鷹司和子とは?

鷹司和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/27 13:40 UTC 版)

鷹司 和子(たかつかさ かずこ、1929年昭和4年)9月30日 - 1989年平成元年)5月26日)は、日本の元皇族。元神宮祭主で、鷹司平通勲等勲一等。旧名、孝宮和子内親王(たかのみや かずこないしんのう)。和子御称号孝宮お印白菊[1]昭和天皇香淳皇后の第3皇女。第125代天皇・明仁常陸宮正仁親王は弟、第126代天皇・徳仁秋篠宮文仁親王は甥にあたる。


注釈

  1. ^ 短期大学に改組されるのは1950年(昭和25年)のことである(当該項目を参照)。
  2. ^ 百武邸は宮内府の旧奏任官官舎であり、和子内親王の花嫁修業のため、百武一家は一時的に都内に転居していた[11]
  3. ^ 鷹司尚武は日本電気通信システム社長等を務め、2007年より2017年7月まで伊勢神宮大宮司であった。

出典

  1. ^ 『華ひらく皇室文化』 2018 p.6-7
  2. ^ 昭和4年宮内省告示第36号(『官報』号外、昭和4年9月30日)(NDLJP:2957293/16
  3. ^ 『官報』号外「宮廷録事」、昭和4年10月6日(NDLJP:2957298
  4. ^ 昭和4年宮内省告示第38号(『官報』号外、昭和4年10月6日)(NDLJP:2957298
  5. ^ 昭和の母皇太后さま 2000 p.133
  6. ^ 昭和の母皇太后さま 2000 p.134
  7. ^ a b 森 2014 p.48
  8. ^ ヴァイニング 2015 p.116-118
  9. ^ 昭和の母皇太后さま 2000 p.184
  10. ^ 昭和の母皇太后さま 2000 p.184-185
  11. ^ a b c d 森 2014 p.47
  12. ^ a b c d e 森 2014 p.45
  13. ^ 1949年11月23日 読売新聞「孝宮さまの御婚約御内約順調に進む 選ばれた東本願寺の大谷光紹氏」
  14. ^ a b ヴァイニング 2015 p.408
  15. ^ a b 昭和の母皇太后さま 2000 p.185
  16. ^ 森 2014 p.45-44
  17. ^ 森 2014 p.27
  18. ^ ヴァイニング 2015 p.409
  19. ^ ヴァイニング 2015 p.410
  20. ^ 『官報』第6943号「皇室事項」、昭和25年3月6日(NDLJP:2963487/3
  21. ^ 1950年3月4日読売新聞 「[希望探訪]ダンスもお稽古 平通氏とは3日に1度お逢い/孝宮さまの婚約時代」
  22. ^ 森 2014 p.44
  23. ^ ヴァイニング 2015 p.411-412
  24. ^ ヴァイニング 2015 p.411
  25. ^ ヴァイニング 2015 p.412
  26. ^ ヴァイニング 2015 p.413-414
  27. ^ ヴァイニング 2015 p.414
  28. ^ 森 2014 p.37-36
  29. ^ a b 森 2014 p.34
  30. ^ 森 2014 p.33
  31. ^ 森 2014 p.32
  32. ^ 森 2014 p.31-30
  33. ^ 森 2014 p.31
  34. ^ 昭和25年宮内庁告示第4号(『官報』第7004号、昭和25年5月20日)(NDLJP:2963550/6
  35. ^ ヴァイニング 2015 p.412-413
  36. ^ ヴァイニング 2015 p.415
  37. ^ ヴァイニング 2015 p.418
  38. ^ 1955年12月18日 読売新聞「鷹司和子さん死産」ほか
  39. ^ 1964年5月1日読売新聞夕刊「島津さん一家渡米 義宮さまもお見送り」
  40. ^ 1968年8月22日 読売新聞「鷹司和子さん指にケガ 強盗からナイフ奪って」
  41. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」昭和16年10月23日


「鷹司和子」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鷹司和子」の関連用語

鷹司和子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鷹司和子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鷹司和子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS