色川武大とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 探偵作家事典 > 色川武大の意味・解説 

いろかわたけひろ いろかは- 【色川武大】 ○

1929~1989小説家東京生まれ旧制府立三中中退阿佐田哲也筆名で「麻雀放浪記」等のギャンブル小説を書く。本名では「離婚」「百」などを著す。

色川武大(いろかわ・ぶだい)

1929年(昭4)、東京都新宿区生まれ旧制第三中学校中退後、博打で生活を送る。のち、「探偵倶楽部」など、娯楽雑誌編集者となる。別名井上志摩夫、御仲十。
1961年(昭36)、「黒い布」で第6回中央公論新人賞受賞
1964年(昭39)、「白猫同人になる。
1968年(昭43)、阿佐田哲也名義で「麻雀放浪記」を発表麻雀小説創始する。
1977年(昭52)、「怪しい来客簿」で第5回泉鏡花文学賞受賞同時に1977年(昭52)に第77直木賞候補となる。
1977年(昭52)に「小説現代」に発表した「ぐれはまちどり」は日本文藝家協会の「現代小説'77」に収録される。
1977年(昭52)に発表した「生家へ」は日本文藝家協会の「文学 1978」に収録される。
1978年(昭53)、「離婚」で第79直木賞受賞
1978年(昭53)に「オール読物」に発表した「少女たち」は日本文藝家協会の「現代小説'78」に収録される。
1978年(昭53)に発表した「血」は日本文藝家協会の「文学 1979」に収録される。
1979年(昭54)に「小説新潮」に発表した「幻について」は日本文藝家協会の「現代小説'79」に収録される。
1979年(昭54)に発表した「存命」は日本文藝家協会の「文学 1980」に収録される。
1980年(昭55)に「オール読物」に発表した「走る少年」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1981」に収録される。
1982年(昭57)、「百」で第9回川端康成文学賞受賞
1982年(昭57)に「オール読物」に発表した阿佐田哲也名義の「黄金の腕」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1983」に収録される。
1983年(昭58)に「文藝春秋」に発表した「風婚」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1984」に収録される。
1985年(昭60)に発表した「陽は西へ」は日本文藝家協会の「文学 1986」に収録される。
1986年(昭61)に「小説現代」に発表した阿佐田哲也名義の「三〇〇分一本勝負」は日本文藝家協会の「ベスト小説ランド 1987」に収録される。
1987年(昭62)に「小説現代」に発表した阿佐田哲也名義の「鼠の散歩」は日本文藝家協会の「現代小説 1988」に収録される。
1988年(昭63)、「狂人日記」で第40回読売文学賞小説賞を受賞
1988年(昭63)に発表した「疾駆」は日本文藝家協会の「文学 1989」に収録される。
1988年(昭63)に発表した「赤い靴」は日本文藝家協会の「現代小説 1989」に収録される。
1989年(平1)に「週刊小説」に発表した「オールドボーイ」と、阿佐田哲也名義で「小説現代」に発表した「泥足夜行」は日本文藝家協会の「現代小説 1990」に収録される。
1989年(平1)に発表した「道路の虹」は日本文藝家協会の「文学 1990」に収録される。
1989年(平1)、死去



色川武大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/05 13:56 UTC 版)

色川 武大(いろかわ たけひろ、1929年3月28日 - 1989年4月10日)は、日本小説家エッセイスト雀士筆名として色川 武大(いろかわ ぶだい)、阿佐田 哲也(あさだ てつや)、井上 志摩夫(いのうえ しまお)、雀風子を名乗った。阿佐田哲也名義では麻雀小説作家として知られる。




  1. ^ 飯沢匡『権力と笑のはざ間で』57頁
  2. ^ 飯沢匡『権力と笑のはざ間で』52頁
  3. ^ ただし、後年、夏堀が他の作家に「この人も『新日本文学』の会員ですよ」と紹介すると「いや、違う」と色川は否定したという。新日本文学会のイデオロギー臭を嫌っていたと思われる。
  4. ^ a b c 「『離婚』と直木賞」 『ばれてもともと』(ページ番号不詳)または『色川武大・阿佐田哲也エッセイズ 1』pp.350- 収録。
  5. ^ 色川によれば、本人は実物より魅力的な女性に書いたつもりであったのであるが、雑誌掲載後、夫人は、これでは登場人物が私の事だと思われてしまう、私のことをあんなにひどく書いて、などと色川に抗議し[4]、一時期は別居ともなり、離婚直前といった状態に陥った[4]。直木賞受賞後は、さらに夫人の不満は募ったという[4]
  6. ^ 色川は過去20年の間で10回も引越しを行っていた。
  7. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)42頁
  8. ^ 『ぎゃんぶる百華』参照。
  9. ^ 「雀鬼五十番勝負」などの作品に見られるように元々は「雀鬼」と呼ばれていたが、後にナンバーワン代打ちとして活躍する桜井章一を「雀鬼」と呼ぶことが一般的になったため、区別するために「雀聖」と呼ばれるようになった。[要出典]
  10. ^ 「麻雀新撰組 in the 70s'」、『近代麻雀』第30巻第7号、竹書房、2008年3月、 11から14ページ。
  11. ^ 『小説 阿佐田哲也』 pp.40-44
  12. ^ 「九勝六敗を狙え-の章」、『うらおもて人生録』収録(ページ番号不詳)。『色川武大・阿佐田哲也エッセイズ1』 pp.48- に再録。
  13. ^ a b c 「節制しても50歩100歩」 『ばれてもともと』(1989年、ページ番号不詳) または『色川武大・阿佐田哲也エッセイズ 1』pp.72- 収録。


「色川武大」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「色川武大」の関連用語

色川武大のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



色川武大のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの色川武大 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS