サッサフラスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 落葉高木 > サッサフラスの意味・解説 

サッサフラス [4]ラテン Sassafras】

クスノキ科落葉高木北アメリカ原産広卵形で三裂し,薄い。雌雄異株五月頃,より少し先に緑黄色小六弁花をつけ,のち黒熟する核果を結ぶ。根から香料をとる。樹皮・根は発汗利尿薬。材は耐湿性があるので,(おけ)や船材とする。

サッサフラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/03 18:39 UTC 版)

サッサフラス(Sassafras)はクスノキ科サッサフラス属の樹木の総称、またはそのうち特に北米東部原産の1種 Sassafras albidum を指す。芳香があり、香料原料として用いられる。






「サッサフラス」の続きの解説一覧



サッサフラスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サッサフラス」の関連用語

サッサフラスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サッサフラスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサッサフラス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS