著名人とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 著名人の意味・解説 

人間

(著名人 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/11 17:57 UTC 版)

人間(にんげん、英: human being[1])とは、以下の概念を指す。


  1. ^ 政治学科では一般にこう訳している
  2. ^ 生物学科の人間などが、こうした翻訳をしたがる傾向がある。ただし、アリストテレスが「ポリス」という言葉に込めた意味をあまり理解していない場合が多く、しかも原著の内容を確認しないまま自己勝手に意味を歪曲していることが多い。

出典

  1. ^ ジーニアス和英辞典「人間」
  2. ^ a b c 広辞苑「にんげん【人間】」
  3. ^ 土井かおる『よくわかるキリスト教』p.29, PHP研究所, 2004, ISBN 456963494X
  4. ^ 土井かおる『よくわかるキリスト教』p.38
  5. ^ 土井かおる『よくわかるキリスト教』p.38
  6. ^ 尾崎和彦『生と死・極限の医療倫理学』創言社, 2002, p.264)
  7. ^ Politika 1252b-1253a
  8. ^ a b c d e f 平子友長「西洋における市民社会概念の歴史」2007
  9. ^ 土井かおる『よくわかるキリスト教』p21
  10. ^ アウグスティヌス以前には原罪という思想は明確にはなかった、また東方正教会にもなかった、とされる。(土井かおる『よくわかるキリスト教』p.20)
  11. ^ 尾崎和彦『生と死・極限の医療倫理学』創言社, 2002, p.264
  12. ^ 尾崎和彦『生と死・極限の医療倫理学』創言社, 2002, p.264
  13. ^ 尾崎和彦『生と死・極限の医療倫理学』創言社, 2002, p.264
  14. ^ 表現自体は「書経」の泰誓上から来たものである
  15. ^ こうした観点を端的に表現した概念としては、社会生物学の「利己的遺伝子」の概念などが挙げられるリチャード・ドーキンスの著『利己的な遺伝子』で広く知られるようになった)
  16. ^ 生物学的観点だけで人間のことを探求し記述したとしても人間のことを把握したことにはならないということである。ただし社会学などの、文化的側面が生物学的側面と独立している、あるいは対比的であるという前提についてはE.O.ウィルソン『知の統合』などの批判はある
  17. ^ ホモ・エコノミクス(経済人)」といった表現もある。
  18. ^ 岩田好宏『「人間らしさ」の起原と歴史』
  19. ^ 村上恭一『哲学史講義』成文堂、2010年 第一章
  20. ^ 勿論その時代にあっても多くの場合は相手も同じ人間である(理解し合うこともできるし、子供も作れる)ということを理屈の上では理解していたであろう。しかし感情的に同類と見なすことができなかった。
  21. ^ 養老孟司『死の壁』新潮社、2004年、90〜94項
  22. ^ もしも 地球外生命、異人類が存在し、もしも それが独自の文化や社会(いわゆる宇宙人地球外文明)を形成していたとした場合には、「どの段階から人間として尊重すべきか?」「彼らがその形質上において地球上の生物とは異なる存在であろうとも、その何等かの特徴を持って人間として扱うべきではないか?」「ヒトという動物の中の一種族のみが人間と言えるのか?」「文化や知能が一定レベル以上であれば人間と見なしてもよいのではないか?」などということを大真面目に考えたり議論したりしている者たちもいるということである。SF作品(あくまでフィクション)では、我々の考える所の人道と同じ概念を共有出来る生命ならばそれは即ち人間である、などとして物語を展開することなどは多々見受けられる。
  23. ^ 俗に、「人」という漢字には、2つの存在が支えあっている様子が描かれている、ともいう。


「人間」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「著名人」の関連用語

著名人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



著名人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS