ラカンカとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > ウリ科 > ラカンカの意味・解説 

羅漢果(ラカンカ)

羅漢果は中国自生するウリ科多年草です。昔はヤオ族がこの実を「長寿の神果」と呼んで門外不出したために幻の果実といわれてきました

ラカンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 02:12 UTC 版)

ラカンカ羅漢果学名Siraitia grosvenoriiシノニムMomordica grosvenorii拼音: luóhànguǒ ルオハングオ)は、中国広西チワン族自治区を原産地とするウリ科ラカンカ属の多年生つる植物である。従来はツルレイシ属に分類されていたが、1984年になって学名が変更された。




「ラカンカ」の続きの解説一覧



ラカンカと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ラカンカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラカンカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2022 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラカンカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS