特別の機関とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 特別の機関の意味・解説 

特別の機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/06 20:23 UTC 版)

特別の機関(とくべつのきかん)とは、内閣府、各省、及びこれらに外局として設置されている委員会または庁に、特に必要がある場合に設置される機関の総称である[1]。「の」を省いて「特別機関」と略する例はなく、必ず「特別の機関」と称される。




  1. ^ 内閣府設置法第3章第3節第5款・第56条、国家行政組織法第8条の3
  2. ^ 警察法第3章第3節


「特別の機関」の続きの解説一覧

特別の機関

出典:『Wiktionary』 (2008/11/06 11:22 UTC 版)

成句

特別機関(とくべつのきかん)

  1. 日本行政機関において、特に必要がある場合設置される機関を表す用語。
    第三条の国の行政機関には、特に必要がある場合においては、前二条規定するもののほか、法律定め所掌事務範囲内で、法律定めところにより特別の機関を置くことができる。(国家行政組織法第8条の3)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特別の機関」の関連用語

特別の機関のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



特別の機関のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特別の機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの特別の機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS