大使とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > 大使 > 大使の意味・解説 

たい‐し【大使】

読み方:たいし

外交使節最上位のもの。臨時的な特派大使常駐特命全権大使とがあるが、ふつう後者をさす。

1から転じて自治体機関企業などから任命され広報活動を行う人。「県の観光―」

朝廷幕府などの中央政府機関の命を受けて公式に派遣される使者

遣唐使正使


大使

読み方:オオズカイ(oozukai), タイシtaishi), ダイシ(daishi)

とくに権門勢家などより派遣され身分の高い使のこと。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/02 07:37 UTC 版)

大使(たいし、: ambassador: ambassadeur




「大使」の続きの解説一覧

大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 09:30 UTC 版)

行方市」の記事における「大使」の解説

行方市は、2011年平成23年9月2日地域宣伝情報発信等を担う「なめがた大使」を、地域にゆかりのある著名人委嘱した。このとき委嘱されたのは、小林光恵作家)、出久根達郎小説家)、永作博美俳優)、塙峰(書道家)、塙敏(ハンドボール指導者)、箕輪光博(林政学者)の6名であった先の6名に加えて明くる2012年平成24年9月2日には、小澤英明サッカー選手)、小牧幹(画家)、奈良崎正明歌手)、藤代範雄(グラフィックデザイナー)の4名が委嘱された。

※この「大使」の解説は、「行方市」の解説の一部です。
「大使」を含む「行方市」の記事については、「行方市」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 15:36 UTC 版)

駐日カナダ大使館」の記事における「大使」の解説

2021年8月27日より、イアン・G・マッケイ英語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日カナダ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日カナダ大使館」の記事については、「駐日カナダ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 18:42 UTC 版)

在ベリーズ中華民国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中華民國駐貝里斯大使列表」を参照 2018年11月12日陳立国(中国語版)(繁体字中国語: 陳立國、英語: Remus Li-Kuo Chen レムス・リークオ・チェン)がコルヴィル・ヤング(英語版総督信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在ベリーズ中華民国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在ベリーズ中華民国大使館」の記事については、「在ベリーズ中華民国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 07:41 UTC 版)

在中華民国グアテマラ大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:瓜地馬拉駐中華民國大使列表」を参照 2019年8月6日、ウィリー・アルベルト・ゴメス・ティラドが蔡英文総統信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在中華民国グアテマラ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華民国グアテマラ大使館」の記事については、「在中華民国グアテマラ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 07:40 UTC 版)

駐日グアテマラ大使館」の記事における「大使」の解説

2019年8月8日より、クリストバル・アダルベルト・エレラ・ドゥボンが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日グアテマラ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日グアテマラ大使館」の記事については、「駐日グアテマラ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 09:24 UTC 版)

駐日パラグアイ大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「日本とパラグアイの関係#駐日パラグアイ大使」を参照 2018年2月16日より、ラウル・アルベルト・フロレンティン・アントラ特命全権大使務めている。 歴代大使のうち2名が日パラグアイ人で、8代目のイサオ・タオカ大使(田岡功、在任: 2004年2009年)および9代目のナオユキ・トヨトシ大使(豊歳直之、在任: 2009年2017年が日本生まれの日系パラグアイ人一世である。

※この「大使」の解説は、「駐日パラグアイ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日パラグアイ大使館」の記事については、「駐日パラグアイ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 17:48 UTC 版)

駐日ベトナム大使館」の記事における「大使」の解説

2018年12月4日より、ヴー・ホン・ナム特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ベトナム大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ベトナム大使館」の記事については、「駐日ベトナム大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 01:59 UTC 版)

駐日ジョージア大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「駐日ジョージア大使」を参照 2021年11月25日より、ティムラズ・レジャバ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ジョージア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ジョージア大使館」の記事については、「駐日ジョージア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 04:18 UTC 版)

駐日ルクセンブルク大使館」の記事における「大使」の解説

2019年5月16日より、ピエール・フェリング特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ルクセンブルク大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ルクセンブルク大使館」の記事については、「駐日ルクセンブルク大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 08:05 UTC 版)

駐日アルジェリア大使館」の記事における「大使」の解説

2022年2月9日より、ラルビ・カティが特命全権大使務めている。 歴代大使からは憲法評議会アラビア語版)議長法務大臣アラビア語版、英語版)を輩出している。1964年から1966年にかけて駐日大使であったアブデルマレク・ベンハビレス(アラビア語版、英語版)が、憲法評議会議長法務大臣歴任した

※この「大使」の解説は、「駐日アルジェリア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日アルジェリア大使館」の記事については、「駐日アルジェリア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 08:09 UTC 版)

駐日マラウイ大使館」の記事における「大使」の解説

2022年2月9日より、クワチャ・チシザが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日マラウイ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日マラウイ大使館」の記事については、「駐日マラウイ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 07:45 UTC 版)

駐日ラオス大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「駐日ラオス大使」を参照 2021年7月14日より、フォンサムット・アンラワン特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ラオス大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ラオス大使館」の記事については、「駐日ラオス大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 16:20 UTC 版)

在コソボ英国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「:en:List of ambassadors of the United Kingdom to Kosovoを参照 2019年9月5日より、ニコラス・アボットが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在コソボ英国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在コソボ英国大使館」の記事については、「在コソボ英国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 02:56 UTC 版)

駐日イラン大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「駐日イラン大使」を参照 2022年2月26日より、モハンマド・レザー・ログマーニーが臨時代理大使務めている。 歴代大使からは閣僚中央銀行総裁外務次官などを輩出している。具体例挙げると、外務大臣がホセイン・ゴドゥス・ナハイー(ペルシア語版、英語版)(駐日大使在任期間、以下同: 19561958年)、ゴラームアッバース・アーラーム(ペルシア語版、英語版)(1958~1959年)、マヌーチェフル・モッタキー19951999年)の3名中央銀行総裁モハンマドホセイン・アーデリー1987~1989年)、副首相アブドルラヒーム・ゴヴァーヒー19821987年)、外務次官アッバース・アラーグチー2007年2011年)。

※この「大使」の解説は、「駐日イラン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日イラン大使館」の記事については、「駐日イラン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 05:17 UTC 版)

在ツバル中華民国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中華民國駐吐瓦大使列表」を参照 2021年10月より、東亨(中国語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在ツバル中華民国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在ツバル中華民国大使館」の記事については、「在ツバル中華民国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 05:36 UTC 版)

在マーシャル諸島中華民国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中華民國駐馬紹爾群島大使列表」を参照 2018年9月7日勝中(中国語版)(英語: Jeffrey S. C. Hsiao ジェフリーS・Cシャオ)がヒルダ・ハイネ大統領信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在マーシャル諸島中華民国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在マーシャル諸島中華民国大使館」の記事については、「在マーシャル諸島中華民国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 05:29 UTC 版)

在ナウル中華民国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中華民國駐諾大使列表」を参照 2019年6月7日王海龍がバロン・ワカ大統領信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在ナウル中華民国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在ナウル中華民国大使館」の記事については、「在ナウル中華民国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 05:23 UTC 版)

在パラオ中華民国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中華民國駐帛琉大使列表」を参照 2018年4月5日、周民淦(中国語版)(英語: Wallace M.G. Chow)がトミー・レメンゲサウ大統領信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在パラオ中華民国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在パラオ中華民国大使館」の記事については、「在パラオ中華民国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 10:16 UTC 版)

在グアテマラ中華民国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中華民國駐瓜地馬拉大使列表」を参照 2019年9月19日、鄭力城(中国語版)がジミー・モラレス大統領信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在グアテマラ中華民国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在グアテマラ中華民国大使館」の記事については、「在グアテマラ中華民国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 10:23 UTC 版)

在ニカラグア中華民国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中華民國駐尼加拉瓜大使列表」を参照 2018年12月18日ダニエル・オルテガ大統領信任状捧呈した呉進木(繁体字中国語: 吳進木、スペイン語: Jaime Wu ハイメ・ウー)が、最後の特命全権大使となった。なお、次期大使としてニカラグア赴任中であった岳融(中国語版)(スペイン語: Iván Lee イバン・リー)は、オルテガ大統領信任状捧呈する前に両国断交したことによって特命全権大使に就任しないままその任務終えた

※この「大使」の解説は、「在ニカラグア中華民国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在ニカラグア中華民国大使館」の記事については、「在ニカラグア中華民国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 23:28 UTC 版)

駐日トンガ大使館」の記事における「大使」の解説

2020年6月24日より、テヴィタ・スカ・マンギシ特命全権大使務めている。 歴代大使からは国王輩出している。2010年から非常駐駐日トンガ大使を務めていたトゥポウトア・ラバカ皇太子が、2012年同母ジョージ・トゥポウ5世崩御を受けて新国トゥポウ6世として即位した

※この「大使」の解説は、「駐日トンガ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日トンガ大使館」の記事については、「駐日トンガ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 16:52 UTC 版)

駐日パキスタン大使館」の記事における「大使」の解説

2022年3月30日より、イスマット・ハサン・シアル参事官臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日パキスタン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日パキスタン大使館」の記事については、「駐日パキスタン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 17:19 UTC 版)

駐日サウジアラビア王国大使館」の記事における「大使」の解説

2019年4月5日より、ナーイフ・ビン・マルズーク・ビン・マーニア・アル=ファハーディー特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日サウジアラビア王国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日サウジアラビア王国大使館」の記事については、「駐日サウジアラビア王国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 20:44 UTC 版)

駐日アルメニア大使館」の記事における「大使」の解説

2021年4月12日より、アレグ・ホヴァニシャン(ロシア語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日アルメニア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日アルメニア大使館」の記事については、「駐日アルメニア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 16:41 UTC 版)

駐日モンゴル国大使館」の記事における「大使」の解説

2018年10月10日より、ダンバダルジャー・バッチジャルガル特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日モンゴル国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日モンゴル国大使館」の記事については、「駐日モンゴル国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 15:53 UTC 版)

駐日エクアドル大使館」の記事における「大使」の解説

2022年6月7日より、セサル・アウグスト・モンターニョ・ウエルタが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日エクアドル大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日エクアドル大使館」の記事については、「駐日エクアドル大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 09:15 UTC 版)

在中華民国ツバル大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:吐瓦中華民國大使列表」を参照 2022年6月20日、ビケニベウ・パエニウ(英語版)が蔡英文総統信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。 歴代大使からは首相輩出している。ビケニベウ・パエニウ(英語版)大使は首相経験者である。また、1997年から大使館開館まで常駐駐華大使であったエネレ・ソポアガ(英語版)(エネレ・ソポアンガ)は、2013年から2019年まで首相務めた

※この「大使」の解説は、「在中華民国ツバル大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華民国ツバル大使館」の記事については、「在中華民国ツバル大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 14:20 UTC 版)

駐日ガーナ大使館」の記事における「大使」の解説

2022年4月14日より、ジェネヴィーヴ・エドゥナ・アパルゥ(英語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ガーナ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ガーナ大使館」の記事については、「駐日ガーナ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 00:44 UTC 版)

駐日スリランカ大使館」の記事における「大使」の解説

2022年6月17日より、T・A・セサス・S・S・タンブガラ公使参事官臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日スリランカ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日スリランカ大使館」の記事については、「駐日スリランカ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 09:12 UTC 版)

駐日エチオピア大使館」の記事における「大使」の解説

2022年6月24日より、テフェラ・デルベゥ・イマムが特命全権大使務めている。 歴代大使からは大統領輩出している。1992年から1994年にかけて駐日大使であったムラトゥ・テショメが、2013年から2018年まで大統領務めていた。

※この「大使」の解説は、「駐日エチオピア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日エチオピア大使館」の記事については、「駐日エチオピア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 09:15 UTC 版)

駐日リトアニア大使館」の記事における「大使」の解説

2022年6月24日より、オーレリウス・ジーカス(リトアニア語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日リトアニア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日リトアニア大使館」の記事については、「駐日リトアニア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 09:54 UTC 版)

スポーツアコードワールドコンバットゲームズ」の記事における「大使」の解説

大会普及のため、各競技ごとに、著名人を「大使」として任命し広報活動委託している。主な大使は次の通りサンボ - エメリヤーエンコ・ヒョードル60億分の1の男レスリング - ルーロン・ガードナー13年無敗だったアレクサンドル・カレリンを破る) ヨーロピアン柔術 - ベルトラン・アモーゾ (PRIDE 武士道 -其の参-参戦キックボクシング - ドン星野ウィルソンマーシャルアーツベニー・ユキーデ凌ぐスーパースター中国武術 - ジェット・リー李連杰相撲 - 旭鷲山モンゴル国大統領特別補佐官国会議員。元小結ムエタイ - ガヴィントラー・ポーティジャック2008年ミス・ユニバース世界大会出場美女空手 - 劉衛流龍鳳会会長・佐久本嗣男教士ワールドゲームズ7連覇ギネスブック記録剣道 - 武安義光(全日本剣道連盟会長合気道 - 植芝充央合気会本部道場長)

※この「大使」の解説は、「スポーツアコードワールドコンバットゲームズ」の解説の一部です。
「大使」を含む「スポーツアコードワールドコンバットゲームズ」の記事については、「スポーツアコードワールドコンバットゲームズ」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 09:29 UTC 版)

駐日スペイン大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「駐日スペイン大使」を参照 2022年4月14日より、フィデル・センダゴルタ・ゴメス・デル・カンピージョ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日スペイン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日スペイン大使館」の記事については、「駐日スペイン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 01:08 UTC 版)

駐日カタール大使館」の記事における「大使」の解説

2018年9月19日より、ハッサン・ビン・モハメド・ラフィー・アル・エマーディが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日カタール大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日カタール大使館」の記事については、「駐日カタール大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 05:29 UTC 版)

駐日ヨルダン大使館」の記事における「大使」の解説

2019年6月19日より、リーナ・アンナーブ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ヨルダン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ヨルダン大使館」の記事については、「駐日ヨルダン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 06:43 UTC 版)

在ホンジュラス中華民国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中華民國駐宏都拉斯大使列表」を参照 2020年10月、温曜禎(中国語版)(繁体字中国語: 溫曜禎、スペイン語: Diego Wen ディエゴ・ウェン)がフアン・オルランド・エルナンデス大統領信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在ホンジュラス中華民国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在ホンジュラス中華民国大使館」の記事については、「在ホンジュラス中華民国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 01:59 UTC 版)

駐日オランダ大使館」の記事における「大使」の解説

2019年9月18日より、ペーター・ファン・デル・フリートが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日オランダ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日オランダ大使館」の記事については、「駐日オランダ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 21:43 UTC 版)

駐日ウズベキスタン大使館」の記事における「大使」の解説

2021年9月27日より、ムクシンクジャ・アブドゥラフモノフが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ウズベキスタン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ウズベキスタン大使館」の記事については、「駐日ウズベキスタン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 00:52 UTC 版)

駐日ルーマニア大使館」の記事における「大使」の解説

2021年9月30日より、オヴィディウ・ドランガが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ルーマニア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ルーマニア大使館」の記事については、「駐日ルーマニア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 00:44 UTC 版)

駐日モーリタニア大使館」の記事における「大使」の解説

2021年9月30日より、サンバ・ママドゥ・バーが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日モーリタニア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日モーリタニア大使館」の記事については、「駐日モーリタニア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 00:11 UTC 版)

駐日北マケドニア大使館」の記事における「大使」の解説

2021年7月15日より、ゴラン・ツェコフ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日北マケドニア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日北マケドニア大使館」の記事については、「駐日北マケドニア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 14:14 UTC 版)

駐日ポーランド大使館」の記事における「大使」の解説

2019年10月より、パヴェウ・ミレフスキポーランド語版)が特命全権大使勤めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ポーランド大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ポーランド大使館」の記事については、「駐日ポーランド大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 22:12 UTC 版)

駐日クロアチア大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「:hr:Popis hrvatskih veleposlanika u Japanu」を参照 2015年12月25日より、ドラジェン・フラスティッチ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日クロアチア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日クロアチア大使館」の記事については、「駐日クロアチア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 20:10 UTC 版)

在モンゴルトルコ共和国大使館」の記事における「大使」の解説

2021年5月13日より、ザフェル・アテシュ(トルコ語: Zafer Ateş)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在モンゴルトルコ共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在モンゴルトルコ共和国大使館」の記事については、「在モンゴルトルコ共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 20:21 UTC 版)

在トルコモンゴル国大使館」の記事における「大使」の解説

2017年4月15日より、ラヴダンギーン・ボルド(モンゴル語版)(モンゴル語: Равдангийн Болд、英語: Bold Ravdan)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在トルコモンゴル国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在トルコモンゴル国大使館」の記事については、「在トルコモンゴル国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 01:18 UTC 版)

駐日アフガニスタン大使館」の記事における「大使」の解説

2021年5月27日より、シャイダ・モハマド・アブダリ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日アフガニスタン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日アフガニスタン大使館」の記事については、「駐日アフガニスタン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 10:05 UTC 版)

駐日ミャンマー大使館」の記事における「大使」の解説

2020年12月17日より、ソー・ハン特命全権大使務めている。ソー・ハン大使は外務次官経験者である。 2019年から2020年にかけて駐日大使務めていたミン・トゥ外務次官経験者であったまた、2005年から2010年にかけて駐日大使務めていたフラ・ミンは、離任後の2011年から2016年にかけてヤンゴン市長ビルマ語版、英語版)として奉職した。

※この「大使」の解説は、「駐日ミャンマー大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ミャンマー大使館」の記事については、「駐日ミャンマー大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 18:56 UTC 版)

駐日フィリピン大使館」の記事における「大使」の解説

2022年7月5日より、ロベスピエール・L・ボリヴァー次席大使が臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日フィリピン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日フィリピン大使館」の記事については、「駐日フィリピン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 19:27 UTC 版)

駐日シリア大使館」の記事における「大使」の解説

2022年4月1日より、フィラス・アルアトラッシュ参事官臨時代理大使務めている。 歴代最後の特命全権大使は、2010年2月19日皇居信任状捧呈し駐日大使として着任したムハンマド・アル・ハバシュである。しかし、2011年1月から始まったシリア反政府運動において当初は非暴力闘争だった反政府運動武力闘争へと変質したことが、結果的に日本とシリアの関係悪化させて両国が大使交換停止する原因となった自由シリア軍ヌスラ戦線など、武装蜂起による政権転覆企てる反体制派組織混ざってしまった反政府運動に対してシリア政府軍武力行使応えざるを得なかったのだが、2011年8月19日松本剛明外務大臣在任中ハバシュ大使外務省呼び出しアサド政権による武力行使糾弾するとともに、「アサド大統領はすでに国際社会信頼失っており,もはや正統に国を統治することはできず,道を譲るべきものと考える。」と公式に非難表明したその後シリア政府軍反体制派武装組織戦闘継続する中で2012年5月30日日本政府ハバシュ大使に対して国外退去要請したが、シリア政府6月5日鈴木敏郎シリア日本国大使をペルソナ・ノン・グラータ認定してシリア駐在する外交官としての資格剥奪し、翌6日、これに応酬する形で日本政府ハバシュ大使ペルソナ・ノン・グラータ認定することを宣言したハバシュ大使離任してからしばらくの間フィラス・アル・ラシディ一等書記官臨時代理大使務めその後参事官在外公館長として日本駐在していた。2013年7月29日から2017年8月にかけてワリフ・ハラビ参事官臨時代理大使務めていた。2017年4月11日ワリフ・ハラビ臨時代理大使有楽町日本外国特派員協会外国人記者クラブ)で記者会見開きシリア内戦において化学兵器使っているのはシリア政府ではなくテロリストの側であるとの認識を表明した上で確たる証拠もなくシリア政府加害者断定して軍事介入するアメリカ合衆国や、その介入が国際法に合致したものであるか否か精査せずアメリカ同調する日本政府の対応非難したハラビ参事官後任者元一書記官フィラス・アル・ラシディ参事官で、2017年8月28日から2019年7月28日にかけて臨時代理大使務めていた。 2019年7月29日から2022年4月1日にかけてハサネー・ハッダム全権公使臨時代理大使務めた。これは日本政府シリア全権公使アグレマン与えて駐日外交官として正式に迎え入れたことを意味しており、2012年6月7日から2019年7月28日にかけて参事官下の外交官しか駐在していなかった状況比較すると、両国外交関係がやや向上したと言える

※この「大使」の解説は、「駐日シリア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日シリア大使館」の記事については、「駐日シリア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 09:18 UTC 版)

駐日サモア大使館」の記事における「大使」の解説

2015年5月20日より、ファアラヴァアウ・ペリナ・ジャックリーン・シラ・ツアラウレレイが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日サモア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日サモア大使館」の記事については、「駐日サモア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 09:54 UTC 版)

在朝鮮民主主義人民共和国ベネズエラ大使館」の記事における「大使」の解説

2019年8月21日より、マウリシオ・アンドレス・バルディネト・タタが臨時代理大使務めていた。

※この「大使」の解説は、「在朝鮮民主主義人民共和国ベネズエラ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在朝鮮民主主義人民共和国ベネズエラ大使館」の記事については、「在朝鮮民主主義人民共和国ベネズエラ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 09:29 UTC 版)

駐日コロンビア共和国大使館」の記事における「大使」の解説

2022年7月20日より、フロル・アンヘラ・ドゥラン・コンスエグラ公使参事官臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日コロンビア共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日コロンビア共和国大使館」の記事については、「駐日コロンビア共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 15:46 UTC 版)

駐日ベラルーシ大使館」の記事における「大使」の解説

2017年6月9日より、ルスラン・イエシン(ベラルーシ語版、ロシア語版)が特命全権大使務めている。 初代駐日大使ピョートル・クラウチェンカ(ベラルーシ語版、ロシア語版英語版)は、外務大臣ベラルーシ語版、ロシア語版英語版経験者である。

※この「大使」の解説は、「駐日ベラルーシ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ベラルーシ大使館」の記事については、「駐日ベラルーシ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 03:00 UTC 版)

駐日ボリビア大使館」の記事における「大使」の解説

2021年4月20日より、ナターリア・フェルナンダ・サラサール・バルデラマ参事官臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ボリビア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ボリビア大使館」の記事については、「駐日ボリビア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 03:11 UTC 版)

駐日カメルーン大使館」の記事における「大使」の解説

2008年5月29日より、ピエール・ンジェンゲが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日カメルーン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日カメルーン大使館」の記事については、「駐日カメルーン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 01:21 UTC 版)

在モルディブ中華人民共和国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中国驻马尔代夫大使列表」を参照 2017年8月29日より、張利忠(中国語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在モルディブ中華人民共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在モルディブ中華人民共和国大使館」の記事については、「在モルディブ中華人民共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 01:19 UTC 版)

在パキスタン中華人民共和国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中国巴基斯坦大使列表」を参照 2020年11月3日より、農融(中国語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在パキスタン中華人民共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在パキスタン中華人民共和国大使館」の記事については、「在パキスタン中華人民共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 01:33 UTC 版)

在中華人民共和国キプロス大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「:zh:塞浦路斯驻华大使列表」を参照 2018年6月20日より、アントニス・トゥマジス特命全権大使務めている。 また、前大使アイス・ロイズは、2016年7月21日駐日大使として訪問した東京信任状捧呈していた。

※この「大使」の解説は、「在中華人民共和国キプロス大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華人民共和国キプロス大使館」の記事については、「在中華人民共和国キプロス大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 05:50 UTC 版)

駐日イラク大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「日本とイラクの関係#駐日イラク特命全権大使を参照 2021年3月3日より、ドビャン・シャマム・ハサン・ハサン参事官臨時代理大使勤めている。

※この「大使」の解説は、「駐日イラク大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日イラク大使館」の記事については、「駐日イラク大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 15:41 UTC 版)

駐日ラトビア大使館」の記事における「大使」の解説

2017年9月6日より、ダツェ・トレイヤ=マスィーが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ラトビア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ラトビア大使館」の記事については、「駐日ラトビア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 14:35 UTC 版)

曽於市」の記事における「大使」の解説

曽於市役所 企画課. “曽於市PR大使”. 公式ウェブサイト. 曽於市. 2018年1月11日閲覧地域出身者 木場克己 - アスレティックトレーナー曽於市PR大使平成28年6月5日 - )。 上中別府チエ - 高齢軟式野球部員曽於市PR大使平成28年8月21日 - )。 朝倉利夫 - アマチュアレスリング選手曽於市PR大使平成28年8月21日 - )。 宮原厚次 - アマチュアレスリング指導者、元アマチュアレスリング選手曽於市PR大使平成28年8月21日 - )。 北別府学 - 元プロ野球選手元野球指導者曽於市PR大使平成28年9月24日 - )。 草原タカオ - 漫画家イラストレーター曽於市PR大使平成28年10月22日 - )。 麻里絵ルナ - シンガーソングライター曽於市PR大使平成28年11月2日 - )。 西田剛 - プロサッカー選手曽於市PR大使平成29年1月3日 - )。 大園桃子 - 乃木坂46元メンバー曽於市特別PR大使平成30年6月11日 - )。 地域出身者以外 梛木春幸 - 料理人曽於市PR大使平成28年12月26日 - )。 ジミー入枝 - ミュージシャンラジオパーソナリティボイストレーナー曽於市PR大使平成29年4月2日 - )。 石井秀岱 - ミュージシャン津軽三味線奏者)。曽於市PR大使平成29年12月15日 - )。

※この「大使」の解説は、「曽於市」の解説の一部です。
「大使」を含む「曽於市」の記事については、「曽於市」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 04:23 UTC 版)

在パキスタンアフガニスタン大使館」の記事における「大使」の解説

2016年2月9日より、オマル・ザーヒールワール(英語版)が特命全権大使務めている。 歴代大使からは財務大臣英語版)を輩出している。オマル・ザーヒールワールは、2009年から2015年にかけて財務大臣務めていた。

※この「大使」の解説は、「在パキスタンアフガニスタン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在パキスタンアフガニスタン大使館」の記事については、「在パキスタンアフガニスタン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/27 07:59 UTC 版)

駐日ジブチ共和国大使館」の記事における「大使」の解説

2021年10月27日より、イブラヒム・ビレ・ドゥアレ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ジブチ共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ジブチ共和国大使館」の記事については、「駐日ジブチ共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/16 19:01 UTC 版)

駐日ドミニカ共和国大使館」の記事における「大使」の解説

2021年3月10日より、ロバート・ミキイ・タカタ・ピメンテルが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ドミニカ共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ドミニカ共和国大使館」の記事については、「駐日ドミニカ共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/27 18:10 UTC 版)

在中華人民共和国トンガ大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:汤加驻华大使列表」を参照 2015年4月14日より、タウアイカ・ウタアトゥ准将特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在中華人民共和国トンガ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華人民共和国トンガ大使館」の記事については、「在中華人民共和国トンガ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 07:13 UTC 版)

在ドイツモルディブ大使館」の記事における「大使」の解説

2019年2月27日より、アハメド・ラティーフ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在ドイツモルディブ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在ドイツモルディブ大使館」の記事については、「在ドイツモルディブ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 07:09 UTC 版)

在中華人民共和国モルディブ大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:马尔代夫驻华大使列表」を参照 2019年8月28日より、アイシャト・アズィーマ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在中華人民共和国モルディブ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華人民共和国モルディブ大使館」の記事については、「在中華人民共和国モルディブ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 07:01 UTC 版)

在サウジアラビアモルディブ大使館」の記事における「大使」の解説

2019年10月23日より、モハメド・カリール特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在サウジアラビアモルディブ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在サウジアラビアモルディブ大使館」の記事については、「在サウジアラビアモルディブ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 00:55 UTC 版)

駐日エリトリア大使館」の記事における「大使」の解説

2003年7月11日より、エスティファノス・アフォワキ・ハイレ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日エリトリア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日エリトリア大使館」の記事については、「駐日エリトリア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 16:46 UTC 版)

在アゼルバイジャン日本国大使館」の記事における「大使」の解説

2020年3月30日より、和田純一特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在アゼルバイジャン日本国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在アゼルバイジャン日本国大使館」の記事については、「在アゼルバイジャン日本国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 19:50 UTC 版)

在中華民国キリバス大使館」の記事における「大使」の解説

2018年7月20日から2代目特命全権大使務めていたテシー・ランボーン在任中キリバス台湾断交したため、彼女が中華民国総統信任状捧呈した最後の大使となったまた、2014年7月11日には、初代大使のテーコア・イウタ駐日大使として訪問した東京信任状捧呈している。

※この「大使」の解説は、「在中華民国キリバス大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華民国キリバス大使館」の記事については、「在中華民国キリバス大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 17:15 UTC 版)

ヒューバート・マイルズ・グラッドウィン・ジェブ (初代グラッドウィン男爵)」の記事における「大使」の解説

ロンドン戻った後、ジェブ外務大臣アーネスト・ベヴィン代理として外相会議出席した1946年から1947年まで外務省国際連合顧問務めたジェブはまたブリュッセル条約常設委員会イギリス代表として参加した1950年から1954年まで国連大使を、1954年から1960年まで駐フランス大使務めた

※この「大使」の解説は、「ヒューバート・マイルズ・グラッドウィン・ジェブ (初代グラッドウィン男爵)」の解説の一部です。
「大使」を含む「ヒューバート・マイルズ・グラッドウィン・ジェブ (初代グラッドウィン男爵)」の記事については、「ヒューバート・マイルズ・グラッドウィン・ジェブ (初代グラッドウィン男爵)」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/07 18:55 UTC 版)

駐日カザフスタン大使館」の記事における「大使」の解説

2016年6月10日より、イェルラン・ケネスーウリ・バウダルベック=コジャタエフ(ロシア語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日カザフスタン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日カザフスタン大使館」の記事については、「駐日カザフスタン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 04:16 UTC 版)

在朝鮮民主主義人民共和国イラン大使館」の記事における「大使」の解説

2017年2月2日より、セイイェド・モフセン・エマーディー特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在朝鮮民主主義人民共和国イラン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在朝鮮民主主義人民共和国イラン大使館」の記事については、「在朝鮮民主主義人民共和国イラン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/06 15:51 UTC 版)

駐日チュニジア大使館」の記事における「大使」の解説

2018年12月4日より、モハメッド・エルーミが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日チュニジア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日チュニジア大使館」の記事については、「駐日チュニジア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 21:20 UTC 版)

駐日ハンガリー大使館」の記事における「大使」の解説

2016年12月7日より、パラノビチ・ノルバート特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ハンガリー大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ハンガリー大使館」の記事については、「駐日ハンガリー大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 02:34 UTC 版)

駐日アゼルバイジャン大使館」の記事における「大使」の解説

2020年7月8日より、ギュルセル・イスマイルザーデ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日アゼルバイジャン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日アゼルバイジャン大使館」の記事については、「駐日アゼルバイジャン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 17:39 UTC 版)

駐日エジプト大使館」の記事における「大使」の解説

2021年12月27日より、モハメド・アブバクル・サレー・ファッターフが特命全権大使務めている。 歴代大使からは閣僚輩出している。1993年から1997年にかけて駐日大使務めていたナビル・ファハミ(アラビア語版、英語版)が、外務大臣アラビア語版、英語版)として奉職した。

※この「大使」の解説は、「駐日エジプト大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日エジプト大使館」の記事については、「駐日エジプト大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 17:49 UTC 版)

駐日タンザニア大使館」の記事における「大使」の解説

2021年12月27日より、バラカ・ハラン・ルヴァンダが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日タンザニア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日タンザニア大使館」の記事については、「駐日タンザニア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 05:25 UTC 版)

在ハイチ中華民国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中華民國海地大使列表」を参照 2020年8月11日古文剣(中国語版)(繁体字中国語: 古文劍)がジョブネル・モイーズ大統領信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在ハイチ中華民国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在ハイチ中華民国大使館」の記事については、「在ハイチ中華民国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:55 UTC 版)

駐日インド大使館」の記事における「大使」の解説

2019年1月17日より、サンジェイ・クマール・ヴァルマが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日インド大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日インド大使館」の記事については、「駐日インド大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 15:57 UTC 版)

在モルディブアラブ首長国連邦大使館」の記事における「大使」の解説

2019年3月25日より、サイード・ムハンマド・アッ=シャームスィー(アラビア語版、英語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在モルディブアラブ首長国連邦大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在モルディブアラブ首長国連邦大使館」の記事については、「在モルディブアラブ首長国連邦大使館」の概要を参照ください。


大使 (Delegate)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 15:24 UTC 版)

模擬国連」の記事における「大使 (Delegate)」の解説

会議参加者で、決議案作成など行なう者。

※この「大使 (Delegate)」の解説は、「模擬国連」の解説の一部です。
「大使 (Delegate)」を含む「模擬国連」の記事については、「模擬国連」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 16:04 UTC 版)

在モルディブサウジアラビア大使館」の記事における「大使」の解説

2015年11月5日より、バーディル・ビン・アリー・ビン・アフマド・アル=カハイルが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在モルディブサウジアラビア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在モルディブサウジアラビア大使館」の記事については、「在モルディブサウジアラビア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 09:34 UTC 版)

駐日アルゼンチン大使館」の記事における「大使」の解説

2021年4月12日より、ギジェルモ・フアン・ハント(スペイン語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日アルゼンチン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日アルゼンチン大使館」の記事については、「駐日アルゼンチン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 10:03 UTC 版)

駐日ザンビア大使館」の記事における「大使」の解説

2020年10月6日より、ジム・シニェンザ公使参事官臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ザンビア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ザンビア大使館」の記事については、「駐日ザンビア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 23:15 UTC 版)

駐日パプアニューギニア大使館」の記事における「大使」の解説

2021年10月21日より、サミュエル・アバル(英語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日パプアニューギニア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日パプアニューギニア大使館」の記事については、「駐日パプアニューギニア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 08:26 UTC 版)

在中華民国パラグアイ大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:巴拉圭中華民國大使列表」を参照 2020年12月より、カルロス・ビダル・ピントス(スペイン語: Carlos Vidal Pintos繁体字中国語: 彬文勇)参事官臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在中華民国パラグアイ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華民国パラグアイ大使館」の記事については、「在中華民国パラグアイ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/01 16:19 UTC 版)

在アイスランドフィンランド大使館」の記事における「大使」の解説

2018年9月10日アン=ソフィー・ストゥーデ (Ann-Sofie Stude) がグズニ・ヨハンネソン大統領信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在アイスランドフィンランド大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在アイスランドフィンランド大使館」の記事については、「在アイスランドフィンランド大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 21:48 UTC 版)

在中華民国パラオ大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:帛琉駐中華民國大使列表」を参照 2014年6月10日、ディルメイ・ルイサ・オルケリール(繁体字: 歐克麗、英語: Dilmei Louisa Olkeriil)が馬英九総統信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。 歴代大使からは大統領輩出している。2001年から2008年にかけて初代大使を務めたジョンソン・トリビオンが、2009年から2013年まで大統領として在任していた。

※この「大使」の解説は、「在中華民国パラオ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華民国パラオ大使館」の記事については、「在中華民国パラオ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 21:40 UTC 版)

在中華民国ナウル大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:諾中華民國大使列表」を参照 2019年9月9日、ジャーデン・ケファス(ポーランド語版)(繁体字: 凱法斯、英語: Jarden Kephas)が蔡英文総統信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在中華民国ナウル大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華民国ナウル大使館」の記事については、「在中華民国ナウル大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 09:03 UTC 版)

駐日コソボ大使館」の記事における「大使」の解説

2022年3月7日より、サブリ・キチマリ(アルバニア語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日コソボ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日コソボ大使館」の記事については、「駐日コソボ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 09:00 UTC 版)

駐日ペルー大使館」の記事における「大使」の解説

2022年3月7日より、ロベルト・セミナリオが特命全権大使務めている。 歴代大使のうち、アルベルト・フジモリ大統領在任: 1990年2000年)の任期中駐日大使務めたビクトル・アリトミ(スペイン語版)(在任: 1991年~2000年が日ペルー人である。アリトミ大使の妻はフジモリ大統領の妹ロサ・フジモリで、彼はフジモリ大統領義弟にあたる

※この「大使」の解説は、「駐日ペルー大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ペルー大使館」の記事については、「駐日ペルー大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 17:15 UTC 版)

河津町」の記事における「大使」の解説

高橋東吾磯野貴理子夫妻 - 2014年平成26年3月3日観光大使委嘱前野朋哉 - 岡山県倉敷市出身俳優2014年平成26年9月観光大使委嘱

※この「大使」の解説は、「河津町」の解説の一部です。
「大使」を含む「河津町」の記事については、「河津町」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 20:22 UTC 版)

駐日アラブ首長国連邦大使館」の記事における「大使」の解説

2021年3月12日より、シハブ・アハマド・アル・ファヒームが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日アラブ首長国連邦大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日アラブ首長国連邦大使館」の記事については、「駐日アラブ首長国連邦大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 18:04 UTC 版)

駐日タイ王国大使館」の記事における「大使」の解説

2020年3月17日より、シントン・ラーピセートパン特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日タイ王国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日タイ王国大使館」の記事については、「駐日タイ王国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 21:09 UTC 版)

駐日トルコ共和国大使館」の記事における「大使」の解説

2021年5月27日より、コルクット・ギュンゲン特命全権大使務めている。 歴代大使からは閣僚輩出している。1939年から1943年にかけて駐日大使務めたアフメト・フェリト・テク(トルコ語版、英語版)が財務大臣トルコ語版、英語版)と内務大臣トルコ語版、英語版)を歴任しており、1963年から1966年にかけて駐日大使務めたメリフ・エセンベル(トルコ語版、英語版)が外務大臣トルコ語版、英語版)として奉職した。

※この「大使」の解説は、「駐日トルコ共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日トルコ共和国大使館」の記事については、「駐日トルコ共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 21:32 UTC 版)

駐日ニュージーランド大使館」の記事における「大使」の解説

2019年8月8日より、ヘイミッシュ・ネヴィル・フランシス・クーパーが特命全権大使務めている。 歴代大使からは政府長官輩出している。1994年から1997年にかけて駐日大使務めていたマーティン・ウィーバーズ(英語版)が、首相内閣府英語版)(DPMC)長官として奉職した。

※この「大使」の解説は、「駐日ニュージーランド大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ニュージーランド大使館」の記事については、「駐日ニュージーランド大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 21:26 UTC 版)

駐日レバノン大使館」の記事における「大使」の解説

2018年3月6日より、ニダル・ヤヒヤー(英語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日レバノン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日レバノン大使館」の記事については、「駐日レバノン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 21:15 UTC 版)

駐日バングラデシュ大使館」の記事における「大使」の解説

2020年9月30日より、シャハブッディン・アーメド特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日バングラデシュ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日バングラデシュ大使館」の記事については、「駐日バングラデシュ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 21:17 UTC 版)

駐日東ティモール大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「:de:Liste der osttimoresischen Botschafter in Japanを参照 2020年7月2日より、イリディオ・シメネス・ダ・コスタ(ドイツ語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日東ティモール大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日東ティモール大使館」の記事については、「駐日東ティモール大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 20:53 UTC 版)

駐日インドネシア共和国大使館」の記事における「大使」の解説

2020年12月17日より、ヘリ・アフマディ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日インドネシア共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日インドネシア共和国大使館」の記事については、「駐日インドネシア共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 20:29 UTC 版)

駐日イエメン大使館」の記事における「大使」の解説

2019年5月1日より、バシール・モハメッド・アリ・カシム一等書記官臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日イエメン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日イエメン大使館」の記事については、「駐日イエメン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 20:55 UTC 版)

駐日マーシャル諸島大使館」の記事における「大使」の解説

2022年4月26日より、アレクサンダー・カーター・ビング特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日マーシャル諸島大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日マーシャル諸島大使館」の記事については、「駐日マーシャル諸島大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 08:49 UTC 版)

駐日ニカラグア大使館」の記事における「大使」の解説

2022年3月6日より、サンディ・アナベル・ダビラ・サンドバル公使参事官臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ニカラグア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ニカラグア大使館」の記事については、「駐日ニカラグア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 17:10 UTC 版)

在朝鮮民主主義人民共和国インドネシア共和国大使館」の記事における「大使」の解説

2019年10月3日より、ベルリアン・ナピトゥプル特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在朝鮮民主主義人民共和国インドネシア共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在朝鮮民主主義人民共和国インドネシア共和国大使館」の記事については、「在朝鮮民主主義人民共和国インドネシア共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 10:26 UTC 版)

駐日ウクライナ大使館」の記事における「大使」の解説

2020年11月19日より、セルギー・コルスンスキー特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ウクライナ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ウクライナ大使館」の記事については、「駐日ウクライナ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 02:48 UTC 版)

駐日ボツワナ大使館」の記事における「大使」の解説

2021年9月27日より、ホツィレエネ・モラケ少将特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ボツワナ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ボツワナ大使館」の記事については、「駐日ボツワナ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 17:41 UTC 版)

在中華民国ニカラグア大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:尼加拉瓜駐中華民國大使列表」を参照 2020年10月26日蔡英文総統信任状捧呈したミルナ・マリエラ・リベラ・アンディーノ(中国語版)が、最後の特命全権大使となった

※この「大使」の解説は、「在中華民国ニカラグア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華民国ニカラグア大使館」の記事については、「在中華民国ニカラグア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 17:33 UTC 版)

在中華民国エスワティニ大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:史瓦帝尼駐中華民國大使列表」を参照 2022年6月13日、プロミス・シテンビソ・ムシビが蔡英文総統信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在中華民国エスワティニ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華民国エスワティニ大使館」の記事については、「在中華民国エスワティニ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 06:09 UTC 版)

在中華民国ハイチ大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:海地中華民國大使列表」を参照 2015年11月9日、ラシェル・クポーが馬英九総統信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在中華民国ハイチ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華民国ハイチ大使館」の記事については、「在中華民国ハイチ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 20:29 UTC 版)

駐日ハイチ大使館」の記事における「大使」の解説

2020年10月7日より、エルフ・モノド・オノラ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ハイチ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ハイチ大使館」の記事については、「駐日ハイチ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/07 08:15 UTC 版)

在中華民国マーシャル諸島大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:馬紹爾群島中華民國大使列表」を参照 2019年2月15日、ネイジョン・レマ・エドワーズ(繁体字: 芮瓊、英語: Neijon Rema Edwards)が蔡英文総統信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在中華民国マーシャル諸島大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華民国マーシャル諸島大使館」の記事については、「在中華民国マーシャル諸島大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 16:38 UTC 版)

駐日アイルランド大使館」の記事における「大使」の解説

2020年現在駐日大使は、アラブ首長国連邦中華人民共和国フランスアイルランド大使、ニューヨーク国連常任代表を歴任していたポール・カヴァナが2018年から務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日アイルランド大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日アイルランド大使館」の記事については、「駐日アイルランド大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 17:30 UTC 版)

駐日ミクロネシア連邦大使館」の記事における「大使」の解説

2008年4月16日より、ジョン・フリッツ特命全権大使務めている。 歴代大使からは、副大統領英語版)を輩出している。1998年から2003年にかけて駐日大使務めていたアリク・アリク(英語版)が、第7代副大統領として奉職した。

※この「大使」の解説は、「駐日ミクロネシア連邦大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ミクロネシア連邦大使館」の記事については、「駐日ミクロネシア連邦大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/24 04:10 UTC 版)

駐日チリ大使館」の記事における「大使」の解説

2021年3月5日より、ルイス・アルベルト・パルマ・デラセルダ参事官臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日チリ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日チリ大使館」の記事については、「駐日チリ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 00:37 UTC 版)

駐日キプロス大使館」の記事における「大使」の解説

2020年2月12日より、ハリス・モリチス特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日キプロス大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日キプロス大使館」の記事については、「駐日キプロス大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 14:45 UTC 版)

駐日マダガスカル大使館」の記事における「大使」の解説

2019年10月3日より、ランジャザフィ・ツィラヴ・マエリゾ公使参事官臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日マダガスカル大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日マダガスカル大使館」の記事については、「駐日マダガスカル大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 03:49 UTC 版)

駐日マリ共和国大使館」の記事における「大使」の解説

2020年7月2日より、モハメッド・エルモクタールが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日マリ共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日マリ共和国大使館」の記事については、「駐日マリ共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 14:56 UTC 版)

駐日バーレーン大使館」の記事における「大使」の解説

2018年3月14日より、アハメッド・ムハッマド・ユースフ・アルドーセリが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日バーレーン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日バーレーン大使館」の記事については、「駐日バーレーン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/14 09:36 UTC 版)

駐日ジンバブエ大使館」の記事における「大使」の解説

2015年10月22日より、タイタス・メリスワ・ジョナサン・アブ=バスツが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ジンバブエ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ジンバブエ大使館」の記事については、「駐日ジンバブエ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/01 05:52 UTC 版)

駐日ベネズエラ大使館」の記事における「大使」の解説

2005年10月31日より、セイコウ・ルイス・イシカワ・コバヤシ特命全権大使務めている。 歴代大使のうち1名が日ベネズエラ人で、12代目セイコウ・イシカワ大使(石川成幸在任: 2005年~)がベネズエラ生まれ日系ベネズエラ人二世である。

※この「大使」の解説は、「駐日ベネズエラ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ベネズエラ大使館」の記事については、「駐日ベネズエラ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 19:24 UTC 版)

駐日サンマリノ大使館」の記事における「大使」の解説

2002年12月16日より、マンリオ・カデロ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日サンマリノ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日サンマリノ大使館」の記事については、「駐日サンマリノ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/22 20:54 UTC 版)

駐日コスタリカ大使館」の記事における「大使」の解説

2019年12月19日より、アレクサンダー・サラス・アラヤが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日コスタリカ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日コスタリカ大使館」の記事については、「駐日コスタリカ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/21 10:08 UTC 版)

駐日エストニア大使館」の記事における「大使」の解説

2018年12月13日より、ヴァイノ・レイナルトエストニア語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日エストニア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日エストニア大使館」の記事については、「駐日エストニア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 08:21 UTC 版)

駐日スロベニア大使館」の記事における「大使」の解説

2019年9月18日より、アンナ・ポラック・ペトリッチが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日スロベニア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日スロベニア大使館」の記事については、「駐日スロベニア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 13:48 UTC 版)

駐日アイスランド大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「日本とアイスランドの関係#駐アイスランド日本大使を参照 2021年4月8日より、ステファン・ホイクル・ヨハネソン(英語版)が特命全権大使勤めている。

※この「大使」の解説は、「駐日アイスランド大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日アイスランド大使館」の記事については、「駐日アイスランド大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 07:05 UTC 版)

駐日ジャマイカ大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「日本とジャマイカの関係#駐日ジャマイカ大使」を参照 2020年10月7日より、ショーナ=ケイ・マリー・リチャーズが特命全権大使勤めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ジャマイカ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ジャマイカ大使館」の記事については、「駐日ジャマイカ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/10 06:36 UTC 版)

在アラブ首長国連邦モルディブ大使館」の記事における「大使」の解説

2020年11月23日より、アーミナト・シャビーナーが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在アラブ首長国連邦モルディブ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在アラブ首長国連邦モルディブ大使館」の記事については、「在アラブ首長国連邦モルディブ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 09:37 UTC 版)

在パラグアイ中華民国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中華民國巴拉圭大使列表」を参照 2020年6月2日、韓志正(中国語版)(スペイン語: José Han ホセ・アン)がマリオ・アブド・ベニテス大統領信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在パラグアイ中華民国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在パラグアイ中華民国大使館」の記事については、「在パラグアイ中華民国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 14:05 UTC 版)

駐日エルサルバドル大使館」の記事における「大使」の解説

2021年3月10日より、ディエゴ・アレハンドロ・ダルトン・ロサレスが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日エルサルバドル大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日エルサルバドル大使館」の記事については、「駐日エルサルバドル大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 19:08 UTC 版)

駐日ホンジュラス大使館」の記事における「大使」の解説

2017年12月21日より、エクトル・アレハンドロ・パルマ・セルナが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ホンジュラス大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ホンジュラス大使館」の記事については、「駐日ホンジュラス大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 19:08 UTC 版)

在中華民国ホンジュラス大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:宏都拉斯駐中華民國大使列表」を参照 2019年12月19日、エニー・ヤミレス・バウティスタ・ゲバラが蔡英文総統信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在中華民国ホンジュラス大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華民国ホンジュラス大使館」の記事については、「在中華民国ホンジュラス大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 15:39 UTC 版)

駐日ガボン大使館」の記事における「大使」の解説

2018年1月18日より、ジョゼフ・ジロ・エファンゴン・オバゲが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ガボン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ガボン大使館」の記事については、「駐日ガボン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 14:42 UTC 版)

駐日オマーン大使館」の記事における「大使」の解説

2018年12月26日より、モハメッド・サイード・ハリファ・アル・ブサイディが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日オマーン大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日オマーン大使館」の記事については、「駐日オマーン大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 10:23 UTC 版)

在中華人民共和国ジブチ大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:吉布提驻华大使列表」を参照 2011年12月5日より、アブダッラー・アブディッラーヒ・ミーギールが特命全権大使務めている。 また、かつて東京常駐のラシャッド・アーメッド・サレ・ファラ(英語版駐日大使在中国大使を兼轄していた。

※この「大使」の解説は、「在中華人民共和国ジブチ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在中華人民共和国ジブチ大使館」の記事については、「在中華人民共和国ジブチ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 10:18 UTC 版)

駐日モルドバ大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「日本とモルドバの関係#駐日モルドバ大使」を参照 2021年9月1日より、タチアナ・メシテル=バラン参事官臨時代理大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日モルドバ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日モルドバ大使館」の記事については、「駐日モルドバ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 15:38 UTC 版)

駐日ナイジェリア大使館」の記事における「大使」の解説

2021年8月27日より、アブバカ・モリキ・フセイニが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日ナイジェリア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ナイジェリア大使館」の記事については、「駐日ナイジェリア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 04:29 UTC 版)

在タイモルディブ大使館」の記事における「大使」の解説

2019年9月12日より、モハメド・ジナーが次期特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在タイモルディブ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在タイモルディブ大使館」の記事については、「在タイモルディブ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 16:23 UTC 版)

在トンガ中華人民共和国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中国驻汤加大使列表」を参照 2020年2月25日より、曹小林中国語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在トンガ中華人民共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在トンガ中華人民共和国大使館」の記事については、「在トンガ中華人民共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 16:05 UTC 版)

在エスワティニ中華民国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中華民國駐史瓦帝尼大使列表」を参照 2018年8月30日洪昇中国語版)がムスワティ3世信任状捧呈して、爾後特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在エスワティニ中華民国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在エスワティニ中華民国大使館」の記事については、「在エスワティニ中華民国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 16:29 UTC 版)

在ミャンマー中華人民共和国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中国驻缅甸大使列表」を参照 2019年6月18日より、陳海(中国語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在ミャンマー中華人民共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在ミャンマー中華人民共和国大使館」の記事については、「在ミャンマー中華人民共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 16:30 UTC 版)

在モンゴル中華人民共和国大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「zh:中国蒙古大使列表」を参照 2020年2月12日より、文睿(中国語版)が特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「在モンゴル中華人民共和国大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「在モンゴル中華人民共和国大使館」の記事については、「在モンゴル中華人民共和国大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 20:59 UTC 版)

駐日アルバニア大使館」の記事における「大使」の解説

2016年9月8日より、ジェルジ・テネケチェジウ特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日アルバニア大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日アルバニア大使館」の記事については、「駐日アルバニア大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 21:12 UTC 版)

駐日キューバ大使館」の記事における「大使」の解説

2020年3月17日より、ミゲル・アンヘル・ラミレス・ラモスが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日キューバ大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日キューバ大使館」の記事については、「駐日キューバ大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 07:33 UTC 版)

駐日ネパール大使館」の記事における「大使」の解説

2021年10月8日より、アンビカ・ジョシ参事官臨時代理大使務めている。 歴代大使からは、財務大臣英語版)および中央銀行総裁輩出している。1975年から1979年にかけて駐日大使務めていたヤダブ・パント(英語版)が、財務大臣中央銀行総裁歴任している。

※この「大使」の解説は、「駐日ネパール大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日ネパール大使館」の記事については、「駐日ネパール大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 07:43 UTC 版)

駐日イスラエル大使館」の記事における「大使」の解説

詳細は「駐日イスラエル大使」を参照 2021年11月25日より、ギラッド・コーヘン特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日イスラエル大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日イスラエル大使館」の記事については、「駐日イスラエル大使館」の概要を参照ください。


大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 01:32 UTC 版)

駐日セネガル大使館」の記事における「大使」の解説

2018年9月19日より、ゴルギ・シスが特命全権大使務めている。

※この「大使」の解説は、「駐日セネガル大使館」の解説の一部です。
「大使」を含む「駐日セネガル大使館」の記事については、「駐日セネガル大使館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大使」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

大使

出典:『Wiktionary』 (2021/06/15 13:59 UTC 版)

名詞

使(たいし)

  1. 代表して外国派遣される外交官一番

発音(?)

た↘いし

関連語

翻訳


「大使」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



大使と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大使」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大使のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大使 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの行方市 (改訂履歴)、駐日カナダ大使館 (改訂履歴)、在ベリーズ中華民国大使館 (改訂履歴)、在中華民国グアテマラ大使館 (改訂履歴)、駐日グアテマラ大使館 (改訂履歴)、駐日パラグアイ大使館 (改訂履歴)、駐日ベトナム大使館 (改訂履歴)、駐日ジョージア大使館 (改訂履歴)、駐日ルクセンブルク大使館 (改訂履歴)、駐日アルジェリア大使館 (改訂履歴)、駐日マラウイ大使館 (改訂履歴)、駐日ラオス大使館 (改訂履歴)、在コソボ英国大使館 (改訂履歴)、駐日イラン大使館 (改訂履歴)、在ツバル中華民国大使館 (改訂履歴)、在マーシャル諸島中華民国大使館 (改訂履歴)、在ナウル中華民国大使館 (改訂履歴)、在パラオ中華民国大使館 (改訂履歴)、在グアテマラ中華民国大使館 (改訂履歴)、在ニカラグア中華民国大使館 (改訂履歴)、駐日トンガ大使館 (改訂履歴)、駐日パキスタン大使館 (改訂履歴)、駐日サウジアラビア王国大使館 (改訂履歴)、駐日アルメニア大使館 (改訂履歴)、駐日モンゴル国大使館 (改訂履歴)、駐日エクアドル大使館 (改訂履歴)、在中華民国ツバル大使館 (改訂履歴)、駐日ガーナ大使館 (改訂履歴)、駐日スリランカ大使館 (改訂履歴)、駐日エチオピア大使館 (改訂履歴)、駐日リトアニア大使館 (改訂履歴)、スポーツアコードワールドコンバットゲームズ (改訂履歴)、駐日スペイン大使館 (改訂履歴)、駐日カタール大使館 (改訂履歴)、駐日ヨルダン大使館 (改訂履歴)、在ホンジュラス中華民国大使館 (改訂履歴)、駐日オランダ大使館 (改訂履歴)、駐日ウズベキスタン大使館 (改訂履歴)、駐日ルーマニア大使館 (改訂履歴)、駐日モーリタニア大使館 (改訂履歴)、駐日北マケドニア大使館 (改訂履歴)、駐日ポーランド大使館 (改訂履歴)、駐日クロアチア大使館 (改訂履歴)、在モンゴルトルコ共和国大使館 (改訂履歴)、在トルコモンゴル国大使館 (改訂履歴)、駐日アフガニスタン大使館 (改訂履歴)、駐日ミャンマー大使館 (改訂履歴)、駐日フィリピン大使館 (改訂履歴)、駐日シリア大使館 (改訂履歴)、駐日サモア大使館 (改訂履歴)、在朝鮮民主主義人民共和国ベネズエラ大使館 (改訂履歴)、駐日コロンビア共和国大使館 (改訂履歴)、駐日ベラルーシ大使館 (改訂履歴)、駐日ボリビア大使館 (改訂履歴)、駐日カメルーン大使館 (改訂履歴)、在モルディブ中華人民共和国大使館 (改訂履歴)、在パキスタン中華人民共和国大使館 (改訂履歴)、在中華人民共和国キプロス大使館 (改訂履歴)、駐日イラク大使館 (改訂履歴)、駐日ラトビア大使館 (改訂履歴)、曽於市 (改訂履歴)、在パキスタンアフガニスタン大使館 (改訂履歴)、駐日ジブチ共和国大使館 (改訂履歴)、駐日ドミニカ共和国大使館 (改訂履歴)、在中華人民共和国トンガ大使館 (改訂履歴)、在ドイツモルディブ大使館 (改訂履歴)、在中華人民共和国モルディブ大使館 (改訂履歴)、在サウジアラビアモルディブ大使館 (改訂履歴)、駐日エリトリア大使館 (改訂履歴)、在アゼルバイジャン日本国大使館 (改訂履歴)、在中華民国キリバス大使館 (改訂履歴)、ヒューバート・マイルズ・グラッドウィン・ジェブ (初代グラッドウィン男爵) (改訂履歴)、駐日カザフスタン大使館 (改訂履歴)、在朝鮮民主主義人民共和国イラン大使館 (改訂履歴)、駐日チュニジア大使館 (改訂履歴)、駐日ハンガリー大使館 (改訂履歴)、駐日アゼルバイジャン大使館 (改訂履歴)、駐日エジプト大使館 (改訂履歴)、駐日タンザニア大使館 (改訂履歴)、在ハイチ中華民国大使館 (改訂履歴)、駐日インド大使館 (改訂履歴)、在モルディブアラブ首長国連邦大使館 (改訂履歴)、模擬国連 (改訂履歴)、在モルディブサウジアラビア大使館 (改訂履歴)、駐日アルゼンチン大使館 (改訂履歴)、駐日ザンビア大使館 (改訂履歴)、駐日パプアニューギニア大使館 (改訂履歴)、在中華民国パラグアイ大使館 (改訂履歴)、在アイスランドフィンランド大使館 (改訂履歴)、在中華民国パラオ大使館 (改訂履歴)、在中華民国ナウル大使館 (改訂履歴)、駐日コソボ大使館 (改訂履歴)、駐日ペルー大使館 (改訂履歴)、河津町 (改訂履歴)、駐日アラブ首長国連邦大使館 (改訂履歴)、駐日タイ王国大使館 (改訂履歴)、駐日トルコ共和国大使館 (改訂履歴)、駐日ニュージーランド大使館 (改訂履歴)、駐日レバノン大使館 (改訂履歴)、駐日バングラデシュ大使館 (改訂履歴)、駐日東ティモール大使館 (改訂履歴)、駐日インドネシア共和国大使館 (改訂履歴)、駐日イエメン大使館 (改訂履歴)、駐日マーシャル諸島大使館 (改訂履歴)、駐日ニカラグア大使館 (改訂履歴)、在朝鮮民主主義人民共和国インドネシア共和国大使館 (改訂履歴)、駐日ウクライナ大使館 (改訂履歴)、駐日ボツワナ大使館 (改訂履歴)、在中華民国ニカラグア大使館 (改訂履歴)、在中華民国エスワティニ大使館 (改訂履歴)、在中華民国ハイチ大使館 (改訂履歴)、駐日ハイチ大使館 (改訂履歴)、在中華民国マーシャル諸島大使館 (改訂履歴)、駐日アイルランド大使館 (改訂履歴)、駐日ミクロネシア連邦大使館 (改訂履歴)、駐日チリ大使館 (改訂履歴)、駐日キプロス大使館 (改訂履歴)、駐日マダガスカル大使館 (改訂履歴)、駐日マリ共和国大使館 (改訂履歴)、駐日バーレーン大使館 (改訂履歴)、駐日ジンバブエ大使館 (改訂履歴)、駐日ベネズエラ大使館 (改訂履歴)、駐日サンマリノ大使館 (改訂履歴)、駐日コスタリカ大使館 (改訂履歴)、駐日エストニア大使館 (改訂履歴)、駐日スロベニア大使館 (改訂履歴)、駐日アイスランド大使館 (改訂履歴)、駐日ジャマイカ大使館 (改訂履歴)、在アラブ首長国連邦モルディブ大使館 (改訂履歴)、在パラグアイ中華民国大使館 (改訂履歴)、駐日エルサルバドル大使館 (改訂履歴)、駐日ホンジュラス大使館 (改訂履歴)、在中華民国ホンジュラス大使館 (改訂履歴)、駐日ガボン大使館 (改訂履歴)、駐日オマーン大使館 (改訂履歴)、在中華人民共和国ジブチ大使館 (改訂履歴)、駐日モルドバ大使館 (改訂履歴)、駐日ナイジェリア大使館 (改訂履歴)、在タイモルディブ大使館 (改訂履歴)、在トンガ中華人民共和国大使館 (改訂履歴)、在エスワティニ中華民国大使館 (改訂履歴)、在ミャンマー中華人民共和国大使館 (改訂履歴)、在モンゴル中華人民共和国大使館 (改訂履歴)、駐日アルバニア大使館 (改訂履歴)、駐日キューバ大使館 (改訂履歴)、駐日ネパール大使館 (改訂履歴)、駐日イスラエル大使館 (改訂履歴)、駐日セネガル大使館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの大使 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS