潮流とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 流れ > 潮流の意味・解説 

ちょう‐りゅう〔テウリウ〕【潮流】

読み方:ちょうりゅう

潮の流れ海水の流れ。特に、潮汐(ちょうせき)によって生じ海水の流れ

時勢動き時代傾向。「時代の―に乗る


潮流 (ちょうりゅう)


潮流

作者伊集院静

収載図書潮流
出版社講談社
刊行年月1993.9


潮流

作者中沢菊枝

収載図書イタドリの風
出版社文芸社
刊行年月2003.2


潮流

作者和田聖子

収載図書再会
出版社沖積舎
刊行年月2003.10


潮汐

(潮流 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 01:33 UTC 版)

潮汐(ちょうせき)とは、主として太陽引力によって起きる、海面の昇降現象[1]。海岸などでみられる、1日に1~2回のゆっくりした海面の昇降[1]。「潮の干満(しおのかんまん)」、「潮の満ち干(しおのみちひ)」、「潮の満ち引き」とも。大和言葉で「しお」ともいう。漢字ではと書くが、本来は「潮」は「のしお」、「汐」は「夕方のしお」という意味である。原義としてはこれだが一般には海に関するいろいろな意味で「潮」が使われる。


  1. ^ a b 『日本大百科全書』(ニッポニカ)
  2. ^ なお、天体表面の液体だけでなく、気体(大気大気潮汐)にも影響は出ている。また、厳密に言うと、天体の固体部分にも影響は出ており、地球でも(固体地球でも)影響は起きている(地球潮汐)。
  3. ^ a b c 佐藤、p.135
  4. ^ a b 佐藤、p.136
  5. ^ a b 柳、pp.17-18
  6. ^ a b 柳、pp.18-20
  7. ^ 柳、p.20
  8. ^ 柳、p.24
  9. ^ 柳、p.40
  10. ^ 柳、pp.32-33,40
  11. ^ 柳、pp.23-24
  12. ^ クランシー、p.12
  13. ^ 柳、pp.74-75
  14. ^ クランシー、p.23
  15. ^ 柳、pp.58-60
  16. ^ 柳、pp.66-67
  17. ^ 鶴岡弘, 大竹政和、地震発生における地球潮汐の影響 数値シミュレーションによるアプローチ 『地学雑誌』 2002年 111巻 2号 p.256-267, doi:10.5026/jgeography.111.2_256
  18. ^ a b なゐふる91号(2012年10月) (PDF) 日本地震学会
  19. ^ 巨大地震、大潮の時期に発生確率上昇か 東大研究(AFPBB News 2016年9月13日)
  20. ^ 月の引力、大地震と関係か 東大チーム(日本経済新聞 2016年9月13日)
  21. ^ a b 長野県栄村で地震で多発、「潮汐」引き金 地殻変動と重なる 産総研分析(MSN産経ニュース/産経新聞 2012年3月19日)/同記事の夕刊フジ版引用(阿修羅)
  22. ^ 川島秀一『追込漁(おいこみりょう)』<ものと人間の文化史> 法政大学出版局 2008年、ISBN 9784588214219 pp.173,285-288.
  23. ^ 原田英司「<研究・技術報告>実験水槽における水位変化の簡便な自動制御 : 人工潮汐」『瀬戸臨海実験所年報』第2号、京都大学理学部附属瀬戸臨海実験所、1988年3月、 25-27頁、 NAID 120005327054



潮流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 16:41 UTC 版)

トランスヒューマニズム」の記事における「潮流」の解説

トランスヒューマニズム思想には様々な意見がある。主要なトランスヒューマニスト思想家多くは、絶え間ない修正開発下にある見解を持っている。トランスヒューマニズムいくつかの特徴的な流れアルファベット順以下に列挙する民主的トランスヒューマニズム自由民主主義社会民主主義急進的民主主義英語版)、そしてトランスヒューマニズム合わさった政治イデオロギー。 エクストロピアニズム(英語版)、人類の進化への積極アプローチ提唱する一連の原則によって特徴付けられるトランスヒューマニズム思想初期の潮流。 イモータリズム(英語版)、根本的な寿命延長技術的不死性は可能かつ望ましいという信念に基づく道徳的イデオロギーであり、それを確実に実現するための研究開発支持している。 リバタリアン・トランスヒューマニズムリバタリアニズムトランスヒューマニズム合わさった政治イデオロギー。 ポストジェンダリズム(英語版)、高度なバイオテクノロジー生殖補助技術応用することによって人類性別自発的に排除しようとする社会哲学。 ポストポリティシズム(英語版)、人間強化技術への自由なアクセス理性基づいたポスト民主主義英語版国家」を作成することを目的とするトランスヒューマニストの政治提案シンギュラリタリアニズム技術的特異点可能であるという信念に基づく道徳的イデオロギーであり、その実現と安全性確保するための意図的な行動提唱している。 テクノガイアニズム(英語版)、新興技術地球環境回復するのに役立ちしたがって安全かつクリーンな代替技術英語版)の開発環境保護主義者重要な目標であるとの考え基づ生態学的イデオロギー

※この「潮流」の解説は、「トランスヒューマニズム」の解説の一部です。
「潮流」を含む「トランスヒューマニズム」の記事については、「トランスヒューマニズム」の概要を参照ください。


潮流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 14:08 UTC 版)

音戸の瀬戸」の記事における「潮流」の解説

瀬戸内海広島湾周辺の水道あるいは瀬戸は、全国的に見ても潮流が早く潮の干満周期的に潮流の方向が変わる。その中でもここではさらに細かく流れ変化する特異な水道である。この特異な潮流から海の難所として知られ、「清盛のにらみ潮伝説」が生まれ、『音戸の舟唄』では「一丈五尺がしわる」と歌われている。 概況潮流経過時間目安(h)潮汐呉港)- 0 下 干潮時間から約1時間半- 2時間後に南流始まる。 ↓南流↓(ピーク1.5 上 南1度目ピーク大潮期で約4kn、小潮期2 - 3kn。 ↓南流↓(停止あるいは↑逆流↑) 3.5ピーク時から徐々に減じる場合によっては停止あるいは逆流する。 ↓南流↓(ピーク) 4から5 満潮 南流2度目ピーク大潮期で約3 - 4kn、小潮期2kn。 - 6 上 満潮時間から約1時間半 - 2時間後に北流始まる ↑北流↑(ピーク) 7.5 下 北1度目ピーク大潮期で約4kn、小潮期2 - 3kn。 ↑北流↑(停止あるいは↓逆流↓) 9.5 下 ピーク時から徐々に減じる場合によっては停止あるいは逆流する。 ↑北流↑(ピーク10から11 干潮 北流2度目ピーク大潮期で約3 - 4kn、小潮期2 - 3kn。 - 12 下 以上を繰り返す。

※この「潮流」の解説は、「音戸の瀬戸」の解説の一部です。
「潮流」を含む「音戸の瀬戸」の記事については、「音戸の瀬戸」の概要を参照ください。


潮流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:45 UTC 版)

津軽ラーメン」の記事における「潮流」の解説

上記の流れを受けて津軽ラーメンは、大きく分ける2つの潮流が生まれた一つは煮干し焼干し生かした澄んだ醤油スープ特徴王道系、もう一つが、弘前市たかはし中華そば源流とした濃厚魚介スープ濃厚煮干し系である。なお、後者新津ラーメンとするなど、呼称他にも見られるが、本記事では先の呼称とする。

※この「潮流」の解説は、「津軽ラーメン」の解説の一部です。
「潮流」を含む「津軽ラーメン」の記事については、「津軽ラーメン」の概要を参照ください。


潮流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 13:23 UTC 版)

「社会主義」記事における「潮流」の解説

主な潮流には以下がある。ただし各潮流の定義や範囲さまざまな考えがあり、また時期によっても変化している。 政治シリーズ記事からの派生 社会民主主義 先駆 ヒューマニズム啓蒙時代フランス革命空想的社会主義チャーティズム1848年革命パリ・コミューンキリスト教社会主義宗教社会主義労働組合進歩主義マルクス主義正統派マルクス主義フェビアン協会第二インターナショナル 発展 修正主義 · 社会改良主義倫理社会主義英語版労働社会主義インターナショナル民主社会主義社会自由主義ネオ・コーポラティズム社会的市場経済第三の道ケインズ経済学 理念・政策 間接民主制 · 複数政党制労働基本権 · 自由権福祉国家論 · 混合経済富の再分配 · フェア・トレード環境保護 · 世俗主義協同組合 · 社会正義フランクフルト宣言 人物 アトリー · アウォロウォ · ベルンシュタインベタンクール · ブットー · ブラント · ブランティングカーティン · ダシンスキ · デブス · ダグラスエジェヴィト · ゴンサーレス · ヒルファディングジョレス · 張君勱 · 片山哲ラッサール · レイトン · レベックマクドナルド · マンデラ · ネーダー · ネルーバッジェ・イ・オルドーニェス · パルメプレハーノフ · サヴェジ · トマスウィリアムズ 組織 社会民主党社会主義インターナショナル国際社会主義青年同盟欧州社会党国際労働組合総連合 Portal:政治学 表 話 編 歴

※この「潮流」の解説は、「社会主義」の解説の一部です。
「潮流」を含む「社会主義」の記事については、「社会主義」の概要を参照ください。


潮流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 07:16 UTC 版)

古儀式派」の記事における「潮流」の解説

18世紀ニーコン改革以前聖職者死に絶えた後、古儀式派聖職者存在を認める司祭派(容僧派)とそれを否定する無司祭派無僧派)に分岐した

※この「潮流」の解説は、「古儀式派」の解説の一部です。
「潮流」を含む「古儀式派」の記事については、「古儀式派」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「潮流」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

潮流

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:28 UTC 版)

名詞

 ちょうりゅう

  1. 潮の干満によってじる海水流れ
  2. 時勢動き

発音(?)

ちょ↗ーりゅー

「潮流」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



潮流と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「潮流」に関係したコラム

  • FX業者の開催するセミナーの一覧

    FX業者では、FXに関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、FXをこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「潮流」の関連用語

潮流のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



潮流のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの潮汐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトランスヒューマニズム (改訂履歴)、音戸の瀬戸 (改訂履歴)、津軽ラーメン (改訂履歴)、社会主義 (改訂履歴)、古儀式派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの潮流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS