貞明皇后とは?

ていめい‐こうごう〔‐クワウゴウ〕【貞明皇后】

[1884〜1951]大正天皇皇后。名は節子(さだこ)。公爵九条道孝四女昭和天皇および秩父宮雍仁(やすひと)・高松宮宣仁(のぶひと)・三笠宮崇仁(たかひと)各親王生母


貞明皇后

読み方ていめいこうごう

大正天皇皇后昭和天皇生母公爵九条道孝四女。名は節子華族女学校卒。大正天皇崩御皇太后となり、ハンセン病予防救済、養糸業奨励などに尽力した。また若い頃から国語国文にも長じ、特に和歌能くした。昭和26年(1951)崩御66才。

貞明皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 08:33 UTC 版)

貞明皇后(ていめいこうごう、1884年明治17年〉6月25日 - 1951年昭和26年〉5月17日)は、日本の第123代天皇大正天皇皇后(在位:1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日 - 1926年〈大正15年/昭和元年〉12月25日)。節子(さだこ)。お印。旧名は、九条 節子(くじょう さだこ)。




注釈

  1. ^ 明治天皇の后昭憲皇太后(一条美子)には子が無く、明治天皇もその他の側室との間に、男子が皇太子嘉仁親王以外いない状況であった。その嘉仁親王も、幼少期から健康状態が不安定だった。なお、禎子女王は山内豊景侯爵に降嫁したが、子は無い。
  2. ^ 華族女学校校長の細川潤次郎、同校教師の下田歌子が関与する、日比谷大神宮の内部機関[8]
  3. ^ 実質的な新婚旅行として皇室ゆかりの地を訪問する習慣は、昭和天皇、上皇(明仁)、今上天皇(徳仁)をはじめ、天皇及び皇族に定着した
  4. ^ 皇室ジャーナリスト河原敏明の複数の著書より

出典

  1. ^ 『歴代皇后125代総覧』412頁10行目
  2. ^ 『歴代皇后125代総覧』413頁2行目。(新人物往来社)
  3. ^ a b 原 2017 p.146
  4. ^ 原 2017 p.136
  5. ^ 原 2017 p.141-143
  6. ^ 原 2017 p.145
  7. ^ 原 2017 p.132-133
  8. ^ a b c 住友 2014 p.68
  9. ^ 原 2017 p.135
  10. ^ 原 2017 p.150
  11. ^ 『歴代皇后125代総覧』の413頁
  12. ^ 原 2017 p.150-151
  13. ^ 原 2017 p.151-158
  14. ^ 原 2017 p.161-162
  15. ^ 原 2017 p.163
  16. ^ 原 2017 p.164
  17. ^ 原 2017 p.164-168
  18. ^ 原 2017 p.168
  19. ^ a b 原 2017 p.170
  20. ^ a b 原 2017 p.174
  21. ^ 原 2017 p.189
  22. ^ 原 2017 p.184
  23. ^ 原 2017 p.185
  24. ^ 原 2017 p.193
  25. ^ 原 2017 p.193-194
  26. ^ 原 2017 p.194
  27. ^ 原 2017 p.198-199
  28. ^ a b 原 2017 p.199
  29. ^ 原 2017 p.200-201
  30. ^ 大正は「女性天皇」の時代だった 愛子天皇を予感させる神功皇后・貞明皇后の活躍”. 2020年12月6日閲覧。
  31. ^ 「在りし日の御日常 不幸な人々に慈しみ 御霊まいりに明け暮れ」『朝日新聞』昭和26年(1951)5月18日1面
  32. ^ 片野真佐子『皇后の近代』、163 - 171頁。(講談社選書メチエ2003年
  33. ^ "官報" (HTML). 国立国会図書館. 9 June 1951. p. 18. 2019年12月11日閲覧
  34. ^ 「葬儀の方法 宮内庁で協議」『朝日新聞』昭和26年5月18日1面
  35. ^ ご大喪・ご即位・ご結婚などの行事”. 宮内庁ホームページ. 2020年3月25日閲覧。
  36. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  37. ^ 『貞明皇后』主婦の友社, 1971、p35
  38. ^ 産経新聞連載 川瀬弘至「朝けの空に−貞明皇后の66年」第2回
  39. ^ 『歴代皇后人物系譜総覧』新人物往来社, 2002、p280
  40. ^ 秩父宮妃勢津子『銀のボンボニエール 親王の妃として』(主婦の友社、1991年、講談社+α文庫、1994年)
  41. ^ 宮内庁書陵部編『貞明皇后御歌集・御詩集』(和装本3冊組、1960年(昭和35年)、改訂版『貞明皇后御集』 2001年(平成13年))。
  42. ^ 『貞明皇后御歌集』(全国敬神婦人連合会編、主婦の友社、1988年(昭和63年)、解説筧素彦)
  43. ^ 西川泰彦『貞明皇后その御歌と御詩の世界 貞明皇后御集拝読』を参照。
  44. ^ 出雲井晶『天の声 小説・貞明皇后と光田健輔』を参照


「貞明皇后」の続きの解説一覧



貞明皇后と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貞明皇后」の関連用語

貞明皇后のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



貞明皇后のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貞明皇后 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS