労働政策研究・研修機構とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 特殊法人 > 日本の独立行政法人 > 労働政策研究・研修機構の意味・解説 

労働政策研究・研修機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 15:45 UTC 版)

独立行政法人労働政策研究・研修機構(ろうどうせいさくけんきゅう・けんしゅうきこう、英語: The Japan Institute for Labour Policy and Training, JILPT)は、厚生労働省が所管する独立行政法人である。労働に関する総合的な調査研究、研修事業等をおこなう。略称はJILPT


  1. ^ https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/henkorireki-johoto.html?selHouzinNo=9011605001191.
  2. ^ 令和2事業年度 決算報告書 (PDF)”. 労働政策研究・研修機構. 2022年2月8日閲覧。
  3. ^ a b 令和2事業年度事業報告書 (PDF)”. 労働政策研究・研修機構. 2022年2月8日閲覧。
  4. ^ 東京新聞2007年11月18日「実は、私の研究にも、例の機構の調査報告を使うことが多い。~(中略)~営利事業としてのシンクタンク市場に、同じ質の情報を求めたら失敗に終わるに決まっている」『時代を読む』ロナルド・ドーア))
  5. ^ 学習指導要領” (2008年7月25日). 2008年7月25日閲覧。
  6. ^ 「日本の労使関係と労働教育」” (2004年5月28日). 2008年7月25日閲覧。
  7. ^ 巧妙な「隠れ天下り」発覚 嘱託で入り年収1千万円 J-CASTニュース 2009年11月18日18時54分
  8. ^ 行政改革推進本部事務局 (2007年12月24日). “独立行政法人整理合理化計画”. 2008年6月29日閲覧。(厚生労働省を参照)


「労働政策研究・研修機構」の続きの解説一覧

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労働政策研究・研修機構」の関連用語

労働政策研究・研修機構のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



労働政策研究・研修機構のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働政策研究・研修機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS