養分とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 成分 > 養分の意味・解説 

よう‐ぶん〔ヤウ‐〕【養分】


養分

英訳・(英)同義/類義語:nutrient

生物生きるために外部から取り入れ必要のある物質総称
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  非細胞生物  非自己抗原  頂芽優勢  養分  骨吸収  骨形成  高木限界

栄養

(養分 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 06:39 UTC 版)

栄養(えいよう)とは、生物が体外(外界)から物質を摂取し、それを体を構成したり(維持したり)生活活動を行ったりするのに役立たせる現象。以前は「営養」と表記されることも多かった。


  1. ^ a b デジタル大辞泉【栄養】
  2. ^ 大辞林【栄養】
  3. ^ 『見てわかる!栄養の図解事典』p.10
  4. ^ a b c d e PDQがん用語辞書(2010年11月閲覧)
  5. ^ 解体学語箋”. www.wul.waseda.ac.jp. 2019年7月4日閲覧。
  6. ^ 佐伯芳子 『栄養学者佐伯矩伝』 玄同社、1986年。ISBN 978-4-905935-19-3。22頁。
  7. ^ 渡邊昌「食と健康「温故知新」佐伯芳子『食生活』100(10)、2006.10.1、pp6-8
  8. ^ 田中静雄、竹田亮祐 (1978). “須藤憲三先生”. Diabetes journal : 糖尿病と代謝 6, 35. 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『見てわかる!栄養の図解事典』p.10-18
  10. ^ デジタル大辞泉
  11. ^ 栄養する(えいようする)”. 教えてお医者さん. オールライト. 2022年6月21日閲覧。
  12. ^ 心臓を栄養する冠動脈と刺激伝導系”. 看護roo!. クイック (2020年1月25日). 2022年6月21日閲覧。
  13. ^ 研究室の取り組みー基礎ー”. 学際生命科学研究室. 近畿大学. 2022年6月21日閲覧。
  14. ^ 【第2回】肝臓の働きはどの細胞で分担しているの?(1)”. みんなの肝臓. ミノファーゲン製薬. 2022年6月21日閲覧。


「栄養」の続きの解説一覧

養分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 10:06 UTC 版)

パチスロ用語の一覧」の記事における「養分」の解説

負け組のこと。ホール勝ち組比してマイナスイメージのある表現として使用されることが多い。一方で、「業界根幹支えている」という見方もある。

※この「養分」の解説は、「パチスロ用語の一覧」の解説の一部です。
「養分」を含む「パチスロ用語の一覧」の記事については、「パチスロ用語の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「養分」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

養分

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 05:35 UTC 版)

名詞

ようぶん

  1. 栄養となる成分

「養分」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



養分と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

養分のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



養分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの栄養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパチスロ用語の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの養分 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS