語源とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 意味 > 語源の意味・解説 

ご‐げん【語源/語原】

読み方:ごげん

個々の単語本来の形や意味。また、個々の単語成立の由来や起源


語源学

(語源 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 16:20 UTC 版)

語源学(ごげんがく、: etymologia: etymology)とは、ある語について、何に由来するのか、あるいはいつ借用されたのか、意味やがどのように変化したのかを探る学問である。言語学の中では主要な分野ではなく、また一つ一つの語の由来を探ることは学問的に重視されていないが、その成果は言語の系統を調べる比較言語学で利用される。




「語源学」の続きの解説一覧

語源(命名)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 06:22 UTC 版)

背広」の記事における「語源(命名)」の解説

語源について諸説ある。1967年刊の日本国語大辞典では、漢字の背広」は外国語の音を表すための当て字であるという説と、意味に由来する命名とする説があるが、外国語由来とする説有力である、と説明された幕末から明治初期にかけてセビロ」というカタカナ表記見られるようになり、一般に明治20年1887年)頃から用いられとされる語源について英国ロンドンの高級紳士服店街「サヴィル・ロウ」(セビルロー)から変化したとする説市民服を意味するcivil clothes」から変化したとする説市民服を意味するcivil wear」から変化したとする説。 「背部(背の布パーツ)が広い服」の意。(紳士服裁断された布パーツの中の背中部分面積大きさによる呼び分けだ、とする説については下の節で続き説明。) 『背筋縫い目がない(※注)ところから背広」と呼ばれた』と主張する説。(※注)現代スーツ背筋縫い目はある。だが戦前期多くの洋装に関する書籍記した木村慶市(木村慶市はテーラーつまり紳士服職人言語学者ではない)の1932年書物では、「古い時代仕立てでは背中中央の縫い目がない」と指摘され主張され)、「我が背広服の語源はモーニングの背の細く狭き反し背広服の背は巾広き 以つて此名を附したること明かなり」と、述べられた主張された)。 「sack coat」の訳語で「ゆったりした上衣」の意。 紳士服用いられる良質の羊毛服地意味する「シェビオット(Cheviot)」から変化したとする説。 など複数あるが、外語由来とする説有力である。杉本つとむは『増訂通語』に「ベスト上着)」の意で「背心」、「new waistcoat」として「新背心」など、紳士服訳語に「背」の字使用される(ただし、sack coatの訳にはみえない)ことに注目し中国語由来するとの仮説提示している。 裁断方式に関する明治・大正期の、日本独特の、細かい呼び分け分類法関係して命名されている、とする説また、昭和初期ごろまでは裁断上の基本構造区別により、折襟詰襟区別なく背広の語を用いていた。当時の日本におけるジャケット裁断では前身頃脇下まで一枚布でとることが一般的であり、一部詰襟服(海軍服など)に限ってのみモーニングフロックコートのように背中食い込む形でサイバラを取ることがあったが、前者裁断を行うもの(背中生地広くとるもの)を総じて背広呼び後者背中生地狭くとり、サイバラ設けるもの)については達磨ダルマ)やジャケツ呼称した。たとえば帝国大学制服詰襟であったが、前者裁断方式をとったため制服制定に関する上申書おいても背広形但建襟」と表記されている。また、山田東明『洋服裁縫新書』における説明では「是は脊廣不断着致しまして、服装には片前両前竪衿折衿返り衿等いろ/\あります」とあり、テーラードカラーのものは背広単なる一形態として認識されていたことがうかがえる

※この「語源(命名)」の解説は、「背広」の解説の一部です。
「語源(命名)」を含む「背広」の記事については、「背広」の概要を参照ください。


語源(natio, gens)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 09:16 UTC 版)

ネーション」の記事における「語源(natio, gens)」の解説

元来nationラテン語において「生まれ」を意味するnatio(ナティオ)に由来する概念であり、gensゲンス)とならんで血統と出自女神意味した家族より大きく氏族よりも狭い、「同じ生まれ帰属する人々」を指す言葉であった。

※この「語源(natio, gens)」の解説は、「ネーション」の解説の一部です。
「語源(natio, gens)」を含む「ネーション」の記事については、「ネーション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「語源」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

語源

出典:『Wiktionary』 (2021/08/04 11:18 UTC 版)

名詞

(ごげん)

  1. 個々単語みなもと

発音(?)

ご↗げん

用法

Bという言葉を元にしてAという言葉ができた場合、「AはBを語源とする」「Aの語源はBである」と表現することができる。しかし、「Aの語源はBから来ている」「Aの語源はBに由来する」といった表現は、文法的に誤っている。

関連語

翻訳


「語源」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



語源と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「語源」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||



7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||


語源のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



語源のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの語源学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの背広 (改訂履歴)、ネーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの語源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS