果樹とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 樹木 > 果樹の意味・解説 

か‐じゅ〔クワ‐〕【果樹】

読み方:かじゅ

食用となる果実のなる木。ミカン・リンゴなどの木。


果物

(果樹 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/25 16:36 UTC 版)

果物(くだもの、: fruits フルーツ)は、食用になる果実水菓子[注釈 1]、木菓子ともいう。


注釈

  1. ^ 青木直己 『図説 和菓子の今昔』(2版)淡交社、19-21頁。 によれば、「水菓子」は、果物が菓子を意味していたことの名残り。果物や木の実は弥生時代以降の食料環境の変化に伴って食料から徐々に嗜好品としての側面が強くなり、長い年月をかけて「菓子」の一分野となった。「菓子」の字義からも果物などが菓子をさしていたことが解る。

脚注

  1. ^ 農林水産省「消費者相談」の回答より
  2. ^ 並松 信久、2021年、「和菓子の変遷と菓子屋の展開」、『京都産業大学日本文化研究所紀要』26巻、京都産業大学日本文化研究所、ISSN 1341-7207NAID AN10537878 p. 303
  3. ^ 『農学基礎シリーズ 果樹園芸学の基礎』一般社団法人 農山漁村文化協会、2013年10月25日、21頁。ISBN 978-4-540-42204-1 
  4. ^ a b c 羽根 則子 『増補改訂 イギリス菓子図鑑 お菓子の由来と作り方』誠文堂新光社、2019年、207頁。 
  5. ^ 国立がんセンターがん対策情報センター (2009年2月25日). “日本人のためのがん予防法:現状において推奨できる科学的根拠に基づくがん予防法”. 2009年12月1日閲覧。
  6. ^ WHO technical report series 916. Diet, nutrition and the prevention of chronic diseases, 2003 & IARC monograph on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans, Volume83, Tobacco Smoke and Involuntary Smoking, 2004
  7. ^ 高齢者高血圧治療のこつ、久代 登志男、日本老年医学会雑誌、Vol.47 (2010) No.2 P123-126
  8. ^ Corliss, Julie (2023年1月1日). “Novel procedure may lower stubbornly high blood pressure” (英語). Harvard Health. 2022年12月25日閲覧。
  9. ^ 青澤直子. “第31回ハミウリ”. WOM Bangkok. 2020年4月4日閲覧。
  10. ^ Nishikimi M, Kawai T, Yagi K (October 1992). “Guinea pigs possess a highly mutated gene for L-gulono-gamma-lactone oxidase, the key enzyme for L-ascorbic acid biosynthesis missing in this species”. J. Biol. Chem. 267 (30): 21967–72. PMID 1400507. 
  11. ^ Martinez del Rio C (1997). “Can Passerines Synthesize Vitamin C?”. The Auk 114 (3): 513-516. http://elibrary.unm.edu/sora/Auk/v114n03/p0513-p0516.pdf. 
  12. ^ Pollock JI, Mullin RJ (May 1987). “Vitamin C biosynthesis in prosimians: evidence for the anthropoid affinity of Tarsius”. Am. J. Phys. Anthropol. 73 (1): 65–70. doi:10.1002/ajpa.1330730106. PMID 3113259. 
  13. ^ 毎月8日は果物の日 - 日果連ホームページ 2010年4月9日閲覧[リンク切れ]


「果物」の続きの解説一覧

果樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 01:40 UTC 版)

枝変わり」の記事における「果樹」の解説

果樹の枝変わりは、新品種発見同一品種でも系統選抜利用される

※この「果樹」の解説は、「枝変わり」の解説の一部です。
「果樹」を含む「枝変わり」の記事については、「枝変わり」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「果樹」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

果樹

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:49 UTC 版)

名詞

(かじゅ)

  1. 果実のなる木。

発音(?)

か↘じゅ

関連語


「果樹」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



果樹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「果樹」の関連用語

果樹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



果樹のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの果物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの枝変わり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの果樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS