気根とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 気根の意味・解説 

き‐こん【気根】

植物の地表に出ているあるいは幹から出て、空気中に現れている根。タコノキ・トウモロコシなどにみられる


き‐こん【気根/機根】

一つの物事にじっと耐える精神力根気気力

「少しは長い手紙を書く―も付き」〈蘆花思出の記

仏語すべての人に備わる、教えを受けて発動する能力資質根機。機。


気根

さまざまな根の形態のひとつ。根は一般に土中にあるが、空中にあって空中湿気吸収したり、保水支柱役割をする根もあり、これを気根という。気根の役割植物により異なる。ラン類やタコノキヘゴなどにある。

気根

空気中に露出した根。(Aerial Root
保水吸収機能があり、樹木に貼り付いて支え役目もある。コンポスト植え込み材料)の中に伸びた根とは性質異なる。



気根と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気根」の関連用語

気根のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



気根のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2020 engei.net all rights reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M

©2020 Weblio RSS