尿酸とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 化合物 > 尿酸の意味・解説 

にょう さん ねう- [0]尿酸

核酸構成成分一つであるプリン化合物代謝産物広く肉食動物血中・尿中に存在し、ヒトでは尿中に排泄はいせつ)される。血中の尿酸が過剰になると、関節軟骨などに尿酸の結晶沈着して痛風になる。

尿酸

分子式C5H4N4O3
その他の名称:尿酸、2,6,8-トリヒドロキシプリン、Uric acid、2,6,8-Trihydroxypurine、7,9-Dihydro-1H-purine-2,6,8(3H)-trione、Triketopurine、トリケトプリン、9H-Purine-2,6,8-triol、1H-Purine-2,6,8(3H,7H,9H)-trione、7H-Purine-2,6,8(1H,3H,9H)-trione、8-Hydroxyxanthine
体系名:1,7-ジヒドロ-2-ヒドロキシ-6H-プリン-6,8(9H)-ジオン、8-ヒドロキシキサンチン、7,9-ジヒドロ-1H-プリン-2,6,8(3H)-トリオン、9H-プリン-2,6,8-トリオール、1H-プリン-2,6,8(3H,7H,9H)-トリオン、7H-プリン-2,6,8(1H,3H,9H)-トリオン


尿酸

1) 7,9-dihydro-3H-purine-2,6,8-trione
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


尿酸

Uric acid, urate

【概要】 遺伝子構成している核酸代謝された最終産物アルカリ側では溶けているが、酸性になると析出する。血液中の尿酸が高い状態を続けていると、関節腎臓などの組織沈着する。この一部急性関節炎として激し痛みの"痛風"発作をあらわす。 

【詳しく】 ジダノシンの副作用として血中尿酸値上昇することがある

《参照》 ヴァイデックス


尿酸

【仮名】にょうさん
原文uric acid

身体の正常な化学反応過程の後に残される老廃物で、尿中および血液中に存在する。尿酸の異常な蓄積痛風呼ばれる疾患原因になる。血液中および尿中の尿酸濃度の上昇は、化学療法放射線療法副作用である場合もある。

尿酸(UA)【にょうさん】

物質代謝最終生産物 (プリン体など) の血中濃度のこと。尿酸は、通常老廃物として尿と一緒に排泄されますが、その排泄作用低下や、プリン体を含む食品のとり過ぎが原因で、血中尿酸値が高くなり (高尿酸血症) ます。やがて尿酸が結晶化して激し痛みが伴う痛風リスクが高くなります。QUPiO では男性3.0~7.0mg/dl、女性で 2.5~7.0mg/dl を正常値としています。

尿酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/16 05:14 UTC 版)

尿酸(にょうさん、uric acid)は、分子式 C5H4N4O3分子量 168 の有機化合物である。




  1. ^ "Uric Acid." Biological Magnetic Resonance Data Bank. Indicator Information Archived 2008年3月5日, at the Wayback Machine. Retrieved on 18 February 2008.
  2. ^ Purine and Pyrimidine Metabolism(Eccles Health Sciences Library, Last modified 12/4/1997)
  3. ^ a b c Peter Proctor Similar Functions of Uric Acid and Ascorbate in ManSimilar Functions of Uric Acid and Ascorbate in Man Nature vol 228, 1970, p868.
  4. ^ a b Becker BF (June 1993). “Towards the physiological function of uric acid”. Free Radic. Biol. Med. 14 (6): 615–31. doi:10.1016/0891-5849(93)90143-I. PMID 8325534. 
  5. ^ 血漿からタンパク質を除いたORAC-AS値として半分を占める。Ninfali P et al (Nov 1998). “Variability of oxygen radical absorbance capacity (ORAC) in different animal species”. Free Radical Research 29 (5): 399-408. doi:10.1080/10715769800300441. PMID 9925032. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9925032 2017年8月19日閲覧。. 
  6. ^ 高井正成 霊長類の進化とその系統樹 (霊長類の進化を探る)
  7. ^ Pollock JI, Mullin RJ (May 1987). “Vitamin C biosynthesis in prosimians: evidence for the anthropoid affinity of Tarsius”. Am. J. Phys. Anthropol. 73 (1): 65–70. doi:10.1002/ajpa.1330730106. PMID 3113259. 
  8. ^ サルとヒトとの進化の分岐、定説より最近か ミシガン大 AFPBB News 2010年07月16日
  9. ^ Nature2010年7月15日号
  10. ^ Friedman TB, Polanco GE, Appold JC, Mayle JE (1985). “On the loss of uricolytic activity during primate evolution--I. Silencing of urate oxidase in a hominoid ancestor”. Comp. Biochem. Physiol., B 81 (3): 653?9. PMID 3928241. 
  11. ^ 高木和貴、上田孝典「尿酸分解酵素PEG化ウリカーゼの適応と意義」『高尿酸血症と痛風』18(2),2010,pp41-46、メディカルレビュー社
  12. ^ にょうそ【尿素】の意味 - 国語辞書(goo辞書)
  13. ^ 有馬四郎「兩棲類の發生初期の代謝終産物について : I.蛙尿の化學成分について」『動物学雑誌』61(9),1952-09-15,pp275-277 NAID 110002880447
  14. ^ 多様な生物たち(5) 更新日:2006/12/08
  15. ^ げのむトーク(31-40)
  16. ^ Kuo CS, Lai NS, Ho LT et al. "Insulin sensitivity in Chinese ovo-lactovegetarians compared with omnivores" Eur J Clin Nutr 58(2), 2004 Feb, pp312-6. PMID 14749752
  17. ^ 有病者の歯科治療20.痛風 信州大学医学部歯科口腔外科レジデント勉強会 2000.6.14 上原
  18. ^ 金子希代子、山辺智代、藤森新、「尿酸塩結晶生成に及ぼす溶液中のタンパク質とpHの影響 - フローサイトメーターを用いた検討」『痛風と核酸代謝』 2001年 25巻 2号 p.121-128, doi:10.6032/gnam1999.25.2_121
  19. ^ 後藤武史ほか「X線回折法による痛風結節内容物の結晶学的同定」、『整形外科と災害外科』1984年 32巻 3号 p.755-758, doi:10.5035/nishiseisai.32.755
  20. ^ 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン
  21. ^ 久留一郎 ほか, Hypertension Frontier 2001; Vol..4: 59-71.
  22. ^ a b 山田成臣、「乳酸菌摂取が尿酸値へ及ぼす影響」『ミルクサイエンス』 2016年 65巻 3号 p.235-239, doi:10.11465/milk.65.235
  23. ^ 長谷川 弘ほか、「尿酸産生抑制薬が尿酸の腸管排泄に与える影響」『痛風と核酸代謝』 2017年 41巻 1号 53-, doi:10.6032/gnam.41.53
  24. ^ 櫻井裕之、「尿酸は善玉か悪玉か」『痛風と核酸代謝』 2017年 41巻 2号 p.233-, doi:10.6032/gnam.41.233
  25. ^ Normal Reference Range Table Archived 2011年12月25日, at the Wayback Machine. from The University of Texas Southwestern Medical Center at Dallas. Used in Interactive Case Study Companion to Pathologic basis of disease.
  26. ^ a b Last page of Deepak A. Rao; Le, Tao; Bhushan, Vikas (2007). First Aid for the USMLE Step 1 2008 (First Aid for the Usmle Step 1). McGraw-Hill Medical. ISBN 0-07-149868-0. 
  27. ^ a b c d Blood Test Results - Normal Ranges Bloodbook.Com
  28. ^ a b 根岸、友恵、鈴木利典、濱武有子、藤原大「酸化傷害に対する内在性防御物質としての尿酸の役割」 研究期間2007年度~2008年度 (科学研究費助成事業データベース)
  29. ^ 痛風遺伝子の発見 ~痛風の主要病因遺伝子の同定は世界初:尿酸排泄トランスポーターABCG2~ [PRESS RELEASE] 2009年10月30日 東京大学医学部附属病院
  30. ^ Glantzounis G, Tsimoyiannis E, Kappas A, Galaris D (2005). “Uric acid and oxidative stress”. Curr Pharm Des 11 (32): 4145 – 51. doi:10.2174/138161205774913255. PMID 16375736. 
  31. ^ 三上俊夫「152.尿酸は運動ストレス時の抗酸化物質として作用する」『体力科學』49(6),2000-12-01,p742 NAID 110001949422
  32. ^ CRC Handbook of Chemistry and Physics (62nd ed.). 
  33. ^ Merck Index (9th ed.). 
  34. ^ McCrudden, Francis H.. Uric acid. p. 58. 
  35. ^ 清水徹 ほか、「尿酸の溶解性と高尿酸尿症における尿pHの調節について」『尿酸』 1982年 5巻 1号 p.50-61, doi:10.14867/gnam1977.5.1_50
  36. ^ 清水徹 ほか、「尿酸の溶解性と高尿酸尿症における尿pHの調節について(第3報) 」『尿酸』 1987年 11巻 1号 p,7-12, doi:10.14867/gnam1977.11.1_7





尿酸と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尿酸」の関連用語

尿酸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



尿酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2020, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2020 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尿酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS