諜報活動とは? わかりやすく解説

諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/29 17:00 UTC 版)

諜報活動(ちょうほうかつどう)とは、もっぱら国家の安全保障にまつわる、インテリジェンスをはじめとした[注 1]情報に関する活動である。


注釈

  1. ^ 乱数放送や撹乱目的など、情報が出る向きの活動もある。

出典

  1. ^ "諜報活動とは、秘匿されている情報を入手するために行われる活動を意味する" 小泉純一郎. (2006). 衆議院議員鈴木宗男君提出諜報活動の定義に関する質問に対する答弁書. 内閣衆質一六四第三四号.
  2. ^ 佐藤優『インテリジェンス人間論』新潮社、2007年12月
  3. ^ “首相動静「知る権利を超えている」小池元防衛相の発言をどう見るか”. THE PAGE. (2013年10月30日). http://thepage.jp/detail/20131030-00000002-wordleaf 2013年11月23日閲覧。 
  4. ^ 佐藤優【佐藤優の眼光紙背】サイバー攻撃に関するコリント[協力諜報]を強化せよ 2011年09月21日16時31分 / 提供:眼光紙背


「諜報活動」の続きの解説一覧

諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/19 09:38 UTC 版)

ワシリー・ミトロヒン」の記事における「諜報活動」の解説

第二次世界大戦後1948年より、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国務省MGB[要曖昧さ回避])で対外諜報活動を始める。1950年代には諸外国潜入諜報活動を始める。1956年にはメルボルンオリンピックソ連チーム同行しオーストラリアで諜報活動を行ったその後ミトロヒンは、現場からデスクワーク文書管理業務を行う

※この「諜報活動」の解説は、「ワシリー・ミトロヒン」の解説の一部です。
「諜報活動」を含む「ワシリー・ミトロヒン」の記事については、「ワシリー・ミトロヒン」の概要を参照ください。


諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 07:51 UTC 版)

欧州対外行動局」の記事における「諜報活動」の解説

外交部局の統合にともない欧州委員会理事会情報収集活動を担う組織統合された。もともと情報収集活動理事会合同情勢センター監視機関欧州委員会危機管理室などが担当してきた。合同情勢センター110人の職員有し加盟各国からは情報分析官が派遣され、重要案件についての報告書作成して機密情報蓄積する合同情勢センター24時間体制活動し直面する案件について静止衛星を通じて欧州連合の外交官に情報提供している監視機関12人の警察官軍人構成され欧州連合域外でのミッションから情報収集してきた。 欧州委員会危機管理室は6人の委員会職員運営され公開情報欧州連合在外公館からの情報をもとに世界118紛争案件に関する速報報じるウェブサイト運営している。危機管理室は統計分析用いた手法テレビ放送をキーワードで分析するソフトウェア使用している統合新機関の詳細未確定であるが、2004年マドリード列車爆破テロ事件ベルギーオーストリア提唱してたような加盟国情報機関と同様機密活動行なわないことになっている合同情勢センター危機管理室は統合され上級代表下に置かれている。諜報機関上級代表オフィス近くに設置され総局長と職員およそ160人、毎年1000万から2000ユーロ予算規模運営されている。諜報機関には情報技術専門家科学者戦略担当官派遣され諜報員在籍している。また危機発生地人員派遣して情報収集し、また世界中欧州連合代表部との24時間態勢ホットライン有している。諜報機関上級代表に、理事会政治・安全保障委員会を経ることもなく緊急時においては直接かつ強力な情報提供する

※この「諜報活動」の解説は、「欧州対外行動局」の解説の一部です。
「諜報活動」を含む「欧州対外行動局」の記事については、「欧州対外行動局」の概要を参照ください。


諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 07:58 UTC 版)

戦闘員」の記事における「諜報活動」の解説

一般に軍隊構成員であって、諜報活動(情報収集) を行う者は間諜スパイ)として取り扱われ捕虜待遇与えられない。ただし、以下の場合例外である。 情報収集行っている間に軍服着用している場合は、その情報取集行為は諜報活動ではなくしたがっ間諜とはならない敵対する紛争当事者占領する地域住民は、①虚偽口実に基づ行為による情報取集と②故意にひそかな方法での情報収集のみが諜報活動とされ、それ以外情報収集をしても諜報活動には当てはまらないまた、例え諜報活動(虚偽口実に基づ行為による情報取集故意にひそかな方法での情報収集)をした場合でも、諜報活動を行っている最中に敵に捕らえられない限り間諜とはならない敵対する紛争当事者占領する地域住民でない者は、諜報活動を行っても、所属軍隊復帰する前に敵に捕らえられない限り間諜とはならない間諜スパイ)は、捕虜となる権利有しないというだけであって戦闘員資格自体はあり、諜報活動(スパイ行為)も国際法違反するというわけではない

※この「諜報活動」の解説は、「戦闘員」の解説の一部です。
「諜報活動」を含む「戦闘員」の記事については、「戦闘員」の概要を参照ください。


諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 16:35 UTC 版)

マリネラ王国」の記事における「諜報活動」の解説

各国への諜報活動はタマネギ部隊1部門である黒タマネギ部隊が行う。詳細内部リンク参照また、かつての警察長官によってカムチャッカ対外情報部置かれたが、それ以来連絡途絶えているため詳細不明。 またタマネギ予備軍から選ばれた10代少年達構成される部隊である紫タマネギ各国首脳愛人として送り込まれ1年間情報収集従事する修了すれば正式隊員として採用されるが、本当の愛人になり退任する者がおよそ1/3おり、採用率は低い。しかしパタリロは愛人になる者に関して容認している。 防諜組織については「文化広報局」という名でカモフラージュされており、国内でも存在を知るものはごくわずかである。マリネラ潜入した旧ソ連からのスパイ数名行方不明になっており、広報局活動よるものと見られる。なお、組織の長警察庁長官兼任している。擬装機関としての情報部別に存在するまた、マリネラ空港には最新鋭犯罪者探知システム存在し犯罪者スパイ発見可能にしている。 その一方国家内密な通信専用回線行われているが、伝言ゲーム要領伝達するため暗号の誤読多発し、重要情報の伝達国王暗殺犯逮捕失敗した事がある。この事実から通信環境に関して高い技術力に反してあまり良いとは考えにくいまた、マリネラサイト閲覧者少なく(ほとんどが他国諜報員であるとされる)、およそ月に一回しか更新されない。 またスパイ防止法は未制定であり、CIAからの民間人スパイをパタリロが看破した際に国外退去処分しかできなかった。 またパタリロ8世個人的な情報収集国内では国王悪口を言う者の情報国外で儲け話)を行う組織として影タマネギ部隊存在する

※この「諜報活動」の解説は、「マリネラ王国」の解説の一部です。
「諜報活動」を含む「マリネラ王国」の記事については、「マリネラ王国」の概要を参照ください。


諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 06:03 UTC 版)

メリタ・ノーウッド」の記事における「諜報活動」の解説

NKVD諜報員としてキャリアは1930年代中頃始まり当初はロンドンのウリッジ・スパイ・リング(英語版)の一員として活動した1938年1月にはウリッジ・スパイ・リングの3人逮捕されそれぞれ3年から6年実刑判決受けたが、ノーウッド拘留されることはなかった。その間に、モスクワで起きた大粛清のうねりが元で NKVD海外諜報活動が大幅縮小されることになり、ノーウッド雇用者ソ連海外諜報活動を担う軍機関・連邦軍参謀本部情報総局 (GRU) へと変わったソビエト側の指令者から与えられるコードネームはどんどん変わっていったが、最後のものは「エージェント・ホラ」"Agent Hola" であった英国非鉄金属研究協会英語版)の長、G・Lベイリー (G.L. Bailey) の個人秘書英語版)という立場利用し彼女はイギリス原子爆弾計画チューブ・アロイズに関する情報を、ソビエト側の指令者に横流ししていた。ベイリーチューブ・アロイズ助言機関一員だった。ジェレミー・バーンスタイン(英語版によればベイリーは「ノーウッド政治的関係に関して憂慮しており、彼女に何も明かさないよう腐心していた」という。 1958年にはソビエト連邦から労働赤旗勲章与えられたしかしながらこれにより得られる年金受給拒んでいたという。 1965年イギリス保安局ノーウッド安全保障上のリスクであると察知するが、自分たちの方法が曝露されないようにと、ノーウッドに対する尋問差し控えた彼女は1972年引退した1986年には夫が亡くなったが、1999年ノーウッド明かしたところによると、この夫は妻が諜報員として働くことには不賛成であったという。ベクスリーヒースの隣人たちノーウッド左翼思想気付いていたものの、1999年に彼女がスパイだったと曝露され時には隣人たちだけでなく彼女の娘まで驚きを持って接した

※この「諜報活動」の解説は、「メリタ・ノーウッド」の解説の一部です。
「諜報活動」を含む「メリタ・ノーウッド」の記事については、「メリタ・ノーウッド」の概要を参照ください。


諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/27 14:53 UTC 版)

ウィリアム・プレイフェア」の記事における「諜報活動」の解説

1793年諜報員としてプレイフェアは、戦時中国務長官になるイギリス内務大臣のヘンリー・ダンダスに秘密計画提案した。その一つとして、「1億アッシニアフランス通貨)を作成してフランス広める」ことを提案した国力は人と金から測ることができるので、血を流す戦いよりも偽造通貨ばら撒くほうがより悪質な方法だと考えたのであるノーサンバーランドにあるホートン城でアッシニア偽造し綿密な計画に従ってそれらを配布した計画うまくいき、1795年までにアッシニア価値なくなりその後の混乱フランス政府弱体化させた。 プレイフェアはその作戦について誰か話すことはなかった。

※この「諜報活動」の解説は、「ウィリアム・プレイフェア」の解説の一部です。
「諜報活動」を含む「ウィリアム・プレイフェア」の記事については、「ウィリアム・プレイフェア」の概要を参照ください。


諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 08:50 UTC 版)

かげろうお銀」の記事における「諜報活動」の解説

お銀劇中専ら色仕掛けで悪人迫り上機嫌にさせたところで悪事聞き出すもしくは悪事証拠証書等)を奪取するといったパターンの諜報活動を行っているその中でも、特に入浴シーンお銀代名詞とも言える存在になっており、番組中で終盤印籠を出すシーンと並んでお銀入浴シーン視聴率瞬間的に上がるされていたお銀の諜報活動は概ね、以下の4パターンのどれかに分類されるパターン1入浴お銀が町娘に扮し代官悪徳商人屋敷に「下働きがしたいと言って上がり込む最初用心棒との押し問答になるが悪人目に留まり汚れを落とすために風呂案内される悪人お銀混浴すべく風呂場上がり込むが、お銀振り向くと忍術により湯が波しぶき上げて悪人襲いかかり、悪人パニックになっている所で飛猿現れて悪人気絶させるこの他に、お銀入っていたはずの風呂場何故か悪人夫人入っていて、お銀の名前を呼んだことを問い詰められパターン等も存在するパターン2芸者悪人同士謀議をしている所に芸者・銀奴(ぎんやっこ)として登場(お娟になってからは、娟奴(えんやっこ)として登場)。芸者複数いる場合でも、見慣れぬ顔(新顔)だな、名を何と申す」「こいつは上玉だな」などと必ず目に留まり最重要人物近くに来ることができる。眠り薬入れた酌を注いで上機嫌になっている所で悪事聞き出すが、酔った勢いで布団や床へ引きずり込まれされて手籠めにされそうになり、まずいと思った所でようやく眠り薬効き目現れて悪人熟睡し、「危なかった」とつぶやく。飛猿がいたときには実際に眠り薬調合した飛猿に対し効きが遅いことをとがめることもあった。時には眠り薬使わず、「汗を流したい」と言って悪人風呂誘いパターン1入浴シーンになることもある。 パターン3壺振り師)丁半博打が行われる賭場壺振り師として現れサイコロ目を胴元リクエストした通りに出してみせるが(さらにゾロ目サイコロ積み実力がある事を見せつける事もある)、いざ客を入れた本番になると胴元いかさま賭博疑念向けられるうな目連発する。また賭博を行う前に風呂に入るよう勧められたり、壺振り気に入った親分その場居合わせた代官個室へと誘われ酌をする等、パターン1・2の状態になることもある。なお、銀が壺振り師に扮する際の口上では「紀州生まれ」を称している。 パターン4(真夜中声かけ真夜中に酒に酔った悪人の手下を見つけ、「私と飲み直さない」等と誘い出し言葉巧みに手下から悪事聞き出すお銀悪人に酒の酌をするがその酒の中に毒薬入っており、悪人が毒で苦しみ出したところで「悪事正直に白状した解毒をあげるよ」と駆け引きを行うパターンもある。酒の中に入っているのが眠り薬の場合もあり、眠らされ悪人目を覚ますお銀飛猿によって縄で縛り上げられており、悪人お銀飛猿に「正直に白状しないと命はないぞ」と脅され悪事白状するというパターンその後印籠を出すシーン前後悪人が縄で縛られた態で悪事証拠として突き出されるというパターン存在した時には飛猿がなかなか登場せずお銀一髪のところで現れ「遅いじゃないのさ」と飛猿に言うシーンもある。 上記の諜報活動以外にそれまでシリーズの中で弥七が行っていたのと同様忍装束姿で天井裏忍び込み悪人達の密談盗み聞いて水戸老公報告するという、通常の忍者としての諜報活動も行っていた。稀に不審に感じた悪人が刀や天井突いて確かめようとするパターンがあったが、お銀気配消してやり過ごすことで悪人が「気のせいか…」と言って警戒を解く、あるいはお銀が「チュッ チュッ」とネズミ鳴き真似をして悪人が「なんだネズミか…」と言って警戒を解くことでその場乗り切るというのがほとんどであったまた、芸者扮して悪人達がいる座敷外で密談盗み聞くこともあった。こちらも悪人気付かれるパターンがあり、気配察した悪人素早く障子開けると、そこにいた芸者姿のお銀が「御座敷間違えました」「酔っぱらってしまいまして」などと言って誤魔化し悪人そのままお銀見逃場合と、お銀気に入った悪人座敷お銀連れ込んでパターン2の酌をさせる展開となるのが基本パターンであったが、悪人不審に思いお銀捕えようとしてお銀逃げパターン存在したこの際芸者姿から瞬時に忍装束姿に変身して逃走することもあった)。

※この「諜報活動」の解説は、「かげろうお銀」の解説の一部です。
「諜報活動」を含む「かげろうお銀」の記事については、「かげろうお銀」の概要を参照ください。


諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 09:23 UTC 版)

在日ロシア連邦大使館」の記事における「諜報活動」の解説

2000年ロシア連邦軍参謀本部情報総局GRU所属ロシア大使館駐在武官のビクトル・ボガチョンコフ海軍大佐内部文書漏洩させ、白血病罹患した息子見舞金香典などとして現金58万円受け取ったとして海上自衛隊三佐逮捕されている(ボガチョンコフ事件)。また、2013年5月GRU所属諜報員とされるセルゲイ・コワリョフ駐在武官教範などを漏洩させたとして元陸将泉一成書類送検された(泉一成 情報漏洩問題)。

※この「諜報活動」の解説は、「在日ロシア連邦大使館」の解説の一部です。
「諜報活動」を含む「在日ロシア連邦大使館」の記事については、「在日ロシア連邦大使館」の概要を参照ください。


諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 13:50 UTC 版)

D〜欧州蜃気楼〜」の記事における「諜報活動」の解説

諜報活動では、警察強化動乱支援情報統制他国調査コマンド実行できる警察強化 自国暴動発生ポイント低下させ、自国占領地域においてパルチザン発生する確率減少する動乱支援 相手国家の暴動発生ポイント上昇させ、相手国家の占領地域においてパルチザン発生する確率上昇する情報統制 相手国家の自国に対する情報力を低下させるコマンド他国調査 相手国家の情報力を上昇させるコマンド相手国家の情報力が上昇する相手国家の国際世論国民支持等の情報見ることができるうになる

※この「諜報活動」の解説は、「D〜欧州蜃気楼〜」の解説の一部です。
「諜報活動」を含む「D〜欧州蜃気楼〜」の記事については、「D〜欧州蜃気楼〜」の概要を参照ください。


諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/16 05:31 UTC 版)

シクヴァル」の記事における「諜報活動」の解説

2000年以前アメリカ海軍情報将校であったエドモンド・ポープ大佐退役)はロシア内で拘束された。彼のシクヴァル兵装システムについて機密を得るという諜報活動に関連し裁判審理され有罪判決下されている。情報ではロシア連邦大統領ウラジミール・プーチン2000年12月ポープが骨ガン罹患していることを理由とし、人道的見地から彼を釈放したとしている。

※この「諜報活動」の解説は、「シクヴァル」の解説の一部です。
「諜報活動」を含む「シクヴァル」の記事については、「シクヴァル」の概要を参照ください。


諜報活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 17:43 UTC 版)

半島戦争」の記事における「諜報活動」の解説

諜報活動は1810年を過ぎるとイギリス軍戦争遂行大きな役割果たしたスペインとポルトガルゲリラは、フランス軍密使から通信文奪取するよう依頼された。1811年からこうした文書類は一部または全文暗号化されていることがよくあった。ウェリントン参謀ジョージ・スカヴェルは解読する任務与えられた初めは使用する暗号はかなり単純で他の参謀助けもらった。だが、1812年始めには、更に難し暗号が、独創的に外交文書用に改訂され使われるうになると、スカヴェルは解読進めていくことに夢中になった。解読作業は、フランス軍動き配置に関する知識が、上記の交戦大きな成果を収める結果と共に徐々に進んでいった。フランス軍暗号が解されているとは知らずビトリアの戦いでその暗号表奪われるまで使い続けた

※この「諜報活動」の解説は、「半島戦争」の解説の一部です。
「諜報活動」を含む「半島戦争」の記事については、「半島戦争」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「諜報活動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「諜報活動」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「諜報活動」の関連用語

諜報活動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



諜報活動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの諜報活動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのワシリー・ミトロヒン (改訂履歴)、欧州対外行動局 (改訂履歴)、戦闘員 (改訂履歴)、マリネラ王国 (改訂履歴)、メリタ・ノーウッド (改訂履歴)、ウィリアム・プレイフェア (改訂履歴)、かげろうお銀 (改訂履歴)、在日ロシア連邦大使館 (改訂履歴)、D〜欧州蜃気楼〜 (改訂履歴)、シクヴァル (改訂履歴)、半島戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS