住宅金融支援機構とは?

住宅金融支援機構

2007年(平成19年4月住宅金融公庫より移行した独立行政法人自立経営のもと、主に「フラット35」の供給支援する証券化支援業務を行う機関。このほか、災害復興住宅融資など民間金融機関では対応が困難なケースについては、直接融資業務も行う。

バリアフリー住宅の技術基準(住宅金融支援機構)

旧住金融公庫現住金融支援機構)が定めた、バリアフリー住宅の技術基準のこと。リフォーム工事の際にも、同基準適用される詳細内容基準については、住宅金融支援機構のパンフレットあるいはホームページ確認してほしいが、原則として以下のすべての基準合致する工事を行う必要がある。(1)専用部分段差解消部屋配置住宅内の階段手すり設置通行幅の確保浴室広さ確保、(2)共用部分共用階段手すり設置スロープ設置エレベーター形状などだ。

住宅金融支援機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/03 21:33 UTC 版)

独立行政法人住宅金融支援機構(じゅうたくきんゆうしえんきこう、英称:Japan Housing Finance Agency、JHF)は、住宅金融公庫の業務を継承した独立行政法人2007年4月1日に発足した。所管省庁は、国土交通省住宅局財務省である[2]




  1. ^ 沖縄県では沖縄振興開発金融公庫が同様の業務を行っている。
  2. ^ 独立行政法人住宅金融支援機構法施行令、(主務大臣等)第34条、最終改正:平成21年4月30日政令第131号”. 電子政府の総合窓口 (2009年4月30日). 2009年12月17日閲覧。


「住宅金融支援機構」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「住宅金融支援機構」の関連用語

住宅金融支援機構のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



住宅金融支援機構のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの住宅金融支援機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS