宮内庁とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 宮内庁の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


く ないちょう -ちやう [2] 【宮内庁】

内閣府外局の一。皇室関係の国家事務および天皇国事行為に関する事務担当する。1947年昭和22宮内省縮小して宮内府設置49年に宮内庁となる。

宮内庁

以下の映画宮内庁関連しています。


宮内庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/26 06:51 UTC 版)

宮内庁(くないちょう、英語: Imperial Household Agency)は、日本の行政機関の一つである。




  1. ^ 行政機関職員定員令(昭和44年5月16日政令第121号)」(最終改正:平成30年8月31日政令第246号)
  2. ^ 宮内庁長官、侍従長、東宮大夫式部官長及び侍従次長を含まない。行政機関の職員の定員に関する法律第2条第2項第2号。
  3. ^ a b 平成30年度一般会計予算 財務省
  4. ^ 山本淳, 小幡純子 & 橋本博之 2003, p. 23-24.
  5. ^ 宮内庁. “沿革”. 宮内庁(公式サイト). 2013年3月閲覧。
  6. ^ 印刷局, ed (1947) (preview). 各庁職員抄録. 印刷局. pp. 12-13. NDLJP:1078939. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1078939/8. 
  7. ^ 皇室経済法第4条第2項、第6条第8項
  8. ^ a b “宮内庁長官に山本氏 閣議決定”. 日本経済新聞. (2016年9月23日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASDG22H3X_T20C16A9EAF000 2016年9月27日閲覧。 
  9. ^ 宮内府次長についても、宮内府に1人置くこととされ(宮内府法2条1項)、宮内庁次長と同様の職掌を定めていた(同法5条)。
  10. ^ 定年退職のため4月1日付でない。平成6年4月1日付『官報』本紙第1371号13ページ第1段より。
  11. ^ 平成12年4月4日付『官報』本紙第2842号11ページ第1段より。
  12. ^ 宮内庁幹部名簿(平成30年7月31日現在) 宮内庁


「宮内庁」の続きの解説一覧

宮内庁

出典:『Wiktionary』 (2010/01/07 02:54 UTC 版)

固有名詞

(くないちょう)

  1. 日本において、皇室にかかわる業務を行う官庁かつては宮内省であった。

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宮内庁」の関連用語

宮内庁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宮内庁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮内庁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの宮内庁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS