ムクドリとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ムクドリの意味・解説 

むく‐どり【×椋鳥】

読み方:むくどり

ムクドリ科全長24センチくらい。くちばしと脚が橙黄色背面黒褐色で、顔に不規則な白斑があり、飛ぶと白い腰が目立つ。大群をつくり、リャーリャーと鳴く昆虫果実食べる。日本では大部分留鳥白頭翁。むく。《 秋》「—のこぼれ残りかな/立子

スズメ目ムクドリ科鳥の総称旧大陸に百数種分布。コムクドリ・ホシムクドリなどや九官鳥含まれる

田舎から都会出て来た人をあざけっていう語。おのぼりさん

「町からは毎日毎日ポン引(ぴき)が—を引張って来る」〈漱石坑夫


椋鳥

読み方:ムクドリ(mukudori)

燕雀目の


ムクドリ

ムクドリ
ムクドリ


ムクドリ(イメージ)

ムクドリ Sturnus cineraceus

ムクドリ(イメージ

この害虫属する群
ムクドリ
害虫カテゴリ
有害鳥獣類 その他
被害
 果樹への食害や、ねぐらとなった樹木とその周辺の糞害
生態
 ムクドリは夕方になる集団で樹木にねぐらを形成し朝になる小規模群れとなって餌を探しに散り散りになっていく。春から夏にかけ繁殖期に入ると集団には加わらず、つがいで樹洞ビルの隙間営巣するようになる一度の産卵で4~8個の卵を産む

ムクドリ


椋鳥

読み方:ムクドリ(mukudori)

ムクドリ科

学名 Sturnus cineraceus


椋鳥

読み方:ムクドリ(mukudori)

作者 井伏鱒二

初出 昭和12年

ジャンル 随筆


椋鳥

読み方:ムクドリ(mukudori)

作者 古井由吉

初出 昭和53年

ジャンル 小説


ムクドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 10:02 UTC 版)

ムクドリ椋鳥・鶁[1]・白頭翁[1]学名: Sturnus cineraceus)はスズメ目ムクドリ科鳥類の1種[2]。英名は White-cheeked Starling または Grey Starling。


  1. ^ a b 落合直文著・芳賀矢一改修 「むくどり」『言泉:日本大辞典』第五巻、大倉書店、1928年、4534頁。
  2. ^ 山形則男・吉野俊幸・五百澤日丸=写真、五百澤日丸・山形則男=解説 『新訂 日本の鳥550 山野の鳥』文一総合出版、2014年、234頁。ISBN 978-4829984000 
  3. ^ 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥』(増補改訂版)日本野鳥の会、2007年10月。ISBN 978-4-931150-41-6 
  4. ^ 佐藤重穂、木村宏、平田幸、岡井義明「高知県宿毛市におけるムクドリとギンムクドリの異種間つがいによる繁殖事例」『日本鳥学会誌』第59巻第1号、日本鳥学会、2010年6月3日、 76-79頁、 doi:10.3838/jjo.59.76NAID 1300044969972011年6月29日閲覧。
  5. ^ a b c 大橋弘一 + Naturally 『鳥の名前』東京書籍、2003年、196頁。 
  6. ^ a b c 安倍直哉 『野鳥の名前』山と渓谷社〈山渓名前図鑑〉、2008年、317頁。 
  7. ^ 佐久市志編纂委員会編纂『佐久市志 民俗編 下』佐久市志刊行会、1990年、1386ページ。
  8. ^ 大久保忠国、木下和子 編 『江戸語辞典』東京堂出版、2014年9月。ISBN 978-4-490-10851-4  [要ページ番号]
  9. ^ 山口徹「文芸誌『スバル』における「椋鳥通信」 : 一九〇九年のスピード」『學術研究. 国語・国文学編』第53号、早稲田大学教育学部、2005年2月25日、 39-49頁、 NAID 1100046171222014年2月15日閲覧。
  10. ^ 『明日へのことば』【宮沢賢治の願い、鳥と人間の共生】[要検証]
  11. ^ ムクドリ”. 野鳥マップ. 一橋植樹会(一橋大学). 2013年7月15日閲覧。
  12. ^ 『野鳥』1982年12月号 [要文献特定詳細情報] [要ページ番号]
  13. ^ ブライト, M. 著、丸武志 訳 『鳥の生活』平凡社、1997年9月、309-310頁。ISBN 978-4-582-52724-7 
  14. ^ ムクドリ”. 徒然野鳥記. C.E.C (2007年9月1日). 2013年7月15日閲覧。
  15. ^ 中央農業総合研究センター 鳥獣害研究室 (2005年3月11日). “鳥種別生態と防除の概要:ムクドリ (PDF)”. 国立研究開発法人農研機構. 2013年7月15日閲覧。
  16. ^ 中村和雄, 飯泉良則、「【原著】Distress Call によるムクドリのねぐらの移動」『野生生物保護』 1995年 1巻 2号 p.69-76, doi:10.20798/wildlifeconsjp.1.2_69
  17. ^ 農林水産省農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター. “忌避音による鳥の追い払いと音発生装置”. 国立研究開発法人農研機構. 2017年8月25日閲覧。


「ムクドリ」の続きの解説一覧

ムクドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 04:51 UTC 版)

コゼット」の記事における「ムクドリ」の解説

本名:ガブリエル・ラスコー。1834年生まれ浮浪児。サン・ジュリアン・ル・ボーヴル教会近く生まれ育った父親囚人(すでに逝去)、母親ミミ・ラスコー祖母アカダラケ伯爵夫人。ラ・プティット・ロケット監獄(=現代日本いうところの少年院)に収容されことがある10歳時の事件原因で鼻を骨折今も鼻が曲がっている。

※この「ムクドリ」の解説は、「コゼット」の解説の一部です。
「ムクドリ」を含む「コゼット」の記事については、「コゼット」の概要を参照ください。


ムクドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 16:07 UTC 版)

コゼット (小説)」の記事における「ムクドリ」の解説

本名:ガブリエル・ラスコー。1834年生まれ浮浪児。サン・ジュリアン・ル・ボーヴル教会近く生まれ育った父親囚人(すでに逝去)、母親ミミ・ラスコー祖母アカダラケ伯爵夫人。ラ・プティット・ロケット監獄(=現代日本いうところの少年院)に収容されことがある10歳時の事件原因で鼻を骨折今も鼻が曲がっている。

※この「ムクドリ」の解説は、「コゼット (小説)」の解説の一部です。
「ムクドリ」を含む「コゼット (小説)」の記事については、「コゼット (小説)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ムクドリ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ムクドリ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/19 13:42 UTC 版)

名詞

ムクドリ

  1. スズメ目ムクドリ科ムクドリ属に属す鳥の一種学名:Sturnus cineraceus。別名、白頭翁。むく。

関連語

翻訳


「ムクドリ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ムクドリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ムクドリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
オーエンオーエン
Copyright (C) 2002-2022 Oen Co.,Ltd. All Rights Reserved.
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2022 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムクドリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコゼット (改訂履歴)、コゼット (小説) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのムクドリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS