亜熱帯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気候 > 亜熱帯 > 亜熱帯の意味・解説 

あ ねったい [2]亜熱帯

熱帯温帯との中間の地帯地理範囲は明確でないが、緯度にして2030度の間に含まれる一般に乾燥地域が多いが、大陸東岸のように湿潤地域もある。

亜熱帯

作者林京子

収載図書輪舞 樫の木のテーブル
出版社日本図書センター
刊行年月2005.6
シリーズ名林京子全集


亜熱帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/28 14:41 UTC 版)

亜熱帯(あねったい)とは、熱帯に次いで気温の高い地域のこと。しかし、ケッペンの気候区分には亜熱帯という区分はない。ケッペンの気候区分では温帯に含まれる地域の一部(温暖湿潤気候等)を俗に亜熱帯と呼ぶことがある。温帯夏雨気候(Cw)の別名として「亜熱帯モンスーン気候」と呼ぶこともある。このため、亜熱帯の定義として広く認められたものはなく、人や場合によってさまざまな意味合いで使われる。一般には熱帯の北と南にある北回帰線南回帰線(それぞれ北緯南緯23.5度)付近の緯度が20度から30度あたりの地域を漠然と指すことが多い。温帯に属する地域の中で最寒月の最低気温の平均 (平均気温ではない)が摂氏0度以下には下がらない地域であるとか、温帯であって年平均気温が18度以上である地域とか、冬季の平均気温がほぼ15度以上ある地域であるなどの定義がされることもある。


  1. ^ フロリダ州最南部のマイアミネープルズキーウェストなどは最寒月の平均気温が摂氏18度を超えるため、亜熱帯ではなく熱帯に属する。これらの都市は熱帯モンスーン気候 (Am) に属する。
  2. ^ オーストラリア東海岸北部のクイーンズランド州ケアンズなどは熱帯モンスーン気候 (Am) に属する
  1. ^ a b 矢澤(1989):306ページ
  2. ^ 仁科(2007):65ページ
  3. ^ 気候 那覇市、2017年12月7日閲覧
  4. ^ 台北の気候と時差 株式会社HowTravel、2017年12月7日閲覧
  5. ^ 年間気候カレンダー 株式会社イデア、2017年12月7日閲覧
  6. ^ 珠江のほとりに位置する街:広州 ジェットスターグループ、2017年12月7日閲覧
  7. ^ ブリスベン/ゴールド・コーストの気候 株式会社トラベルビジョン、2017年12月7日閲覧


「亜熱帯」の続きの解説一覧

亜熱帯

出典:『Wiktionary』 (2017/11/05 08:08 UTC 版)

名詞

 熱帯あねったい

  1. 温帯にあって熱帯に次ぐくらい暑い気候のこと。また、そのような地域

発音

あ↗ね↘ったい

関連語

対義語

翻訳




亜熱帯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「亜熱帯」の関連用語

亜熱帯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



亜熱帯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの亜熱帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの亜熱帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS