ハーブとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > ハーブの意味・解説 

ハーブ [1] 【herb】

薬草香草。また特に,芳香強く料理に用いられるローズマリー・セージ・タイム・オレガノなどの香草

ハーブ

名前 HerbertHerbHaabHarvHarve

ハーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/11 02:22 UTC 版)

ハーブ: herb[注釈 1])は、一般的に料理の香り付けや保存料香料、防虫などに利用されたり、香りに鎮静・興奮などの作用がある有用植物で[1]、緑の葉を持つ草、茎のやわらかい植物などを指すことが多い[2]。同様の有用植物であっても、種子樹皮などは香辛料と呼ばれることが多いが、から木本まで、香りや薬効がある有用植物全般をハーブとして扱う場合もある[2]。反面、旺盛な繁殖力を持ち駆除困難な害草となる種もある。




  1. ^ イギリス英語英語発音: [ˈhɜːb] 「ハーブ」、アメリカ英語では 英語発音: [ˈɚːb] 「アーブ」
  2. ^ 入浴はペスト流行の際、水の利用が忌避されるようになり、その影響で行われなくなった。
  1. ^ a b c 永岡治 著 『クレオパトラも愛したハーブの物語 魅惑の香草と人間の5000年』 PHP研究所、1988年
  2. ^ a b c A.W.ハットフィールド 著 『ハーブのたのしみ』 山中雅也・山形悦子 訳、八坂書房、1993年
  3. ^ 熊井明子 著 『愛のポプリ』、講談社、1984年
  4. ^ 久木田直江 (2009年2月). “中世ヨーロッパの食養生”. 2014年11月21日閲覧。
  5. ^ 植松黎 著 『自然は緑の薬箱―薬草のある暮らし』、大修館書、2008年
  6. ^ a b ヨハン・ベックマン 著 『西洋事物起源(二)』 特許庁内技術史研究会 訳、岩波書店、1999年
  7. ^ Julia Child, Mastering the Art of French Cooking vol. I p 18.
  8. ^ “【厚労省】西洋ハーブ製剤の承認申請‐海外データ活用を容認”. 薬事日報. (2007年3月28日). http://www.yakuji.co.jp/entry2615.html 2015年10月1日閲覧。 
  9. ^ 内田信也、山田静雄「食品・サプリメントと医薬品の相互作用」 (PDF) 『ぶんせき』2007年9月、454~460頁
  10. ^ a b 本多義昭 著 日本薬学会 編集 『ハーブ・スパイス・漢方薬―シルクロードくすり往来』 丸善、2001年
  11. ^ 読書案内 マーガレット・B・フリーマン著 遠山茂樹訳『西洋中世ハーブ事典』八坂書房 遠山茂樹
  12. ^ ヴォルフ=ディーター・シュトルル 『ケルトの植物』 手塚千史 高橋紀子 訳、ヴィーゼ出版
  13. ^ マーガレット・B. フリーマン 著 『西洋中世ハーブ事典』 遠山茂樹 訳、八坂書房、2009年 25項
  14. ^ リキュール入門 1.リキュールとは 語源サントリー
  15. ^ リキュール入門 1.リキュールとは 歴史サントリー
  16. ^ 永岡治 著 『クレオパトラも愛したハーブの物語 魅惑の香草と人間の5000年』 PHP研究所、1988年
  17. ^ ヒロ・ヒライ 著 『エリクシルから第五精髄、そしてアルカナへ: 蒸留術とルネサンス錬金術』 Kindle、2014年(初出:「アロマトピア 第53号」 2002年)
  18. ^ ジョージ・ウルダング 著 『薬学・薬局の社会活動史』、清水藤太郎 訳、南山堂、1973年


「ハーブ」の続きの解説一覧

ハーブ

出典:『Wiktionary』 (2011/10/17 10:25 UTC 版)

名詞

ハーブ

  1. 薬草
  2. 香草

語源

  • 英語 herb より。

翻訳

香草
薬草

関連語






ハーブと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハーブ」の関連用語

ハーブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サントモール・ド・トゥーレーヌ

ウミウチワ

神奈備の里/稲渕

螺節竹

ハイフィン・レッド・ワグ・プラティ

グランドマジェスティ400

能道具図小柄

ニュー四国





ハーブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハーブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのハーブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS