マンゴーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 高木 > マンゴーの意味・解説 

マンゴー

Mangifera indica

Mangifera indica

Mangifera indica

Mangifera indica

Mangifera indica

Mangifera indica

Mangifera indica

Mangifera indica

Mangifera indica

Mangifera indica

Mangifera indica

Mangifera indica

インド北部からマレーシア原産です。高さは1020メートルになります2月から4月ごろに、先に大きな円錐花序をつけ、黄色またはうす紅色の花を咲かせます。同じ花序雄花雌花それに両生花が混じり、2~3か月後に、数個結実します。
ウルシ科マンゴー属の常緑高木で、学名Mangifera indica。英名は Mango
ウルシのほかの用語一覧
カイノキ:  楷の木
サンショウモドキ:  胡椒木
スポンディアス:  卵の木  卵の木
チャンチンモドキ:  香椿擬き
ハグマノキ:  白熊の木
マンゴー:  マンゴー

マンゴー

名前 MangoMungoMingau

マンゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 19:05 UTC 版)

マンゴー(檬果、芒果、学名: Mangifera indica)は、ウルシ科マンゴー属の果樹、またその果実菴羅(あんら)、菴摩羅(あんまら)ともいう。マンゴーの栽培は古く、紀元前インドで始まっており、仏教では、聖なる樹[2]とされ、ヒンドゥー教では、マンゴーは万物を支配する神「プラジャーパティ」の化身とされている。




  1. ^ World Conservation Monitoring Centre (1998). Mangifera indica. The IUCN Red List of Threatened Species 1998: e.T31389A9624842. doi:10.2305/IUCN.UK.1998.RLTS.T31389A9624842.en Downloaded on 01 January 2019.
  2. ^ アソカノキ(無憂樹)、インドボダイジュ(インド菩提樹)、サラノキ(沙羅双樹)、マンゴーとエンジュを加えて「仏教五木」」
  3. ^ 所さんの目がテン番組HP マンゴー
  4. ^ 大型のマンゴーになると見た目だけでは種の向きの判断が難しい場合がある。その場合はまな板の上に転がし、安定した方向と平行に種が入っている為それを避けて包丁を入れる
  5. ^ 日本のマンゴー生産量”. 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター. 2020年6月4日閲覧。
  6. ^ 宮崎県産宮崎マンゴー”. NISSEI. 2020年6月4日閲覧。
  7. ^ 「マンゴーが僕を見て微笑んだ」宮崎県のセールスマン・東国原英夫氏がヒットを連発できた理由”. 株式会社キャリアデザインセンター. 2020年6月4日閲覧。
  8. ^ 太陽のタマゴ最高50万円 宮崎市などで初競り”. 宮崎日日新聞. 2020年6月4日閲覧。
  9. ^ 完熟マンゴー「太陽のタマゴ」初セリ 宮崎”. 日テレNEWS24. 2020年6月4日閲覧。
  10. ^ a b JTB『るるぶ タイ・バンコク 2015年版』2014年、34頁


「マンゴー」の続きの解説一覧

マンゴー

出典:『Wiktionary』 (2020/04/11 08:26 UTC 版)

名詞

マンゴー

  1. ウルシ科マンゴー属に属す樹木Mangifera indica)。またその果実。別名、菴羅あんら菴摩羅あんまら奄羅菴没羅

語源

発音

東京アクセント

マ↘ンゴー

翻訳




マンゴーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マンゴー」の関連用語

マンゴーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マンゴーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマンゴー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマンゴー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS