托卵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 習性 > 托卵の意味・解説 

たく らん [0]

鳥が、他の鳥の巣に卵を産み抱卵育雛いくすう)を托す習性日本では、ホトトギスカッコウなどにこの習性が知られている。

托卵

英訳・(英)同義/類義語:brood parasitism

鳥類生殖行動で、カッコウ等が他の種類の巣に自身の卵を生み付け巣立ちまで世話をさせること。

托卵

作者平山夢明

収載図書贈る物語Wonder
出版社光文社
刊行年月2002.11

収載図書贈る物語 Wonder―すこしふしぎの驚きあなたに
出版社光文社
刊行年月2006.11
シリーズ名光文社文庫


托卵

作者島村洋子

収載図書勿忘草恋愛ホラー・アンソロジー
出版社祥伝社
刊行年月2003.1
シリーズ名祥伝社文庫


托卵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/03 13:43 UTC 版)

托卵(たくらん)とは、の世話を他の個体に托する動物習性のことである。代わりのは仮親と呼ばれる。もともとは鳥類のそれを指したが、魚類昆虫類でも見られる。




「托卵」の続きの解説一覧



托卵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「托卵」の関連用語

托卵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



托卵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの托卵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS