姑とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > > の意味・解説 

こ【×姑】

[音]コ(漢) [訓]しゅうとめ しゅうと しばらく

夫の母。しゅうとめ。「姑舅(こきゅう)/舅姑(きゅうこ)」

しばらく。一時的。「姑息

難読姑娘(クーニャン)・慈姑(くわい)


しうと‐め【×姑】

しゅうとめ(姑)


しゅうと‐め〔しうと‐〕【×姑】

夫または妻の母。しゅうと

[補説] 「舅」「姑」について→舅[補説]


しゅうと〔しうと〕【×舅/×姑】

(舅)夫または妻の父。しゅうとおや

(姑)「しゅうとめ(姑)」に同じ。

[補説] 「舅」「姑」は、配偶者父母対す呼びかけには使わない。また、配偶者父母のことを他人に話すときには「お」を付けない。相手、または話題になっている人の「舅」「姑」については「お」を付けて「お舅」「お姑と言う


こ【姑】

〔名〕

配偶者の母。しゅうとめ

続日本紀和銅七年714一一戊子「信紗氏直果安妻也。事舅姑孝聞」〔爾雅‐釈親〕

② 父の姉妹。おば。

正倉院文書大宝二年(702御野国本簀郡栗栖太里戸籍戸主宇利売〈年六十六耆女〉」


しいと‐め しひと‥ 【姑】

〔名〕 =しゅうとめ(姑)

令集解738喪葬古記云。釈親云。婦称夫之父舅。称夫之母姑。案生夫之身父母。俗云志比志比止売也」


しうと‐め【姑】

〔名〕 ⇒しゅうとめ(姑)


しゅうと‐め しうと‥ 【姑】

〔名〕

配偶者の母。主に、夫の母をいう。しゅうとしいとめ。〔十巻本和名抄(934頃)〕

土左(935頃)承平年正月九日「手切る切る摘んだるを、親やまぼるらん、しうとめや食ふらん」

(ふき)の若い花茎ふきのとう

俳諧俳諧四季部類(1780)正月蕗の薹きの芽 しうとめ


しばら‐く【暫━・且━・姑━・須臾━】

1 〔副〕 (「しまらく(暫━)」の変化した語)

(イ) 少しの間。一時。ちょっと。

書紀720神武即位前(北野室町時代訓)「且(シハラク)停(ととま)れ、勿復進(またなすすみそ)」

*敬斎箴講義(17C後)「此三のものは須臾(シバラク)も不相離、処に付て有もの也」

浮世草子世間胸算用(1692)三「何といわゐけるぞと、しばらくやうすを見しに」

(ロ) (相手行動制止させるために呼びかけるのに用いる) ちょっと待て。

謡曲舟弁慶(1516頃)「ああ暫らく、さやうのことをば船中にては申さぬことにて候

② (その状態が一時的なものと見て) 仮に。かりそめに。一応。当分の間。〔観智院本名義抄(1241)〕

徒然草1331頃)八「匂ひなどは仮のものなるに、しばらく衣裳薫物すと知りながら」

(イ) 久しく。少し長い間

*平凡(1907)〈二葉亭四迷四八「久(シバ)らく文壇彷徨(うろうろ)してゐる中に当り作漸く一つ出来た

(ロ) 久しぶりに会ったときなどのあいさつの語。「やあ、しばらく」「しばらくでした」

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「ほんたうに久濶(シバラク)でございましたネエ

④ つぎの行動考察一時対象外とすることを表わすひとまず。当分。当面

憲法講話1967)〈宮沢俊義〉一「これらの底意当否は、しばらく別としよう」

2 (暫) 歌舞伎十八番一つ。悪公卿善良人々殺害ようとする瞬間主役が「しばらく」と声をかけて花道から登場し、悪人どもをこらしめるという形式一幕物元祿五年(一六九二)、江戸森田座初世市川団十郎が演じた「大福帳朝日百物語」に始まり、さらに一〇年、江戸中村座で演じた「参会名護屋」で今の演出原型ができる。これを継承した二世市川団十郎正徳四年(一七一四)に演じた「万民大福帳以降江戸歌舞伎では、毎年一一月の顔見世狂言に、市川家の俳優によって演じられたが、狂言標題主役の名はその年によって異なった。明治二八年(一八九五東京歌舞伎座で九世団十郎が演じて以来形式定まる華やか様式美絵画美と連(つらね)の雄弁さを持った、荒事(あらごと)の代表的演目。「女暫」などの変則的演出もある。

暫&bc二;〈風流四方屏風〉の画像

滑稽本戯場粋言幕の外(1806)上「しばらくぢゃしばらくぢゃなどいふ事を、芝居にてよび物といふ也」

[語誌]→「しばし」の語誌


しゅうと しうと 【舅・姑】

〔名〕

① (舅) 配偶者の父。夫の父、または妻の父。しゅうとおしゅうとおや

書紀720欽明七年是歳(寛文版訓)「其の舅氏(シウト)は麁群なり。小夫人子を生めり。其の舅氏は細群なり」

(10C終)七五「しうとにほめらるるむこ」

② (姑) 配偶者の母。夫の母、または妻の母。しゅうとめ。〔運歩色葉(1548)〕

配偶者兄弟姉妹こじゅうと

歌舞伎幼稚子敵討(1753)六「伊与之助殿の為に大学は舅」

番犬のことをいう、盗人仲間隠語。〔日本隠語集(1892)〕

落語閉込み(1897)〈三代目柳家小さん〉「吠えることを舅が八釜(やかま)しいと云ふので有りますが」


作者色川武大

収載図書色川武大 阿佐田哲也全集 4
出版社福武書店
刊行年月1992.9


作者金堀常美

収載図書ジ・エキセントリック&オーディナリーテールズ
出版社新風舎
刊行年月2005.6
シリーズ名新風舎文庫


読み方:しゅうとめ

  1. ノコトヲ云フ。〔第九類 動物之部・京都府
  2. ノコトヲ云フ。〔第九類 動物之部・大阪府
  3. ノコトヲ云フ。〔第九類 動物之部・広島県
  4. ノコトヲ云フ。〔第九類 動物之部・山口県
  5. ノコトヲ云フ。〔第九類 動物之部・佐賀県
  6. ノコトヲ云フ。〔第九類 動物之部・三重県
  7. 。〔第七類 雑纂
  8. 犬のことをいふ。やかましがみがみいふてとがめるからいつたもの。〔犯罪語〕
  9. 番犬

分類 三重県京都府佐賀県大阪府山口県広島県犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:シユウトメ(shiyuutome)

作者 和田伝

初出 昭和14年

ジャンル 小説


読み方:シュウトメ(shuutome)

作者 色川武大

初出 昭和58年

ジャンル 小説


義親

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/26 18:41 UTC 版)

義親(ぎしん)は、生物学的なである実親(じっしん)に対して「義理」や「法律上」の親を指す。生物学的な親ではないため、対象者より年上であるとは限らない。男性の義親のことを義父(ぎふ)といい、女性の義親を義母(ぎぼ)という。義親の中にはいくつかのケースがあるので、それぞれについて詳述する。




「義親」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 01:56 UTC 版)

発音(?)


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



姑と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「姑」の関連用語

姑のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



姑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの義親 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS