マングローブとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 樹林 > マングローブの意味・解説 

株式会社マングローブ

私たちマングローブは、「Beans Company」の元気を支援しています。
大きな志を持ち成長続ける、ベンチャー中小企業のことを私たち尊敬の念込めて、
Beans Company」と呼んでいます。


企業は、個人成長し、自発的に組織を動かすことに参加し、組織一体感を持って最大
力を発揮する状態を作り出さなくてはなりません。



個人成長には、企業理念風土と密接に結びついた採用育成評価仕組みが必要です。
また、組織一体感生み出すためには、 やはり企業理念風土に結びついたリーダー
育成チームワーク生み出す仕組みが必要です。



これらの5+1採用育成評価・リーダーシップ・チームワーク+企業理念)が互いに関連
させながら、 すべての領域専門性発揮します。





【5+1ソリューション

企業理念構築浸透プログラム
企業理念ビジョン構築支援
企業理念ビジョン浸透支援
ビジュアル化・制作サポート

人材採用コンサルティング
新卒採用
中途採用
内定者フォローアップ研修

人材紹介

フレッシュマン育成コンサルティング
フレッシュマン育成研修
ビジネススキル研修
新人育成マネジメントワークショップ
新人フォローアップ研修

人事・評価制度コンサルティング
人事制度構築              
各種制度整備
人事制度運用定着サポート
目標設定研修
評価研修トレーニング

リーダーシップ開発プログラム
リーダーシップ研修
マネジメント研修
・ファミリートレーニング研修

チームワーク醸成コンサルティング
組織風土デザインコンサルティング

事業区分 キャリア求人
代表者 今野誠一
本社所在地
東京都 千代田区 飯田橋4-2-1 岩見ビル4階
企業URL http://japan.zdnet.com/company/20169914/
設立年月日 1998年0730日
上場区分 非上場
従業員数 30
決算期 3月
資本金 3,000


※「ZDNet Japan 企業情報に関するお問い合わせこちら

マングローブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/06 00:39 UTC 版)

マングローブ: Mangrove)は、熱帯 - 亜熱帯地域の河口汽水域の塩性湿地に成立する森林のことである。紅樹林または海漂林とも言う。世界では、東南アジアインド沿岸、南太平洋オーストラリアアフリカアメリカ等に分布し、日本では沖縄県鹿児島県に自然分布するが、本州にも人工的に移植された場所がある(後述#日本のマングローブ)。 近年は開発による伐採が問題になっている。


  1. ^ 諸喜田茂光 「マングローブと生き物たち」『沖縄の自然を知る』 池原貞夫・加藤祐三編著、築地書館、1997年、64頁、ISBN 4-8067-1149-7
  2. ^ Mac nae(1968)(八杉竜一ら編 『岩波生物学辞典 第4版』、p1355からの再引用)。
  3. ^ 土屋誠・宮城康一編 『南の島の自然観察』 東海大学出版会、1991年、p164、ISBN 4-486-01159-7
  4. ^ 伊澤雅子ら 2002
  5. ^ 伊澤雅子ら 2001
  6. ^ 土屋誠 & 宮城康一 1991





マングローブと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マングローブ」の関連用語

マングローブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マングローブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマングローブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS