カフェインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 有機化合物 > アルカロイド > カフェインの意味・解説 

カフェイン【caffeine/(ドイツ)Kaffein】

読み方:かふぇいん

コーヒー豆茶の葉カカオの実などに含まれるアルカロイド苦味のある白色結晶で、中枢神経興奮強心利尿などの作用があり、薬用茶素テイン


カフェイン

分子式C8H10N4O2
その他の名称テイン、カフェイン、コフェイン、グアラニン、Theine、Caffeine、Coffeine、Guaranine、1,3,7-Trimethylxanthine、3,7-Dihydro-1,3,7-trimethyl-1H-purine-2,6-dione、Caffein、NCI-C-02733、Thein、No-Doz、無水カフェイン、Anhydrous caffeine、1,3,7-Trimethyl-1,2,3,6-tetrahydro-7H-purine-2,6-dione、7-Methyltheophylline
体系名:7-メチルテオフィリン、1,3,7-トリメチル-1H-プリン-2,6(3H,7H)-ジオン、1,3,7-トリメチル-7H-プリン-2,6(1H,3H)-ジオン1,3,7-トリメチルキサンチン3,7-ジヒドロ-1,3,7-トリメチル-1H-プリン-2,6-ジオン、1,3,7-トリメチル-1,2,3,6-テトラヒドロ-7H-プリン-2,6-ジオン


カフェイン

天然に存在するメチルキサンチンで、飲料医薬品含まれる。カフェインのもっとも顕著な効果中枢神経系への刺激で、覚醒興奮作用を示すまた、平滑筋弛緩心筋刺激利尿作用があり、一部頭痛治療便利である細胞内でのカフェインの作用いくつか観測されてはいるが、薬学的な性質効果すべてが明らかになっていない作用のうちのもっとも重要なものは、サイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼの阻害アデノシン受容体への拮抗作用細胞内カルシウム調節である。

Name Caffeine1)
MeSH 68002110
Molecular Weight 194.1906 g/mol
Molecular Formula C8H10N4O2
XLogP -0.5
カフェイン

<jmol caffeine.pdb.gz 200 200>

jmolBr();
jmolRadioGroup([
  "spacefill off",
  "spacefill 20%",
  ["spacefill 95%", null, "checked"]
  ], "<br />");

</jmol>

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


カフェイン

【仮名】かふぇいん
原文caffeine

コーヒーの木および豆、マテ茶ガラナの実、カカオ少量)などに含まれる物質製造ラボでも生産可能で一部清涼飲料食品医薬品添加されている。カフェインは、脳の活動度覚醒度注意力活力高める。さらに、血圧心拍数呼吸数体内から尿中への水分喪失量を増大させる作用もある。

カフェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/21 06:16 UTC 版)

カフェイン英語: caffeine)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンと類似した構造を持った有機化合物の1つとしても知られる。ヒトなどに対して興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である[10]。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用[11]を示す。


注釈

  1. ^ カフェインの場合は、溶解補助剤として安息香酸ナトリウムを加えると、カフェインの水への「見かけ上の溶解度」が上昇する。これはカフェインと安息香酸ナトリウムとが、水溶液中で複合体を形成し、この複合体が水に溶け易いため、複合体を形成した分だけカフェインの「見かけ上の溶解度」が上昇したために発生する現象である。なお他にも、カフェインの場合はサリチル酸ナトリウムを溶解補助剤として使う事も可能である。しかし、いずれの場合でも、カフェイン自体の溶解度は変化せず、あくまで「見かけ上の溶解度」が変化するだけである。また、これはカフェインの場合の話であって、他の薬物に同じ手が使えるわけではない。例えば、カフェインと分子構造が似ているテオフィリンは、エチレンジアミンを溶解補助剤として使用する。
  2. ^ なお、安息香酸や安息香酸ナトリウムの保存料としての効果は、液性が酸性である方が高い。よって、基本的に酸性の食品に添加する。
  3. ^ シメトリド単剤では作用が弱いものの、そこに僅かにカフェインを添加すると、劇的に効果が増す。

出典

  1. ^ a b “Chapter 15: Reinforcement and Addictive Disorders”. Molecular Neuropharmacology: A Foundation for Clinical Neuroscience (2nd ed.). New York: McGraw-Hill Medical. (2009). pp. 375. ISBN 978-0-07-148127-4. "Long-term caffeine use can lead to mild physical dependence. A withdrawal syndrome characterized by drowsiness, irritability, and headache typically lasts no longer than a day. True compulsive use of caffeine has not been documented." 
  2. ^ a b c Karch's pathology of drug abuse (4th ed.). Boca Raton: CRC Press. (2009). pp. 229–230. ISBN 978-0-8493-7881-2. https://books.google.com/books?id=G9E7gfJq0KkC&pg=PA229. "The suggestion has also been made that a caffeine dependence syndrome exists ... In one controlled study, dependence was diagnosed in 16 of 99 individuals who were evaluated. The median daily caffeine consumption of this group was only 357 mg per day (Strain et al., 1994).
    Since this observation was first published, caffeine addiction has been added as an official diagnosis in ICDM 9. This decision is disputed by many and is not supported by any convincing body of experimental evidence. ... All of these observations strongly suggest that caffeine does not act on the dopaminergic structures related to addiction, nor does it improve performance by alleviating any symptoms of withdrawal"
     
  3. ^ a b American Psychiatric Association (2013年). “Substance-Related and Addictive Disorders”. American Psychiatric Publishing. pp. 1–2. 2015年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月10日閲覧。 “Substance use disorder in DSM-5 combines the DSM-IV categories of substance abuse and substance dependence into a single disorder measured on a continuum from mild to severe. ... Additionally, the diagnosis of dependence caused much confusion. Most people link dependence with "addiction" when in fact dependence can be a normal body response to a substance. ... DSM-5 will not include caffeine use disorder, although research shows that as little as two to three cups of coffee can trigger a withdrawal effect marked by tiredness or sleepiness. There is sufficient evidence to support this as a condition, however it is not yet clear to what extent it is a clinically significant disorder.”
  4. ^ a b Introduction to Pharmacology (third ed.). Abingdon: CRC Press. (2007). pp. 222–223. ISBN 978-1-4200-4742-4. https://books.google.com/books?id=qfrLBQAAQBAJ&pg=PA222 
  5. ^ a b c d Juliano LM, Griffiths RR (2004). “A critical review of caffeine withdrawal: empirical validation of symptoms and signs, incidence, severity, and associated features”. Psychopharmacology (Berl.) 176 (1): 1–29. doi:10.1007/s00213-004-2000-x. PMID 15448977. オリジナルの29 January 2012時点におけるアーカイブ。. http://webcitation.org/6533BsxXt. 
  6. ^ a b c d “Caffeine augments the antidepressant-like activity of mianserin and agomelatine in forced swim and tail suspension tests in mice”. Pharmacological Reports 68 (1): 56–61. (February 2016). doi:10.1016/j.pharep.2015.06.138. PMID 26721352. 
  7. ^ a b c d e f g h Caffeine”. DrugBank. University of Alberta (2013年9月16日). 2014年8月8日閲覧。
  8. ^ Caffeine”. Pubchem Compound. NCBI. 2014年10月16日閲覧。 “
    Boiling Point
    178 °C (sublimes)
    Melting Point
    238 DEG C (ANHYD)”
  9. ^ Caffeine”. ChemSpider. Royal Society of Chemistry. 2014年10月16日閲覧。 “Experimental Melting Point:
    234–236 °C Alfa Aesar
    237 °C Oxford University Chemical Safety Data
    238 °C LKT Labs [C0221]
    237 °C Jean-Claude Bradley Open Melting Point Dataset 14937
    238 °C Jean-Claude Bradley Open Melting Point Dataset 17008, 17229, 22105, 27892, 27893, 27894, 27895
    235.25 °C Jean-Claude Bradley Open Melting Point Dataset 27892, 27893, 27894, 27895
    236 °C Jean-Claude Bradley Open Melting Point Dataset 27892, 27893, 27894, 27895
    235 °C Jean-Claude Bradley Open Melting Point Dataset 6603
    234–236 °C Alfa Aesar A10431, 39214
    Experimental Boiling Point:
    178 °C (Sublimes) Alfa Aesar
    178 °C (Sublimes) Alfa Aesar 39214”
  10. ^ a b “Caffeine and the central nervous system: mechanisms of action, biochemical, metabolic and psychostimulant effects”. Brain Research. Brain Research Reviews 17 (2): 139–170. (1992). doi:10.1016/0165-0173(92)90012-B. PMID 1356551. 
  11. ^ 頻尿や膀胱の痛み、食べ物が原因?コーヒー、チョコ、香辛料等をやめると解消の可能性”. Business Journal (2020年9月1日). 2020年11月23日閲覧。
  12. ^ a b Silverman K, Evans SM, Strain EC, Griffiths RR (October 1992). “Withdrawal syndrome after the double-blind cessation of caffeine consumption”. N. Engl. J. Med. 327 (16): 1109–14. doi:10.1056/NEJM199210153271601. PMID 1528206. 
  13. ^ 佐藤 哲男・仮家 公夫・北田 光一(編集)『医薬品トキシコロジー(改訂第3版)』 p.17 南江堂 2006年4月15日発行 ISBN 4-524-40212-8
  14. ^ 佐藤 哲男・仮家 公夫・北田 光一(編集)『医薬品トキシコロジー(改訂第3版)』 p.58 南江堂 2006年4月15日発行 ISBN 4-524-40212-8
  15. ^ 佐藤 哲男・仮家 公夫・北田 光一(編集)『医薬品トキシコロジー(改訂第3版)』 p.18 南江堂 2006年4月15日発行 ISBN 4-524-40212-8
  16. ^ 佐藤 哲男・仮家 公夫・北田 光一(編集)『医薬品トキシコロジー(改訂第3版)』 p.49 南江堂 2006年4月15日発行 ISBN 4-524-40212-8
  17. ^ 佐藤 哲男・仮家 公夫・北田 光一(編集)『医薬品トキシコロジー(改訂第3版)』 p.50 南江堂 2006年4月15日発行 ISBN 4-524-40212-8
  18. ^ 柴崎 正勝・赤池 昭紀・橋田 充(監修)『化学構造と薬理作用 - 医薬品を化学的に読む(第2版)』 p.143 廣川書店 2015年3月30日発行 ISBN 978-4-567-46241-9
  19. ^ 佐野 武弘・内藤 猛章・堀口 よし江(編集)『パートナー医薬品化学』 p.84 南江堂 2008年4月15日発行 ISBN 978-4-524-40238-0
  20. ^ 重信 弘毅・石井 邦雄(編集)『パートナー薬理学』 p.191 南江堂 2007年4月15日発行 ISBN 978-4-524-40223-6
  21. ^ a b 池ケ谷 賢次郎「茶の機能と衛生」『食品衛生学雑誌』第30巻第3号、1989年、 doi:10.3358/shokueishi.30.254NAID 40001844412
  22. ^ F. L. Greenway (2001-8). “The safety and efficacy of pharmaceutical and herbal caffeine and ephedrine use as a weight loss agent”. Obesity reviews : an official journal of the International Association for the Study of Obesity 2 (3): 199–211. PMID 12120105. 
  23. ^ a b c 鈴木 正成 『実践的スポーツ栄養学(改訂新版)』 p.69 文光堂 2006年6月8日発行 ISBN 978-4-8306-5145-8
  24. ^ 1着の競走馬からカフェイン検出 禁止薬物でJRA6年ぶり失格 東京競馬場”. 毎日新聞 (2020年11月11日). 2020年11月11日閲覧。
  25. ^ 治療薬マニュアル2010 p.385, ISBN 978-4-260-00930-0
  26. ^ 治療薬マニュアル2016 p.397,p.407 ISBN 978-4-260-02407-5
  27. ^ 治療薬マニュアル2016 p.455,p.456 ISBN 978-4-260-02407-5
  28. ^ 谷村 顕雄 『食品添加物の実際知識(第4版)』 p.65 東洋経済新報社 1992年4月16日発行 ISBN 4-492-08349-9
  29. ^ 治療薬マニュアル2016 p.438 ISBN 978-4-260-02407-5
  30. ^ a b “Caffeine: Psychological Effects, Use and Abuse”. Orthomolecular Psychiatry 10 (3): 202–211. (1981). http://orthomolecular.org/library/jom/1981/pdf/1981-v10n03-p202.pdf. 
  31. ^ “Is caffeine a cognitive enhancer?”. Journal of Alzheimer's Disease 20 Suppl 1: S85-94. (2010). doi:10.3233/JAD-2010-091315. PMID 20182035. "Caffeine does not usually affect performance in learning and memory tasks, although caffeine may occasionally have facilitatory or inhibitory effects on memory and learning. Caffeine facilitates learning in tasks in which information is presented passively; in tasks in which material is learned intentionally, caffeine has no effect. Caffeine facilitates performance in tasks involving working memory to a limited extent, but hinders performance in tasks that heavily depend on this, and caffeine appears to improve memory performance under suboptimal alertness. Most studies, however, found improvements in reaction time. The ingestion of caffeine does not seem to affect long-term memory. ... Its indirect action on arousal, mood and concentration contributes in large part to its cognitive enhancing properties." 
  32. ^ 鈴木 正成 『実践的スポーツ栄養学(改訂新版)』 p.67 文光堂 2006年6月8日発行 ISBN 978-4-8306-5145-8
  33. ^ 鈴木 正成 『実践的スポーツ栄養学(改訂新版)』 p.67 - p.69 文光堂 2006年6月8日発行 ISBN 978-4-8306-5145-8
  34. ^ Ivan Vrcek, Omar Ozgur, Tanuj Nakra (2016). “Infraorbital Dark Circles: A Review of the Pathogenesis, Evaluation and Treatment”. Journal of cutaneous and aesthetic surgery 9 (2): 65–72. doi:10.4103/0974-2077.184046. PMC 4924417. PMID 27398005. https://doi.org/10.4103/0974-2077.184046. 
  35. ^ Sadick, Neil (2019). “Treatment for cellulite”. International Journal of Women's Dermatology 5 (1): 68–72. doi:10.1016/j.ijwd.2018.09.002. PMC 6374708. PMID 30809581. https://doi.org/10.1016/j.ijwd.2018.09.002. 
  36. ^ Turati, F.; Pelucchi, C.; Marzatico, F.; et al (2014). “Efficacy of cosmetic products in cellulite reduction: systematic review and meta-analysis”. Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology 28 (1): 1–15. doi:10.1111/jdv.12193. PMID 23763635. 
  37. ^ a b c d It's Your Health – Caffeine”. Health Canada (2010年3月). 2010年11月8日閲覧。
  38. ^ Castellanos, F. X.; Rapoport, J. L. (2002). “Effects of caffeine on development and behavior in infancy and childhood: A review of the published literature”. Food and Chemical Toxicology 40 (9): 1235–1242. doi:10.1016/S0278-6915(02)00097-2. 
  39. ^ Levounis, Petros; Herron, Abigail J. (2014). The Addiction Casebook. American Psychiatric Pub. p. 49. ISBN 978-1-58562-458-4. https://books.google.com/books?id=_aWTAwAAQBAJ&pg=PA45 
  40. ^ 佐藤 哲男・仮家 公夫・北田 光一(編集)『医薬品トキシコロジー(改訂第3版)』 p.63 南江堂 2006年4月15日発行 ISBN 4-524-40212-8
  41. ^ Food Standards Agency publishes new caffeine advice for pregnant women”. 2009年8月3日閲覧。
  42. ^ American College of Obstetricians and Gynecologists (August 2010). “ACOG CommitteeOpinion No. 462: Moderate caffeine consumption during pregnancy”. Obstetrics and Gynecology 116 (2 Pt 1): 467–8. doi:10.1097/AOG.0b013e3181eeb2a1. PMID 20664420. 
  43. ^ Foods linked to better brainpower” (英語). Harvard Health (2017年5月30日). 2021年12月9日閲覧。
  44. ^ 中屋豊『よくわかる栄養学の基本としくみ』秀和システム、2009年6月、ISBN 978-4-7980-2287-1
  45. ^ カフェイン,無水カフェイン,安息香酸ナトリウムカフェイン
  46. ^ Caffeine: How Does It Affect Blood Pressure?
  47. ^ Publishing, Harvard Health. “The buzz about caffeine and health”. Harvard Health. 2021年3月9日閲覧。
  48. ^ 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ、「喫煙、コーヒー、緑茶、カフェイン摂取と膀胱がん発生率との関係について」、2016年7月13日閲覧
  49. ^ Agents Classified by the IARC Monographs, Volumes 1–106、2016年7月17日閲覧
  50. ^ 安藤健二 (2015年12月21日). “カフェイン中毒で国内初の死亡者 エナジードリンクを大量摂取”. ハフィントンポスト. 2016年1月30日閲覧。
  51. ^ アレン・フランセス 『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』金剛出版、2014年3月、187-189頁。ISBN 978-4772413527 
  52. ^ アメリカ精神医学会 『DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル(新訂版)』医学書院、2004年、625-626頁。ISBN 978-0890420256 
  53. ^ Information about caffeine dependence”. Caffeinedependence.org. 2012年5月25日閲覧。
  54. ^ Fredholm BB, Bättig K, Holmén J, Nehlig A, Zvartau EE (1999). “Actions of caffeine in the brain with special reference to factors that contribute to its widespread use”. Pharmacol. Rev. 51 (1): 83–133. PMID 10049999. 
  55. ^ 柴田護、鈴木則宏「III.薬物副作用による神経・筋障害 5.薬物乱用頭痛」 (pdf) 『日本内科学会雑誌』第96巻第8号、2007年、 1634-1640頁、 doi:10.2169/naika.96.1634
  56. ^ Matt Peckham (2013年5月31日). “Caffeine Withdrawal Is Now a Mental Disorder”. Time. http://newsfeed.time.com/2013/05/31/caffeine-withdrawal-is-now-a-mental-disorder/#ixzz2VGUqUg1D 
  57. ^ Solan, Matthew (2022年7月1日). “The big sleep problems” (英語). Harvard Health. 2022年8月19日閲覧。
  58. ^ 井上 雄一、林 光緒 編集 『睡眠の科学 - そのメカニズムと対応 -』 p.46 - p.48 朝倉書店 2011年1月25日発行 ISBN 978-4-254-30103-8
  59. ^ a b c Eric R. Kandel 「カンデル神経科学」第5版 p.293
  60. ^ Penny Cameron Le Couteur、Jay Surreson 著、小林 力 翻訳 『スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質』 p.267 中央公論新社 2011年11月25日発行 ISBN 978-4-12-004307-9
  61. ^ 重信 弘毅・石井 邦雄(編集)『パートナー薬理学』 p.192 南江堂 2007年4月15日発行 ISBN 978-4-524-40223-6
  62. ^ 重信 弘毅・石井 邦雄(編集)『パートナー薬理学』 p.193 南江堂 2007年4月15日発行 ISBN 978-4-524-40223-6
  63. ^ Drug Interaction: Caffeine Oral and Fluvoxamine Oral”. Medscape Multi-Drug Interaction Checker. 2012年1月5日閲覧。
  64. ^ 高折修二、福田英臣、赤池昭紀、石井邦雄・監訳『グッドマン・ギルマン 薬理書〜薬物治療の基礎と臨床 〜(上巻)』第11版、廣川書店、2007年。p.150, 151. ISBN 978-4-567-49618-6
  65. ^ 有吉範高、北田光一、「2. 臨床におけるCYP研究とその意義」『臨床薬理』 Vol. 34 (2003) No. 4 P.141-148
  66. ^ Mackay M, Tiplady B, Scholey AB (April 2002). “Interactions between alcohol and caffeine in relation to psychomotor speed and accuracy”. Human Psychopharmacology 17 (3): 151–156. doi:10.1002/hup.371. PMID 12404692. 
  67. ^ a b c “Caffeine antagonism of alcohol-induced driving impairment”. Drug and Alcohol Dependence 63 (2): 123–129. (July 2001). doi:10.1016/s0376-8716(00)00196-4. PMID 11376916. 
  68. ^ “Dissociative antagonistic effects of caffeine on alcohol-induced impairment of behavioral control”. Experimental and Clinical Psychopharmacology 11 (3): 228–236. (August 2003). doi:10.1037/1064-1297.11.3.228. PMID 12940502. 
  69. ^ “Drug interactions with tobacco smoking. An update”. Clinical Pharmacokinetics 36 (6): 425–438. (June 1999). doi:10.2165/00003088-199936060-00004. PMID 10427467. https://link.springer.com/article/10.2165/00003088-199936060-00004. 
  70. ^ “Clinical pharmacology of caffeine”. Annual Review of Medicine 41: 277–288. (1990). doi:10.1146/annurev.me.41.020190.001425. PMID 2184730. 
  71. ^ “Treatment of acute migraine headache”. American Family Physician 83 (3): 271–280. (February 2011). PMID 21302868. 
  72. ^ Caffeine Content of Food and Drugs”. Nutrition Action Health Newsletter. Center for Science in the Public Interest (1996年). 2007年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月3日閲覧。
  73. ^ Caffeine Content of Beverages, Foods, & Medications”. The Vaults of Erowid (2006年7月7日). 2009年8月3日閲覧。
  74. ^ Caffeine Content of Drinks”. Caffeine Informer. 2013年12月8日閲覧。
  75. ^ a b Chin JM, Merves ML, Goldberger BA, Sampson-Cone A, Cone EJ (October 2008). “Caffeine content of brewed teas”. J Anal Toxicol 32 (8): 702–4. doi:10.1093/jat/32.8.702. PMID 19007524. 
  76. ^ a b Richardson, Bruce (2009年). “Too Easy to be True. De-bunking the At-Home Decaffeination Myth”. Elmwood Inn. 2012年1月12日閲覧。
  77. ^ 水出しにした場合、抽出時間にもよるが、これよりずっと少なくなる "コーヒーお好み診断 カフェインの少ないコーヒー|コーヒー豆とコーヒーメーカー器具のパオコーヒー" 2015年11月16日閲覧。
  78. ^ Traditional Yerba Mate in Biodegradable Bag”. Guayaki Yerba Mate. 2010年7月17日閲覧。[1]
  79. ^ 平成8年4月16日厚生省告示第120号
  80. ^ 中村洋、「クロマトグラフィー」 『化学と教育』 2015年 63巻 12号 p.588-591, doi:10.20665/kakyoshi.63.12_588
  81. ^ 23人病院送りの缶飲料「Four Loko」に禁止令、米大学が学生に通達[2](グリー・ニュース2010年10月19日)2012年5月19日閲覧
  82. ^ Weinberg, BA; BK Bealer (2001). The World of Caffeine. Routledge. ISBN 0-415-92722-6 
  83. ^ Caffeine | Define Caffeine at Dictionary.com” (英語). Dictionary.com (2010年). 2010年7月10日閲覧。
  84. ^ Oudry M (1827). “Note sur la Théine” (French). Nouvelle bibliothèque médicale 1: 477–479. https://books.google.com/books?id=cGpEAAAAcAAJ&pg=PA477. 
  85. ^ Mulder, G. J. (1838). “Ueber Theïn und Caffeïn [Concerning theine and caffeine]”. Journal für Praktische Chemie 15: 280–284. doi:10.1002/prac.18380150124. https://books.google.com/books?id=HQHzAAAAMAAJ&pg=PA280. 
  86. ^ Jobst, Carl (1838). “Thein identisch mit Caffein [Theine is identical to caffeine]”. Liebig's Annalen der Chemie und Pharmacie 25: 63–66. doi:10.1002/jlac.18380250106. https://books.google.com/books?id=teJSAAAAcAAJ&pg=PA63. 



カフェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 01:53 UTC 版)

パニック障害」の記事における「カフェイン」の解説

カフェインのような覚醒作用を持つ物質摂りすぎは、パニック発作一般的な原因である。パニック障害を持つ人は、カフェインの不安誘導作用敏感である

※この「カフェイン」の解説は、「パニック障害」の解説の一部です。
「カフェイン」を含む「パニック障害」の記事については、「パニック障害」の概要を参照ください。


カフェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 03:31 UTC 版)

精神刺激薬精神病」の記事における「カフェイン」の解説

カフェインに関する限定的な証拠があり、高用量あるいは慢性的に乱用した際、正常な個体において精神病誘発したり、統合失調症診断された者の既存精神病悪化させる可能性がある。 カフェイン誘発性精神病は、医学的論文でまれに報告され調査証拠欠如していることによって議論されている。

※この「カフェイン」の解説は、「精神刺激薬精神病」の解説の一部です。
「カフェイン」を含む「精神刺激薬精神病」の記事については、「精神刺激薬精神病」の概要を参照ください。


カフェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 08:11 UTC 版)

同人はじめたけど売れなさすぎワロタwww」の記事における「カフェイン」の解説

前はペンネームサークルバリアフリー」に参加する同人作家で、ピクシブにも参加して支持得ている。ふるよも名前を知っていてサイン求めた自分のサークル行列整理を「あるかのメンバー手伝ってもらったお礼に、サンプル本をくれる。

※この「カフェイン」の解説は、「同人はじめたけど売れなさすぎワロタwww」の解説の一部です。
「カフェイン」を含む「同人はじめたけど売れなさすぎワロタwww」の記事については、「同人はじめたけど売れなさすぎワロタwww」の概要を参照ください。


カフェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 15:24 UTC 版)

リアノジン受容体」の記事における「カフェイン」の解説

RyRはmMレベルのカフェインで活性化される高濃度(5mM以上)カフェインの存在下では、Ca2+への感受性µMレベルからpMレベルへと亢進し、基底低濃度)状態のCa2+濃度でも反応する様になる一方低濃度とは言えmMレベル)では、受容体量子的に開口するが、カフェインを繰り返し投与する事や細胞質基質または管腔カルシウム濃度依存的振る舞い変わるので動作複雑である

※この「カフェイン」の解説は、「リアノジン受容体」の解説の一部です。
「カフェイン」を含む「リアノジン受容体」の記事については、「リアノジン受容体」の概要を参照ください。


カフェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 09:12 UTC 版)

栄養ドリンク」の記事における「カフェイン」の解説

コーヒー1杯程度無水カフェイン(50~120mg前後)が含まれていることが多い。カナダ保健省科学者たちによる調査では、健康な大人の場合、1日400下のカフェイン摂取量であれば、カフェインによる心身への悪影響出ない結論付けている。 「カフェイン」も参照

※この「カフェイン」の解説は、「栄養ドリンク」の解説の一部です。
「カフェイン」を含む「栄養ドリンク」の記事については、「栄養ドリンク」の概要を参照ください。


カフェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 03:30 UTC 版)

紅茶」の記事における「カフェイン」の解説

紅茶茶葉中には重量にして3%程度カフェインが含まれる。この量はコーヒー3倍の量に当る。しかし、1杯当り使用する茶葉・豆の量(抽出効率も)が異なるため、飲用時のカフェイン濃度コーヒーの方高くなる紅茶飲用時のカフェイン濃度コーヒーに比べ半分程度とされるが、品種抽出条件加えてコーヒーでは焙煎状態)により大きく変化するため、厳密に評価するのは難しい。なお、紅茶含まれるカフェインはタンニン結びつくためにその効果抑制されることからコーヒーのような覚醒作用弱く緩やかに作用する

※この「カフェイン」の解説は、「紅茶」の解説の一部です。
「カフェイン」を含む「紅茶」の記事については、「紅茶」の概要を参照ください。


カフェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 05:42 UTC 版)

脱毛の治療」の記事における「カフェイン」の解説

カフェインはin vitro毛包発育抑制しているテストステロン働き抑えヒト毛髪成長刺激するシャンプーにカフェインを添加する頭皮毛包効果的との報告がある。 この効果判定し男性型脱毛症治療最適なカフェイン濃度決定するさらなる研究が必要である

※この「カフェイン」の解説は、「脱毛の治療」の解説の一部です。
「カフェイン」を含む「脱毛の治療」の記事については、「脱毛の治療」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カフェイン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「カフェイン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カフェインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カフェインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カフェインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
UCCUCC
(C) 2022 UCC UESHIMA COFFEE CO.,LTD. All Rights Reserved
UCC上島珈琲コーヒー用語辞典
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2022 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカフェイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパニック障害 (改訂履歴)、精神刺激薬精神病 (改訂履歴)、同人はじめたけど売れなさすぎワロタwww (改訂履歴)、リアノジン受容体 (改訂履歴)、栄養ドリンク (改訂履歴)、紅茶 (改訂履歴)、脱毛の治療 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS