太上天皇とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 称号 > 太上天皇の意味・解説 

だいじょう‐てんのう〔ダイジヤウテンワウ〕【太上天皇】

読み方:だいじょうてんのう

天皇の譲位後の尊称太上皇上皇たいじょうてんのうだじょうてんのう


だじょう‐てんのう〔ダジヤウテンワウ〕【太上天皇】

読み方:だじょうてんのう

だいじょうてんのう(太上天皇)


太上天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/02 14:50 UTC 版)

太上天皇(だいじょうてんのう、だじょうてんのう)は、譲位により皇位を後継者に譲った天皇尊号[1]、または、その尊号を受けた天皇。由来は、中国の皇帝が位を退くと「太上皇」と尊称されたことにある。元々は譲位した天皇が自動的に称する尊号であったが、嵯峨天皇の譲位以降は新天皇から贈られる尊号に変化した。


注釈

  1. ^ 「皇」は皇極天皇のにも含まれるが、通説は後世に付加されたものとする。

出典

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年平成23年))1375頁、1683頁、1684頁及び松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年(平成18年))1226頁参照。
  2. ^ 齊藤雅俊 (2016年7月21日). “明治皇室典範10条(「天皇崩スルトキハ皇嗣即チ践祚シ祖宗ノ神器ヲ承ク」)に関して”. 2021年1月15日閲覧。 (日本語)
  3. ^ 「高輪会議」における『皇室典範再稿(柳原前光内案)』逐条審議、伊藤決裁[第十二条(譲位)、第十五条(太上天皇)] : 皇室典範、皇族令、草案談話要録 (1887年(明治20年)3月20日) は、梧印文庫研究会編著『梧陰文庫影印−明治皇室典範制定本史- (日本語)』(1986年昭和61年)8月1日発行、國學院大學)、国立国会図書館憲政資料室所蔵「憲政史編纂会収集文書 [リンク切れ]」に所収。


「太上天皇」の続きの解説一覧

太上天皇

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:42 UTC 版)

名詞

だいじょうてんのうだじょうてんのう:ダイジャウテンワウ/ダジャウテンワウ)

  1. 譲位した天皇天皇実父贈られる、およびその尊号
  2. 太上天皇(1)の位にある人。

発音

  • ダイジョーテンノ↘ー
  • ダジョーテンノ↘ー

関連語

類義語
下位語

「太上天皇」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



太上天皇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「太上天皇」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||



5
90% |||||

6
太上皇 デジタル大辞泉
90% |||||

7
法皇 デジタル大辞泉
90% |||||



10
太上法皇 デジタル大辞泉
58% |||||

太上天皇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



太上天皇のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太上天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの太上天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS