社会資本整備審議会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 社会資本整備審議会の意味・解説 

社会資本整備審議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 06:27 UTC 版)

社会資本整備審議会(しゃかいしほんせいびしんぎかい)とは、日本において国土交通省設置法平成11年7月16日法律第100号)に基づき国土交通省内に設置された審議会等のひとつ。国土交通大臣の諮問に応じて、不動産業、宅地、住宅、建築、建築士及び官公庁施設に関する重要事項を調査審議し、関係行政機関(国土交通大臣など)に意見陳述することなどを目的とする(同法13条[1])。




  1. ^ 国土交通省設置法(平成十一年七月十六日法律第百号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年8月27日閲覧。
  2. ^ 審議会等の整理合理化に関する基本的計画”. 政府の基本方針・計画等. 首相官邸 (1999年4月27日). 2013年8月27日閲覧。
  3. ^ 社会資本整備審議会令(平成十二年六月七日政令第二百九十九号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年8月27日閲覧。


「社会資本整備審議会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会資本整備審議会」の関連用語

社会資本整備審議会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



社会資本整備審議会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会資本整備審議会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS