ペルソナ・ノン・グラータとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ペルソナ・ノン・グラータの意味・解説 

ペルソナノン グラータ [8]ラテン persona non grata】

好ましくない人物の意〕
派遣された外交官接受国にとって受け入れがたい場合派遣国に特に理由を示さずその旨通告する語。

ペルソナ・ノン・グラータ

別名:好ましくない人物好ましくない者好ましからざる人物
英語:Persona non grata

外交上、受け入れる側の国にとって歓迎できない受け入れられない)と見なされた者を指す語。ラテン語Persona non grata」が用語としてそのまま用いられている。

ペルソナ・ノン・グラータは「外交関係に関するウィーン条約」に基づく概念であり、もっぱら外交官接受拒否する意味で宣言通告される。接受国による使節団長)の承認受け入れ概念を「アグレマン」と呼ぶが、ペルソナ・ノン・グラータはアグレマン拒否取り消しとも捉えられる。

使節がペルソナ・ノン・グラータとして通告された場合使節派遣した国は当の使節外交任務終了させ、本国呼び戻さなくてはならない。なお、接受国の側にはペルソナ・ノン・グラータと見なした理由釈明する義務はない。

【ペルソナ・ノン・グラータ】(ぺるそな・のん・ぐらーた)

persona non grata.
ラテン語で「好ましからざる人物」「歓迎されざる人物」の意。
ラテン語国際的言語であった事から転じて国際的外交交渉相手として相応しくない人物を指す。

一般には、外交使節受け容れる側の接受国が、使節受け入れ拒否する事を指す。
特定の個人対象として「歓迎に値しない人物である」と宣告し、派遣元に交代要求する。
大使公使書記官参事官駐在武官領事・その他の外交特権与えられる全ての人間対象にできる。
滅多にある事ではないが、たとえ国家元首であってもペルソナ・ノン・グラータを宣告される可能性はある。

なぜ歓迎に値しないのか、という点について根拠理由明示する義務はない。
理由なく宣告された場合その理由スパイ密貿易テロリズムなどに関係するものと推定される。
単純に品性下劣であるから宣告するという場合もあるが、それによって非難を受ける事は普通ない。
実際、本来の意図は「恥知らず」を外交交渉の場から穏便に排除する事であってスパイ対策ではない。

宣告される理由は明白に犯罪な行為の証拠を含む場合も、単に儀礼上のトラブルである場合もある。
どちらにせよ、国家の公式見解として宣告する以上、その背景にはそれなりに深刻な事情がある。
誰か個人的嫌悪感からペルソナ・ノン・グラータが宣告される、などという事は普通あり得ない

この宣告を受けた人物は、一定期間後に外交特権剥奪される。犯罪容疑があれば逮捕拘禁も可能。
ただし、派遣国はその前に当該人物本国呼び戻す事ができるため、実際に逮捕に至る例はほとんどない


ペルソナ・ノン・グラータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/30 13:13 UTC 版)

ペルソナ・ノン・グラータラテン語: Persona non grata)とは、接受国からの要求に基づき、その国に駐在する外交使節団から離任する義務を負った外交官を指す外交用語。原義は「厭わしい人物」「好ましからざる人物」を意味する[1]外交関係に関するウィーン条約領事関係に関するウィーン条約で規定される。国外退去処分と表現されることもある[2]


  1. ^ 日本政府(内閣総理大臣 小泉純一郎) (2005年11月1日). “衆議院議員鈴木宗男君提出外務省在外職員の飲酒対人交通事故などに関する質問に対する答弁書”. 2016年7月12日閲覧。
  2. ^ ロイター (2017年2月23日). “マレーシア、北大使の国外退去を検討”. YOMIURI ONLINE. 2017年2月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月23日閲覧。
  3. ^ a b c d 外交関係に関するウィーン条約
  4. ^ 領事関係に関するウィーン条約
  5. ^ “コートジボワール大使館員、バカラ賭博場所貸し4000万円 すでに帰国”. 朝日新聞: p. 15. (2006年4月5日) 
  6. ^ “強制わいせつ:容疑でインド大使館員に逮捕状--警視庁”. 毎日新聞: p. 30. (2006年4月28日) 
  7. ^ “日本大使を「好ましくない人物」に=シリア”. 時事通信. (2012年6月6日). http://jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012060600678 
  8. ^ 加藤昭『鈴木宗男研究』(pp. 24–26)
  9. ^ “日本の防衛官が国外退去 中国の禁止区域立ち入り”. 共同通信社. 47NEWS. (2002年11月14日). オリジナル2015年7月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150717123419/http://www.47news.jp/CN/200211/CN2002111401000220.html 2015年7月17日閲覧。 
  10. ^ “シリア、日本大使の受け入れ拒否 報復措置か”. 朝日新聞. (2012年6月6日). オリジナル2012年6月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120606175829/http://www.asahi.com/politics/update/0606/TKY201206060531.html 2012年6月6日閲覧。 
  11. ^ マレーシア政府、北朝鮮大使を退去処分 正男氏事件巡り - 朝日新聞デジタル 2017年3月5日
  12. ^ 【金正男氏殺害】北朝鮮が対抗措置、マレーシアの駐北朝鮮大使を追放措置 - 産経ニュース 2017年3月6日
  13. ^ ロシア外交官35人追放 オバマ氏、大統領選干渉に対抗 - 日本経済新聞(2016年12月30日)2017年5月23日閲覧
  14. ^ “クウェート、イラン外交官らを追放 テロ未遂事件への報復?”. 東京新聞. (2017年7月21日). オリジナル2017年7月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170724222103/http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201707/CK2017072102000125.html 2017年7月21日閲覧。 
  15. ^ メキシコ:北朝鮮大使を追放 72時間以内、核実験に抗議 - 毎日新聞 2017年9月8日
  16. ^ ペルー 核実験抗議、北朝鮮大使を追放へ メキシコに続き - 毎日新聞 2017年9月12日
  17. ^ 英、ロシア外交官23人追放=暗殺未遂で報復、安保理会合開催へ”. 時事ドットコム (2018年3月14日). 2018年3月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年3月17日閲覧。
  18. ^ ロシア、英外交官23人追放=元情報員暗殺未遂、報復の応酬”. 時事ドットコム (2018年3月17日). 2018年3月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年3月17日閲覧。
  19. ^ 'Kiss and Tell' Officer Draws Heaps of Scorn - NYTimes.com (1994年10月5日)


「ペルソナ・ノン・グラータ」の続きの解説一覧

ペルソナ・ノン・グラータ

出典:『Wiktionary』 (2008/02/16 14:30 UTC 版)

語源

ラテン語"persona non grata"の音写

名詞

ペルソナ・ノン・グラータ

  1. 歓迎されない人。招かれざる客
  2. 外交用語)接受拒否された外交官

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ペルソナ・ノン・グラータ」の関連用語

ペルソナ・ノン・グラータのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ペルソナ・ノン・グラータのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペルソナ・ノン・グラータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのペルソナ・ノン・グラータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS