色差とは? わかりやすく解説

いろ‐ざし【色差(し)】

読み方:いろざし

《「いろさし」とも》

色をつけること。彩色着色

顔などの色つや。色のぐあい。

「御―まことにめでたく御心地よげに見えさせ給ひけるが」〈沙石集・一〉


色差

読み:しきさ
英語:color difference

色の知覚的な違い定量的あらわしたものであるL*a*b*表色系では,ΔE*ab(デルタ・イースター・エイ・ビー)の次式定義される数値表わす.ΔE*ab=[(ΔL*)^2+(Δa*)^2+(Δb*)^2]^1/2 これにより各種の色度図上での距離がこれに対応する

色差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 23:17 UTC 版)

色彩科学において、色差(しきさ)あるいは 色の距離 (いろのきょり)は、2つのの間に定義される指標の一つである。色差が大きいほど区別しやすく、色差が小さいほど区別しにくくなる。 従来は官能評価することしかできなかった「色の差」の概念が、色差を用いることにより定量的に検討できるようになった。重要な色の判定等において、これら特性の定量化は極めて重要である。通常はデバイス非依存の色空間におけるユークリッド距離で定義される。


  1. ^ http://www.compuphase.com/cmetric.htm
  2. ^ Backhaus, W.; Kliegl, R.; Werner, J. S. (1998). Color Vision: Perspectives from Different Disciplines. Walter de Gruyter. p. 188. ISBN 9783110154313. https://books.google.com/books?id=DrduOSrOFegC&pg=PA188&lpg=PA188 2014年12月2日閲覧。 
  3. ^ Valberg, A. (2005). Light Vision Color. Wiley. p. 278. ISBN 9780470849026. https://books.google.com/books?id=OoESifAi9ZsC 2014年12月2日閲覧。 
  4. ^ Real World Color Management, Second Edition (Bruce Fraser)
  5. ^ Evaluation of the CIE Color Difference Formulas
  6. ^ Sharma, Gaurav (2003). Digital Color Imaging Handbook (1.7.2 ed.). CRC Press. ISBN 0-8493-0900-X. https://books.google.com/books?id=OxlBqY67rl0C&pg=PA31&vq=1.42&dq=jnd+gaurav+sharma 
  7. ^ Delta E: The Color Difference”. Colorwiki.com. 2009年4月16日閲覧。
  8. ^ Called such because the operator is not en:Commutative commutative.
  9. ^ Lindbloom, Bruce Justin. “Delta E (CIE 1994)”. Brucelindbloom.com. 2011年3月23日閲覧。
  10. ^ Colour Difference Software by David Heggie”. Colorpro.com (1995年12月19日). 2009年4月16日閲覧。
  11. ^ Colorimetry - Part 4: CIE 1976 L*a*b* Colour Space (Report). Draft Standard. CIE. (2007). CIE DS 014-4.3/E:2007. 
  12. ^ Klein, Georg A.. Industrial Color Physics. p. 147. ISBN 978-1-4419-1196-4 
  13. ^ Sharma, Gaurav; Wu, Wencheng; Dalal, Edul N. (2005). “The CIEDE2000 color-difference formula: Implementation notes, supplementary test data, and mathematical observations”. Color Research & Applications (Wiley Interscience) 30 (1): 21–30. doi:10.1002/col.20070. http://www.ece.rochester.edu/~gsharma/ciede2000/ciede2000noteCRNA.pdf. 
  14. ^ Lindbloom, Bruce Justin. “Delta E (CIE 2000)”. Brucelindbloom.com. 2009年4月16日閲覧。
  15. ^ The "Blue Turns Purple" Problem, Bruce Lindbloom
  16. ^ Susan Hughes (1998年1月14日). “A guide to Understanding Color Tolerancing”. 2014年12月2日閲覧。


「色差」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「色差」の関連用語

色差のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



色差のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2023 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの色差 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS