気象庁とは?

きしょう‐ちょう〔キシヤウチヤウ〕【気象庁】


気象庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 14:46 UTC 版)

気象庁(きしょうちょう、: Japan Meteorological Agency略称: JMA)は、日本の行政機関のひとつ。気象業務の健全な発達を図ることを任務とする国土交通省外局である。




  1. ^ a b 国土交通省定員規則(平成13年1月6日国土交通省令第28号)」(最終改正:令和2年3月30日国土交通省省令第18号)
  2. ^ a b 令和2年度一般会計予算 (PDF) 財務省[要ページ番号]
  3. ^ 気象庁観測部計画課 「気象庁におけるさくらの開花予想の発表終了について」 気象庁、2009年12月25日 報道発表
  4. ^ 荒川(1941)、29頁。
  5. ^ 荒川(1941)、7頁。
  6. ^ a b 荒川(1941)、8頁。
  7. ^ 気象庁観測部計画課・東京管区気象台 「東京の露場の移転先について」 気象庁、2008年9月18日報道発表
  8. ^ 近藤純正 「39. 関東大震災と横浜の気温」 近藤純正ホームページ
  9. ^ 気象庁総務部総務課広報室 「気象記念日について」 気象庁、2006年5月26日
  10. ^ 日本科学技術史大系 地球宇宙科学 日本科学史学会編[要ページ番号]
  11. ^ 気象庁マスコットキャラクター はれるん
  12. ^ 気象庁が虎ノ門に移転 明治の観測開始地 時事通信2020年11月15日
  13. ^ 指定職俸給表の適用を受ける職員の号俸の定め並びに職務の級の定数の設定及び改定に関する意見(令和2年度)” (日本語). 人事院. 2020年10月1日閲覧。[要ページ番号]
  14. ^ a b c 「国土交通省組織令の一部を改正する政令」が閣議決定” (日本語). 気象庁 (2020年9月1日). 2020年10月1日閲覧。
  15. ^ 気象庁総務部企画課 「気象業務法及び国土交通省設置法の一部を改正する法律案について」 平成25年3月8日
  16. ^ “「気象庁 機動調査班」の創設について” (PDF) (報道発表資料), 気象庁, (2008年10月16日), https://www.jma.go.jp/jma/press/0810/16b/mobile_observation_team.pdf 2016年4月21日閲覧。 
  17. ^ 長官記者会見要旨” (2008年10月16日). 2016年4月21日閲覧。
  18. ^ a b 気象庁 「令和2年度気象庁関係予算決定概要 (PDF) 」 2019年12月20日 報道発表[要ページ番号]
  19. ^ 一般職国家公務員在職状況統計表(平成30年7月1日現在)[要ページ番号]
  20. ^ 気象庁 「気象庁 | 気象庁職員募集案内
  21. ^ 気象庁 「こんにちは!気象庁です!」2019年2月23日閲覧。
  22. ^ 気象庁本庁舎の移転について”. 気象庁 (2020年10月12日). 2020年11月25日閲覧。
  23. ^ 気象庁 「平成31年度気象庁関係予算決定概要 (PDF) 」 2018年12月21日報道発表[要ページ番号]
  24. ^ 地上観測地点「東京」の移転について (PDF) 気象庁(2014年10月3日)
  25. ^ 東京管区気象台 「東京(北の丸公園)試験観測データ
  26. ^ 気象庁が新庁舎に“予報士の聖地”は閉店へ」『日テレNEWS24』、2020年11月24日。2020年11月25日閲覧。
  27. ^ 気象庁幹部名簿(令和3年1月5日現在) 気象庁


「気象庁」の続きの解説一覧

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気象庁」の関連用語

気象庁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気象庁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気象庁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS