんすい)」の解説は、「日出処の天子」の解説の一部です。
「淡水(たんすい)」を含む「日出処の天子」の記事については、「日出処の天子」の概要を参照ください。


淡水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 15:00 UTC 版)

水圏生態系」の記事における「淡水」の解説

淡水生態系地球表面の0.78%、総水量の0.009%を占める。淡水生態系は、地球純一産出量の約3%を生み出している。淡水生態系世界魚類41%が生息している。 淡水生態系には、基本的に3つの種類がある。 静水止水):水たまり、池、湖など、ゆっくりと動く 動水小川や川など、動き速い 湿地少なくとも一時的に土壌飽和しているか、浸水している水域

※この「淡水」の解説は、「水圏生態系」の解説の一部です。
「淡水」を含む「水圏生態系」の記事については、「水圏生態系」の概要を参照ください。


淡水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 15:06 UTC 版)

アクアリウム」の記事における「淡水」の解説

塩分濃度0.5%未満場合を指す。最も手軽なため、まずここから入門することが多い。水草種類非常に多いことが特徴水草流木石など用いてレイアウトを楽しむこともある。

※この「淡水」の解説は、「アクアリウム」の解説の一部です。
「淡水」を含む「アクアリウム」の記事については、「アクアリウム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「淡水」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

淡水

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:28 UTC 版)

名詞

たんすい

  1. 塩分ほとんど含まない

発音(?)

た↗んすい

対義語

関連語


「淡水」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



淡水と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「淡水」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
100% |||||

6
90% |||||


8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

淡水のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



淡水のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
BOAT RACE OFFICIAL WEB SITEBOAT RACE OFFICIAL WEB SITE
COPYRIGHT© BOAT RACE OFFICIAL WEB ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの淡水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日出処の天子 (改訂履歴)、水圏生態系 (改訂履歴)、アクアリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの淡水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS