ホトトギスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ホトトギスの意味・解説 

ほととぎす

[一](ホトトギス)俳句雑誌明治30年(1897)松山創刊正岡子規主宰翌年東京移し高浜虚子編集日本派機関誌として、写生主唱し、近代俳壇大きな影響与えた。現在も続刊

[二]不如帰徳冨蘆花(とくとみろか)の小説明治3132年(1898〜1899)発表海軍少尉川島武男と妻浪子との純粋な愛情が、封建的家族制度の中で壊されていく悲劇を描いた家庭小説


ほととぎす【時鳥/子規/杜鵑/不帰/郭公】

【一】[名]

カッコウ科全長28センチくらい。全体灰色で、胸から腹に横斑があるアジア東部繁殖し、冬は東南アジアに渡る。日本には初夏渡来。キョキョキョと鋭く鳴き、「てっぺんかけたか」「ほぞんかけたか」「特許許可局」などと聞きなし夜に鳴くこともある。自分の巣をもたず、ウグイス・ミソサザイなどの巣に托卵する。古くから春のウグイス、秋の雁(かり)とともに和歌に詠まれ、また冥土往来するともいわれた。別名が多く文目鳥(あやめどり)・妹背鳥(いもせどり)・黄昏鳥(たそがれどり)・偶(たまさかどり)・卯月鳥(うづきどり)・早苗鳥勧農鳥(かんのうちょう)・魂迎鳥(たまむかえどり)・死出田長(しでのたおさ)などがある。杜宇(とう)。蜀魂(しょっこん)。しき。とけん。《 夏》「—大竹をもる月夜芭蕉

(「杜鵑草」「油点草」などと書く)ユリ科多年草本州以南山野自生。高さ約60センチはやや斜め伸び長楕円形で先がとがり、基部を抱く。9月ごろ、6弁花を上向きに開く。花びら白地紫の斑が散り1の胸模様思わせる。《 秋》

【二】ホトトギスが飛ぶ意から、「飛ぶ」「とば」にかかる。

「—飛幡(とばた)の浦に」〈三一六五〉

時鳥/子規/杜鵑/不如帰/郭公の画像

不如帰

読み方:ホトトギス(hototogisu)

山地に住む中形


子規

読み方:ホトトギス(hototogisu)

カッコウ目カッコウ科


時鳥

読み方:ホトトギス(hototogisu)

トケン目の


杜宇

読み方:ホトトギス(hototogisu)

カッコウ目カッコウ科


杜鵑

読み方:ホトトギス(hototogisu)

カッコウ目カッコウ科


蜀魂

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ホトトギス目


不如婦

読み方:ホトトギス(hototogisu)

杜鵑目の

別名 杜鵑霍公鳥時鳥子規杜宇沓手鳥蜀魂


子規

読み方:ホトトギス(hototogisu)

杜鵑目の

別名 杜鵑霍公鳥時鳥杜宇不如婦沓手鳥蜀魂


時鳥

読み方:ホトトギス(hototogisu)

杜鵑目の

別名 杜鵑霍公鳥子規杜宇不如婦沓手鳥蜀魂


杜宇

読み方:ホトトギス(hototogisu)

杜鵑目の

別名 杜鵑霍公鳥時鳥子規不如婦沓手鳥蜀魂


杜鵑

読み方:ホトトギス(hototogisu)

杜鵑目の

別名 霍公鳥時鳥子規杜宇不如婦沓手鳥蜀魂


杜鵑草

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ユリ科多年草

別名 油点草


沓手鳥

読み方:ホトトギス(hototogisu)

杜鵑目の

別名 杜鵑霍公鳥時鳥子規杜宇不如婦蜀魂


油点草

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ユリ科多年草

別名 杜鵑草


蜀魂

読み方:ホトトギス(hototogisu)

杜鵑目の

別名 杜鵑霍公鳥時鳥子規杜宇不如婦沓手鳥


霍公鳥

読み方:ホトトギス(hototogisu)

杜鵑目の

別名 杜鵑時鳥子規杜宇不如婦沓手鳥蜀魂


ホトトギス

作者古井由吉

収載図書夜明けの家
出版社講談社
刊行年月1998.4

収載図書夜明けの家
出版社講談社
刊行年月2008.9
シリーズ名講談社文芸文庫


ホトトギス

ホトトギス
ホトトギス

映像ファイルをダウンロードして再生することができます



杜鵑

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ホトドギスの別称
ホトトギス科の

学名 Cuculus poliocephalus


郭公貝

読み方:ホトトギス(hototogisu)

イガイ科二枚貝

学名 Musculus senhousia


杜鵑

読み方:ホトトギス(hototogisu)

オトギリソウ別称
オトギリソウ科多年草薬用植物

学名 Hypericum erectum var.erectum


杜鵑

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ツユクサ別称
ツユクサ科一年草薬用植物

学名 Commelina communis var.communis


杜鵑草

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ユリ科多年草園芸植物

学名 Tricyrtis hirta


油点草

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ユリ科多年草園芸植物

学名 Tricyrtis hirta


郭公

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ユリ科多年草園芸植物

学名 Tricyrtis hirta


不如帰

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ホトトギス科の

季節

分類 動物


子規

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ホトトギス科の

季節

分類 動物


時鳥

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ホトトギス科の

季節

分類 動物


杜魂

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ホトトギスの別称

季節

分類 動物


蜀魂

読み方:ホトトギス(hototogisu)

ホトトギスの別称

季節

分類 動物


郭公

読み方:ホトトギス(hototogisu)

トケン科の

季節

分類 動物


不如帰

読み方:ホトトギス(hototogisu)

初演 明治37.9(東京東京座)


不如帰

読み方:ホトトギス(hototogisu)

作者 徳富蘆花

初出 明治33年

ジャンル 小説


杜鵑

読み方:ホトトギス(hototogisu)

作者 林芙美子

初出 昭和13年

ジャンル 小説


油点草

読み方:ホトトギス(hototogisu)

作者 田中冬二

ジャンル


ホトトギス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 07:44 UTC 版)

ホトトギス学名Cuculus poliocephalus)は、カッコウ目カッコウ科分類される鳥類の一種[注 1]。特徴的な鳴き声とウグイスなどに托卵する習性で知られている。日本では古来、様々な文書に登場し、杜鵑、杜宇、蜀魂、不如帰[注 2]、時鳥、子規、田鵑など、漢字表記や異名が多い。季語では春を示す。                     


  1. ^ 「ホトトギス目ホトトギス科」と書かれることもあるが、カッコウ目カッコウ科と同じものである
  2. ^ 「杜鵑」「杜宇」「蜀魂」「不如帰」などは、中国の故事「杜鵑の啼血」にちなむ。故事の節で説明。
  3. ^ 家康の句にある郭公(ホトトギス)とは前田利家のことを指し、家康は利家が死ぬのを待っていたとする説がある。[要出典]
  4. ^ ただしこの句は、根岸鎮衛の著になる『耳嚢』にある紹巴の句「なかぬなら鳴かぬのもよし郭公」と同趣向である。また織田信長の七男・織田信高の系統の旗本織田家の末裔であると言われているフィギュアスケート選手の織田信成も、テレビ番組のインタビューにおいて、信長を詠んだ句への返句として「鳴かぬなら それでいいじゃん ホトトギス」と、松下と同じような句を詠んで話題になった。なお種田山頭火は「鳴かぬなら鳴かなくてよいホトトギス」のパロディを作っている。(『草木塔』所収)
  1. ^ 都道府県の鳥について Archived 2013年10月27日, at the Wayback Machine. (日本鳥類保護連盟


「ホトトギス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホトトギス」の関連用語

ホトトギスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホトトギスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
オーエンオーエン
Copyright (C) 2002-2022 Oen Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホトトギス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS