秋篠宮文仁親王とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 統治者・君主 > 日本の皇族 > 秋篠宮文仁親王の意味・解説 

秋篠宮文仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 10:08 UTC 版)

秋篠宮文仁親王(あきしののみや ふみひとしんのう、1965年昭和40年〉11月30日 - )は、日本皇族皇嗣[注釈 1][注釈 2]2019年令和元年〉5月1日 - )。秋篠宮家当主。御称号礼宮(あやのみや)、お印(ツガ)。身位親王敬称殿下[3]勲等大勲位皇室会議議員。


注釈

  1. ^ 皇室典範において皇位継承順位1位の皇族を指す。「皇太子」や「皇太孫」は皇位継承順位1位の皇族が在位中の天皇の子もしくは孫である場合に特に使用される呼称であり、地位であるが、「皇嗣」はそれ以外の皇族が1位の場合にも(更に先順位の皇族が後に生まれる可能性がある場合を含め)使用される皇位継承順位1位の皇族全般を指す呼称にすぎない。
  2. ^ 皇嗣である文仁親王は、 皇室典範特例法第5条の規定により皇太子と同等の地位として扱われるため、皇室典範第11条第2項の規定により皇族の身分を離れることができない。
  3. ^ ただし湯浅長官は半年前の6月の記者会見で、皇太子および同妃に対しても第二子を願う発言をしている[9]

出典

  1. ^ 宮内庁 秋篠宮家
  2. ^ 宮内庁公式サイト 英語版
  3. ^ 皇室典範第二十三条第二項「前項の皇族以外の皇族の敬称は、殿下とする。」
  4. ^ 秋篠宮さま「口ひげ」に宮内庁が震えた日 宮内庁長官まで反対した“驚きのエピソード””. 2020年12月4日閲覧。
  5. ^ 日本経済新聞 1990年6月29日夕刊
  6. ^ 毎日新聞 1990年1月13日夕刊
  7. ^ 博士論文タイトル:Molecular Phylogeny of Junglefowls,genus Gallus Monophyletic Origin of Domestic Fowls
  8. ^ 博士論文書誌データベース
  9. ^ 皇太子さまの第2子に期待 結婚10年で宮内庁長官”. 共同通信 (2003年6月10日). 2013年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年9月12日閲覧。
  10. ^ 読売新聞 2006年2月8日「紀子さまご懐妊、コウノトリほほ笑む 歌会始、夫婦で詠まれ1か月
  11. ^ 秋篠宮同妃両殿下のオランダ御訪問https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/netherlands/visit/0909_ad.html
  12. ^ 秋篠宮さま初の天皇名代務める 叙勲受章者らと面会” (日本語). 共同通信 (2011年11月15日). 2012年1月9日閲覧。
  13. ^ 皇室会議議員名簿”. 宮内庁 (2019年8月1日). 2019年9月12日閲覧。
  14. ^ 総裁・秋篠宮皇嗣殿下ご一家から手づくりガウン”. 済生会. 2020年6月5日閲覧。
  15. ^ a b “秋篠宮さま、立皇嗣の礼 皇位継承第1位を宣言”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2020年11月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65966660X01C20A1CC1000/ 2020年11月8日閲覧。 
  16. ^ “退位:秋篠宮さま敬称「皇嗣殿下」 政府方針 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. (2017年4月13日). https://mainichi.jp/articles/20170413/k00/00e/010/245000c 2018年5月4日閲覧。 
  17. ^ 正式呼称は「秋篠宮皇嗣殿下」- 時事ドットコム
  18. ^ 秋篠宮さま正式呼称、5月から「秋篠宮皇嗣殿下」- 読売新聞オンライン
  19. ^ ご称号とお代替わりの基本用語”. 宮内庁 (2019年4月10日). 2019年9月10日閲覧。
  20. ^ 立皇嗣の礼」は再来年4月に - NHK
  21. ^ http://portal.belgaimage.be/editorial/image/96965778/coverage/index:3-size:20-pos:3
  22. ^ http://www.pe.emb-japan.go.jp/jp/politicaperuana201401.html
  23. ^ [1] 勲章を佩用していることがわかる。
  24. ^ 秋篠宮さま、眞子さまに勲章 パラグアイ政府から:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年10月23日閲覧。
  25. ^ 文仁親王同妃両殿下のクロアチア国,スロバキア国及びスロベニア国御訪問について”. 宮内庁 (2013年6月4日). 2016年9月9日閲覧。
  26. ^ 文仁親王同妃両殿下のペルー国及びアルゼンチン国御訪問について”. 宮内庁 (2014年1月14日). 2016年9月9日閲覧。
  27. ^ 文仁親王同妃両殿下のザンビア国及びタンザニア国御訪問について”. 宮内庁 (2014年6月13日). 2016年9月9日閲覧。
  28. ^ 文仁親王同妃両殿下のグアテマラ国及びメキシコ国御訪問について”. 宮内庁 (2014年9月12日). 2016年9月9日閲覧。
  29. ^ 秋篠宮ご夫妻、ブラジルにご出発”. 産経ニュース (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。
  30. ^ 文仁親王同妃両殿下のイタリア国御訪問について”. 宮内庁 (2016年4月8日). 2015年10月29日閲覧。
  31. ^ ポーランド及びフィンランドご訪問(令和元年)秋篠宮皇嗣同妃両殿下のポーランド国及びフィンランド国御訪問について”. 宮内庁 (2019年5月28日). 2019年12月13日閲覧。
  32. ^ 宮内庁への情報開示請求で、旅行費は約560万円ほどであること明らかになっている。これは2006年8月の皇太子ご一家のオランダ静養の費用1800万円よりはるかに安い。「秋篠宮家「ブータン旅行」と東宮家「オランダ静養」は、どちらが無駄遣いだったのか? 情報開示からわかる皇室の事実」https://imperialism.site/archives/982
  33. ^ “[https://www.kunaicho.go.jp/page/gonittei/show/3?quarter=201903 令和元年8月16日(金) ~ 令和元年8月25日(日) ブータンご旅行]”. 宮内庁 (2019年10月1日). 2019年12月13日閲覧。
  34. ^ 伊勢新聞 2006年7月31日
  35. ^ 伊勢志摩経済新聞 2007年5月15日「華原朋美さんが伊勢神宮のお木曳に参加、一時パニックに」にて文仁親王親子の参加が言及
  36. ^ 「皇太子ご夫妻はPCが趣味。秋篠宮はマック派」と宮内庁筋
  37. ^ 移住者にねぎらいの言葉=パラグアイ=秋篠宮さまラ・コルメナご訪問=勤勉さや不屈の精神讃える” (日本語). ニッケイ新聞 (2006年11月7日). 2012年1月9日閲覧。
  38. ^ 政府支える人材育成を=パラグアイ=秋篠宮さま日パ学院ご視察” (日本語). ニッケイ新聞 (2006年11月8日). 2012年1月9日閲覧。
  39. ^ 「遺伝育種学(2単位)」東京農業大学
  40. ^ 入倉康ジュエリー工房” (日本語). Die Presse. 2012年1月9日閲覧。
  41. ^ Österreich-Japan-Jahr: Prinzenpaar auf Donau-Tour” (ドイツ語). Die Presse (2009年5月11日). 2012年1月9日閲覧。
  42. ^ 日本テニス協会公式サイト - ミュージアム:伊達、松岡、テニス新世代の登場”. 日本テニス協会. 2012年1月9日閲覧。
  43. ^ 文仁親王同妃両殿下 - 宮内庁”. 宮内庁. 2012年1月9日閲覧。
  44. ^ 秋山英宏. “日本はシングルスに添田と鈴木を起用”. 日本テニス協会. 2012年1月9日閲覧。
  45. ^ 中俣拓哉. “秋篠宮殿下のご臨席を賜り、抽選会がおこなわれました。”. 日本テニス協会. 2012年1月9日閲覧。
  46. ^ 文仁親王同妃両殿下のご日程:平成16年(10月〜12月) - 宮内庁”. 宮内庁. 2012年1月9日閲覧。
  47. ^ 文仁親王同妃両殿下のご日程:平成17年(10月〜12月) - 宮内庁”. 宮内庁. 2012年1月9日閲覧。
  48. ^ 文仁親王同妃両殿下のご日程:平成18年(10月〜12月) - 宮内庁”. 宮内庁. 2012年1月9日閲覧。
  49. ^ 文仁親王同妃両殿下のご日程:平成17年(1月〜3月) - 宮内庁”. 宮内庁. 2012年1月9日閲覧。
  50. ^ 文仁親王同妃両殿下のご日程:平成18年(1月〜3月) - 宮内庁”. 宮内庁. 2012年1月9日閲覧。
  51. ^ 眞子さま、日本テニス協会名誉総裁に 初代は秋篠宮さま - 朝日新聞[リンク切れ]
  52. ^ 江森敬治『秋篠宮さま』
  53. ^ 礼宮さまと紀子さん、学習院入学直後に書店の出会い - 読売新聞1989年9月12日 [リンク切れ]
  54. ^ 日本経済新聞 1989年9月12日
  55. ^ a b 読売新聞 1989年1月7日夕刊「新天皇、1年間の服喪 国事行為は平常通り」
  56. ^ 村上重良編『皇室辞典』
  57. ^ 江森敬治『秋篠宮さま』84頁
  58. ^ 読売新聞 1989年8月26日
  59. ^ 読売新聞 1989年8月27日社説
  60. ^ 朝日新聞 1989年9月12日
  61. ^ 清水一郎・畠山和久監修『平成の皇室事典』P159
  62. ^ a b “秋篠宮ご夫妻会見要旨”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2017年11月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO24064350Z21C17A1000000/ 2021年9月1日閲覧。 
  63. ^ a b c 秋篠宮一家の家族会議 全真相、『週刊現代』2018年3月3日号、40 - 47頁。
  64. ^ 文仁親王同妃両殿下御感想宮内庁公式サイト。2020年2月23日閲覧。
  65. ^ 眞子内親王殿下のご結婚関係儀式等のご日程の変更について、平成30年2月7日宮内庁宮内庁公式サイト。2021年3月18日閲覧。
  66. ^ 小室圭さん母が言い出した「秋篠宮家の陰謀」週刊新潮2019年8月15・22日号掲載、デイリー新潮公式サイト。2020年8月20日閲覧。
  67. ^ a b “秋篠宮ご夫妻「納采の儀、現状では困難」”. 産経ニュース (産経新聞社). (2018年8月8日). http://www.sankei.com/life/news/180808/lif1808080020-n1.html 2018年9月5日閲覧。 
  68. ^ 眞子さまの結婚「問題」は借金ではない秋篠宮家が「納采の儀は行えない」と明言した理由(2018年12月1日)、AERA dot.公式サイト。
  69. ^ 秋篠宮さま 誕生日会見(全文)今でも結婚したいなら、それ相応の対応をするべき(THE PAGE)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年1月29日閲覧。
  70. ^ 宮内庁長官は聞く耳持たず…秋篠宮さま会見全文 - 読売新聞2018年11月30日[リンク切れ]
  71. ^ 眞子さまの婚約、現状では「できない」 秋篠宮さま言及:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年1月29日閲覧。
  72. ^ 重荷の皇室、脱出決意、女性皇族、人生設計できず(2021年10月2日)、中日新聞サイト。
  73. ^ a b “結婚容認も課題指摘 秋篠宮さま誕生日会見”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2020年11月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO66784460Z21C20A1CR8000/ 2020年11月30日閲覧。 
  74. ^ a b “秋篠宮ご夫妻「考え揺るがず」 佳子さま「大切な存在」”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2021年10月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE265X00W1A021C2000000/?unlock=1 2021年10月30日閲覧。 
  75. ^ Company, The Asahi Shimbun (2021年10月30日). “皇族の不自由さを「気の毒」と思うなら解決策は一つ 「天皇制と人権」河西秀哉と木村草太が語る〈AERA〉”. AERA dot. (アエラドット). 2021年11月8日閲覧。
  76. ^ インターネット版官報 令和元年9月11日(本紙 第90号)- 国立印刷局
  77. ^ 『週刊朝日』1989年4月21日号
  78. ^ 当時の各メディアの報道より
  79. ^ 眞子さまのご結婚 一連の儀式行わない理由について” (日本語). テレ朝news(2021年10月1日). 2021年10月1日閲覧。
  80. ^ 秋篠宮さま 小室さんを拒絶 旧知の友人「これからも赤の他人」 - スポニチ Sponichi Annex 社会” (日本語). スポニチ Sponichi Annex(2021年10月2日). 2021年10月5日閲覧。
  81. ^ 秋篠宮ご一家「仮住まい」に 宮邸の改修に伴い”. 日本経済新聞. 2019年2月7日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「秋篠宮文仁親王」の関連用語

秋篠宮文仁親王のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



秋篠宮文仁親王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秋篠宮文仁親王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS